キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「Accu...

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日ニュース

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。

 AccurioPress C7100は、高画質および多彩な用紙への対応力と、自動品質最適化ユニットで評価を得ているAccurioPress C6100の後継機種。本体の横幅を従来機種から約1割削減した800mmのサイズながらも、ワンランク上のAccurioPress C14000シリーズと同等のオプション装着とワークフローの自動化・効率化・スキルレスを実現する。
AccurioPress C7100
 AccurioPress C7100では、自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」の新機能である、「1to1印刷(バリアブル印刷)の自動検査機能」も利用可能。また、AccurioPress C14000シリーズに投入された「インライントリマーシステム」も装着することができ、従来のマニュアル作業と比較して、大幅な時間削減を実現する。さらに、⾊管理システム「AccurioPro(アキュリオ プロ)Color Manager」の利⽤により、最適な⾊合わせと簡易な⾊検証による⾊管理が可能になり、常にベストな⾊のコンディションで安⼼感をもって印刷業務を⾏え、オペレーターの⽣産性を向上させる。

 封筒への印刷は、従来機種ではオプションユニットが必要であったが、AccurioPress C7100では定着ユニットの改良により、オプションユニットなしで印刷できる。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、A4サイズの三つ折り印刷物やポスターなど、特徴ある印刷物の提供が可能となる。また、紙質に合わせて転写ローラーの位置と圧力を自動で最適化できるようになり、エンボス紙への印刷がさらに高画質にできるなど、幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現させている。

 なお、同社では新製品発表会を6月2日にウェビナーにて開催する予定。

最新ニュース

dp_ricoh_ij_tn.jpg

リコージャパン、インクジェットによる新たな印刷ビジネスをオンラインLIVEデモで提案

2021年4月30日

 リコージャパン(株)は5月21日、「イッツ・ア・インクジェットワールド!〜インクジェットが織りなす新たな印刷ビジネスの世界〜」と題したオンラインイベントを開催する。  次世代の印刷方...全文を読む

dp_ns_40_tn.jpg

KOMORI、印刷速度6,500sphを実現するB1デジタル印刷機の市場投入開始

2021年4月22日

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40(インプレミアNS40)」の販売を...全文を読む

dp_is29s_tn.jpg

KOMORI、29インチ枚葉UVインクジェットの新機種「インプレミアIS29s」発表

2021年4月22日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は4月20日より、29インチ枚葉UVインクジェットデジタル印刷システム「Impremia IS29s(インプレミアIS29...全文を読む

dp_xeikon_cx_50_tn.jpg

Xeikon、壁面装飾用システムに最新モデル「Xeikon CX50」を追加

2021年4月21日

 Xeikonは、ウオールデコスイート(壁面装飾システム)の主要コンポーネントとして、Xeikon独自の環境に優しく、色域が拡張されたドライトナーとともに、新たに「Xeikon CX5...全文を読む

dp_if2021_accurio_tn.jpg

コニカミノルタ、AccurioPress C14000が「iFデザインアワード2021」受賞

2021年4月21日

 コニカミノルタ(株)のデジタル印刷システム「AccurioPress C14000/12000」が、このほど国際的に権威のある「iFデザインアワード2021」を受賞した。  ドイツの...全文を読む

新着トピックス

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

taiyop_jetimira_tn.jpg

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り...全文を読む

コニカミノルタ、上位機種の機能を踏襲したコンパクトモデル「AccurioPress C7100」発売

2021年4月27日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、デジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C7100」を5月11日に発売(予定)する。

 AccurioPress C7100は、高画質および多彩な用紙への対応力と、自動品質最適化ユニットで評価を得ているAccurioPress C6100の後継機種。本体の横幅を従来機種から約1割削減した800mmのサイズながらも、ワンランク上のAccurioPress C14000シリーズと同等のオプション装着とワークフローの自動化・効率化・スキルレスを実現する。
AccurioPress C7100
 AccurioPress C7100では、自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティーオプティマイザー(IQ-501)」の新機能である、「1to1印刷(バリアブル印刷)の自動検査機能」も利用可能。また、AccurioPress C14000シリーズに投入された「インライントリマーシステム」も装着することができ、従来のマニュアル作業と比較して、大幅な時間削減を実現する。さらに、⾊管理システム「AccurioPro(アキュリオ プロ)Color Manager」の利⽤により、最適な⾊合わせと簡易な⾊検証による⾊管理が可能になり、常にベストな⾊のコンディションで安⼼感をもって印刷業務を⾏え、オペレーターの⽣産性を向上させる。

 封筒への印刷は、従来機種ではオプションユニットが必要であったが、AccurioPress C7100では定着ユニットの改良により、オプションユニットなしで印刷できる。さらに、長尺紙への自動両面印刷が従来機種よりも18%長い900mmまで可能となり、A4サイズの三つ折り印刷物やポスターなど、特徴ある印刷物の提供が可能となる。また、紙質に合わせて転写ローラーの位置と圧力を自動で最適化できるようになり、エンボス紙への印刷がさらに高画質にできるなど、幅広いメディアへの対応力を向上させ、名刺や招待状などの印刷において要求される高い質感や表現力の拡大を実現させている。

 なお、同社では新製品発表会を6月2日にウェビナーにて開催する予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP