キーワードで検索

IGAS2018レポート|FFGS、毎時3,600枚の高速出力モデル「Jet Press 750S」

最大用紙サイズを750×585ミリに拡大

2018年7月28日ニュース

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)は、インクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの新ラインアップとして「Jet Press 750S」を新たに開発。IGAS2018で稼働デモを実施している。

FFGSブースの「Jet Press 750S」

 同社は、2011年に商業印刷分野向けインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの提供を開始。日本・欧米を中心に、世界で約150台の導入実績がある。

 2014年発売の「Jet Press 720S」は、菊半サイズ(最大用紙サイズ750×532ミリ)用紙に1回の走査で描画するシングルパス方式での高速印刷で、毎時2,700枚(A4換算で毎分180枚)という高い生産性をもつデジタルプレス。プリントヘッドには高精度で安定した吐出を実現する「SAMBA」ヘッド、インクは広色域の水性顔料インク「VIVIDIA」を使用し、用紙上での打滴のにじみを抑える「Rapic(ラピック)技術」により、さまざまな印刷用紙にシャープで階調豊かな画像を描出する。

 今回発表された「Jet Press 750S」は、この「Jet Press 720S」の優れた基本性能を継承しながら、生産性をさらに向上させている。

 プリントヘッドの打滴速度を高速化・高精度化し、新たな乾燥機構の採用により、毎時3,600枚という高速出力を実現。加えて、最大用紙サイズを750×585ミリに拡大したことで、一般的な書籍のサイズであるB5サイズが1枚に6ページ分印刷できるようになった。

出力サンプルも展示

 また、印刷用紙をベルトコンベアに密着させ直接熱を与える新たな乾燥機構により消費電力を約10%削減。乾燥装置本体の全長が従来機に比べ70センチ短縮したため、設置面積も約15%削減している。

 さらに、画像部全面スキャンによる自動スジ検知を実現した専用の内臓検査システムをオプションとして開発。機械学習機能によってチューニングされた独自アルゴリズムで、従来不可能とされていた吐出曲がりなどによる「白スジ」現象を検出可能になっている。

 IGAS2018会場では、ワークフローシステム「XMF」と有機的に連携する富士ゼロックスの次世代工程管理ワークフロー「SE-BizObjects Production Cockpit1.0」を通じてホリゾンブースと連携。「Fujifilm Smart Factory」の一角として実践的なデモが実施されている。

 また今回、「Jet Pressシリーズ」の搬送部の製造を行ってきたリョービMHIグラフィックテクノロジー(株)ブースにもOEMブランド「RMGT JP750」として展示実演されている。

リョービMHIグラフィックテクノロジーブースのOEMブランド「RMGT JP750」

関連記事

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

IGAS2018レポート|FFGS、毎時3,600枚の高速出力モデル「Jet Press 750S」

最大用紙サイズを750×585ミリに拡大

2018年7月28日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)は、インクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの新ラインアップとして「Jet Press 750S」を新たに開発。IGAS2018で稼働デモを実施している。

FFGSブースの「Jet Press 750S」

 同社は、2011年に商業印刷分野向けインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの提供を開始。日本・欧米を中心に、世界で約150台の導入実績がある。

 2014年発売の「Jet Press 720S」は、菊半サイズ(最大用紙サイズ750×532ミリ)用紙に1回の走査で描画するシングルパス方式での高速印刷で、毎時2,700枚(A4換算で毎分180枚)という高い生産性をもつデジタルプレス。プリントヘッドには高精度で安定した吐出を実現する「SAMBA」ヘッド、インクは広色域の水性顔料インク「VIVIDIA」を使用し、用紙上での打滴のにじみを抑える「Rapic(ラピック)技術」により、さまざまな印刷用紙にシャープで階調豊かな画像を描出する。

 今回発表された「Jet Press 750S」は、この「Jet Press 720S」の優れた基本性能を継承しながら、生産性をさらに向上させている。

 プリントヘッドの打滴速度を高速化・高精度化し、新たな乾燥機構の採用により、毎時3,600枚という高速出力を実現。加えて、最大用紙サイズを750×585ミリに拡大したことで、一般的な書籍のサイズであるB5サイズが1枚に6ページ分印刷できるようになった。

出力サンプルも展示

 また、印刷用紙をベルトコンベアに密着させ直接熱を与える新たな乾燥機構により消費電力を約10%削減。乾燥装置本体の全長が従来機に比べ70センチ短縮したため、設置面積も約15%削減している。

 さらに、画像部全面スキャンによる自動スジ検知を実現した専用の内臓検査システムをオプションとして開発。機械学習機能によってチューニングされた独自アルゴリズムで、従来不可能とされていた吐出曲がりなどによる「白スジ」現象を検出可能になっている。

 IGAS2018会場では、ワークフローシステム「XMF」と有機的に連携する富士ゼロックスの次世代工程管理ワークフロー「SE-BizObjects Production Cockpit1.0」を通じてホリゾンブースと連携。「Fujifilm Smart Factory」の一角として実践的なデモが実施されている。

 また今回、「Jet Pressシリーズ」の搬送部の製造を行ってきたリョービMHIグラフィックテクノロジー(株)ブースにもOEMブランド「RMGT JP750」として展示実演されている。

リョービMHIグラフィックテクノロジーブースのOEMブランド「RMGT JP750」

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP