キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「Accu...

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日ニュース

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。

 AccurioPress C7100は、高画質および多彩な用紙への対応力と、自動品質最適化ユニットで評価を得ているAccurioPress C6100の後継機種。本体の横幅を従来機種から約1割削減した800mmのサイズながらも、ワンランク上のAccurioPress C14000シリーズと同等のオプション装着とワークフローの自動化・効率化・スキルレスを実現する。
AccurioPress C7100
 AccurioPress C7100では、自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」の新機能である、「1to1印刷(バリアブル印刷)の自動検査機能」も利用可能。また、AccurioPress C14000シリーズに投入された「インライントリマーシステム」も装着することができ、従来のマニュアル作業と比較して、大幅な時間削減を実現する。さらに、⾊管理システム「AccurioPro(アキュリオ プロ)Color Manager」の利⽤により、最適な⾊合わせと簡易な⾊検証による⾊管理が可能になり、常にベストな⾊のコンディションで安⼼感をもって印刷業務を⾏え、オペレーターの⽣産性を向上させる。

 封筒への印刷は、従来機種ではオプションユニットが必要であったが、AccurioPress C7100では定着ユニットの改良により、オプションユニットなしで印刷できる。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、A4サイズの三つ折り印刷物やポスターなど、特徴ある印刷物の提供が可能となる。また、紙質に合わせて転写ローラーの位置と圧力を自動で最適化できるようになり、エンボス紙への印刷がさらに高画質にできるなど、幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現させている。

 なお、同社では新製品発表会を6月2日にウェビナーにて開催する予定。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。

 AccurioPress C7100は、高画質および多彩な用紙への対応力と、自動品質最適化ユニットで評価を得ているAccurioPress C6100の後継機種。本体の横幅を従来機種から約1割削減した800mmのサイズながらも、ワンランク上のAccurioPress C14000シリーズと同等のオプション装着とワークフローの自動化・効率化・スキルレスを実現する。
AccurioPress C7100
 AccurioPress C7100では、自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」の新機能である、「1to1印刷(バリアブル印刷)の自動検査機能」も利用可能。また、AccurioPress C14000シリーズに投入された「インライントリマーシステム」も装着することができ、従来のマニュアル作業と比較して、大幅な時間削減を実現する。さらに、⾊管理システム「AccurioPro(アキュリオ プロ)Color Manager」の利⽤により、最適な⾊合わせと簡易な⾊検証による⾊管理が可能になり、常にベストな⾊のコンディションで安⼼感をもって印刷業務を⾏え、オペレーターの⽣産性を向上させる。

 封筒への印刷は、従来機種ではオプションユニットが必要であったが、AccurioPress C7100では定着ユニットの改良により、オプションユニットなしで印刷できる。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、A4サイズの三つ折り印刷物やポスターなど、特徴ある印刷物の提供が可能となる。また、紙質に合わせて転写ローラーの位置と圧力を自動で最適化できるようになり、エンボス紙への印刷がさらに高画質にできるなど、幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現させている。

 なお、同社では新製品発表会を6月2日にウェビナーにて開催する予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP