キーワードで検索

KOMORI、2019年春よりImpremia NS40のフィールドテスト開始

KOMORI独自の制御技術を盛り込むなど正式販売に向け開発を継続

2018年8月7日ニュース

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)8月1日、山形県の(株)小森マシナリーにおいて記者会見を開き、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテストを2019年春より開始することを発表した。

40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40」

 会見の冒頭、挨拶したKOMORI・船橋勇雄取締役は、「drupa2016から2年が経過し、ランダ社とのライセンス契約に基づき、ナノグラフィー技術をコアとした開発を進めてきた。この間、ランダ社とは異なる視点でユーザーに役立つ、安定したデジタル印刷システムとすべく、KOMORI独自の制御技術を盛り込んだNS40として開発を進めている」と、今後もシステム開発を継続し、2019年春頃に初のフィールドテストを日本国内で開始することを明らかにした。

 Impremia NS40は、KOMORIのオフセット技術と、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を融合し、B1サイズでありながら最速6,500sphの高速・高生産に対応するデジタル印刷機。この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。

 KOMORIでは、drupa2016後もランダ社とのライセンス契約に基づき、より顧客ニーズに対応したシステムとするために、独自の制御技術を盛り込んだ開発を進めている。

ランダモデルとは異なるオペレーションスタンドを採用
 これらのシステム開発を進め、2019年春には初のベータ機によるフィールドテストを日本国内で予定しており、続いて海外においても同様の計画を進めていく。また、正式販売の開始は2019年度末からを計画しており、さらに特色(O/G/B)3色を追加した7色モデルやコーター搭載モデルなども順次、ラインアップしていく方針。

エンボスレザックのような凹凸のある用紙にも問題なく印刷することが可能

関連記事

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

KOMORI、2019年春よりImpremia NS40のフィールドテスト開始

KOMORI独自の制御技術を盛り込むなど正式販売に向け開発を継続

2018年8月7日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)8月1日、山形県の(株)小森マシナリーにおいて記者会見を開き、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテストを2019年春より開始することを発表した。

40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia NS40」

 会見の冒頭、挨拶したKOMORI・船橋勇雄取締役は、「drupa2016から2年が経過し、ランダ社とのライセンス契約に基づき、ナノグラフィー技術をコアとした開発を進めてきた。この間、ランダ社とは異なる視点でユーザーに役立つ、安定したデジタル印刷システムとすべく、KOMORI独自の制御技術を盛り込んだNS40として開発を進めている」と、今後もシステム開発を継続し、2019年春頃に初のフィールドテストを日本国内で開始することを明らかにした。

 Impremia NS40は、KOMORIのオフセット技術と、ランダ社の技術であるナノグラフィックプリンティングプロセス(ナノグラフィー)を融合し、B1サイズでありながら最速6,500sphの高速・高生産に対応するデジタル印刷機。この革新的なシステムと印刷プロセスには、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮した独自開発の水性インク「ランダ ナノインク」を採用している。

 ナノグラフィックプリンティングプロセスでは、まず数十億個のインク滴を打ち出す。これはヘッドから原反に直接ではなくブランケットに射出される。それぞれのインク滴は、加熱されたブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のためにブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要で、ブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。

 KOMORIでは、drupa2016後もランダ社とのライセンス契約に基づき、より顧客ニーズに対応したシステムとするために、独自の制御技術を盛り込んだ開発を進めている。

ランダモデルとは異なるオペレーションスタンドを採用
 これらのシステム開発を進め、2019年春には初のベータ機によるフィールドテストを日本国内で予定しており、続いて海外においても同様の計画を進めていく。また、正式販売の開始は2019年度末からを計画しており、さらに特色(O/G/B)3色を追加した7色モデルやコーター搭載モデルなども順次、ラインアップしていく方針。

エンボスレザックのような凹凸のある用紙にも問題なく印刷することが可能

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP