キーワードで検索

ハイデルベルグ社、デジタル印刷システム「Versafire EP」発売

新たなインラインキャリブレーション機能により一貫した色の安定性を実現

2018年9月14日ニュース

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほどハイパフォーマンスデジタル印刷システム「Versafire(バーサファイア)EP」をリリースした。
ハイパフォーマンスデジタル印刷システム「Versafire EP」

 Versafire EPは、Versafire CPから生まれたプラットフォームを持ち、グラフィック分野のユーザーニーズに応えるように開発されたツイントナーボトル方式の4色デジタル印刷システム。プリネクトデジタルフロントエンドと直感的なインターフェースで、プリプレス作業の複雑さを軽減する。プリネクトデジタルフロントエンドは、デジタルとオフセット印刷に使用可能なレンダリングテクノロジーを使っており、どちらの印刷方式でも色と細部の再現の一貫性がシームレスに最適化される。

 生産性ついては、A4サイズで115枚/分、または、135枚/分の速度で印刷可能。用紙斤量は470g/平米まで対応可能。さらに新たな自動インラインキャリブレーションは、色の一貫性を実現し、これによりインライン見当調整は高精度の見当をもたらす。

 同機は、テストユーザーであるドイツのウンターライダーメディエングルッペ社(以下、ウンターライダー社)で稼働を開始している。

 ウンターライダー社では、小ロットやパーソナライズのジョブはVersafire EPもしくは、2013年に導入したハイデルベルグ社の初代デジタル印刷機「ライノプリントC901」で印刷している。Versafire EPは、1ロット20,000ページのパーソナライズカタログというようなロングランで真価を発揮している。さらに、表面に凹凸のあるリネンペーパーに高品質で印刷することが初めてできるようになったほか、両面モードで1,030mm、片面モードで1,260mmという新たなバナーサイズはアプリケーションへの対応が可能とった。
「Versafire EPは高速で非常に安定した生産が可能」とコメントするマーカス・ウンターライダー取締役

 ウンターライダー社のマーカス・ウンターライダー取締役は、「当社では8ページのフライヤーを両面で印刷し、かつパーソナライズしながらワンパスで製造している。この用紙の大きさでは以前はできなかったが、Versafire EPでは、これらアプリケーションへの対応が可能となった」と述べている。

 なお、Versafire EPは、今年6月よりヨーロッパで販売が開始され、現在では世界各国の市場で販売を開始している。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

ハイデルベルグ社、デジタル印刷システム「Versafire EP」発売

新たなインラインキャリブレーション機能により一貫した色の安定性を実現

2018年9月14日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほどハイパフォーマンスデジタル印刷システム「Versafire(バーサファイア)EP」をリリースした。
ハイパフォーマンスデジタル印刷システム「Versafire EP」

 Versafire EPは、Versafire CPから生まれたプラットフォームを持ち、グラフィック分野のユーザーニーズに応えるように開発されたツイントナーボトル方式の4色デジタル印刷システム。プリネクトデジタルフロントエンドと直感的なインターフェースで、プリプレス作業の複雑さを軽減する。プリネクトデジタルフロントエンドは、デジタルとオフセット印刷に使用可能なレンダリングテクノロジーを使っており、どちらの印刷方式でも色と細部の再現の一貫性がシームレスに最適化される。

 生産性ついては、A4サイズで115枚/分、または、135枚/分の速度で印刷可能。用紙斤量は470g/平米まで対応可能。さらに新たな自動インラインキャリブレーションは、色の一貫性を実現し、これによりインライン見当調整は高精度の見当をもたらす。

 同機は、テストユーザーであるドイツのウンターライダーメディエングルッペ社(以下、ウンターライダー社)で稼働を開始している。

 ウンターライダー社では、小ロットやパーソナライズのジョブはVersafire EPもしくは、2013年に導入したハイデルベルグ社の初代デジタル印刷機「ライノプリントC901」で印刷している。Versafire EPは、1ロット20,000ページのパーソナライズカタログというようなロングランで真価を発揮している。さらに、表面に凹凸のあるリネンペーパーに高品質で印刷することが初めてできるようになったほか、両面モードで1,030mm、片面モードで1,260mmという新たなバナーサイズはアプリケーションへの対応が可能とった。
「Versafire EPは高速で非常に安定した生産が可能」とコメントするマーカス・ウンターライダー取締役

 ウンターライダー社のマーカス・ウンターライダー取締役は、「当社では8ページのフライヤーを両面で印刷し、かつパーソナライズしながらワンパスで製造している。この用紙の大きさでは以前はできなかったが、Versafire EPでは、これらアプリケーションへの対応が可能となった」と述べている。

 なお、Versafire EPは、今年6月よりヨーロッパで販売が開始され、現在では世界各国の市場で販売を開始している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP