キーワードで検索

コムネット、TOKYO PACKでロールtoロールレーザーダイカッター「LabelMaster」紹介

2018年10月3日ニュース

 コムネット(株)(本社/神戸市中央区)は、東京ビッグサイトで開催中のTOKYO PACK2018において、軟包装業界やラベルコンバーティング業界などに求められるロールtoロールレーザーダイカッター「LabelMaster」を紹介している。

 「LabelMaster」は、レーザーコンバーティング機のフラッグシップモデルで、最高60m/分(材料送り速度)の加工速度を実現する230W TWINヘッドを搭載。可変フォーカス機能により、材料幅に応じて最適なビーム径で加工が可能で、さらなる高品質を実現する。

 軟包装業界における用途としては、フィルム加工にレーザーを用いることにより、フレキシブルで自由度の高い加工が可能になる。パッケージの開封を容易にする「イージーオープン」などの付加価値を高める加工や、ナンバリング・日付などの可変情報のマーキングも可能になる。また、モジュール式の機器構成が可能にする豊富なオプションを用意。ラミネート、フレキソ、ホットスタンプ、シートカッターなどの加工が可能。

 なお、同社のブースは東3ホール 3-97。

関連記事

最新ニュース

ミマキエンジニアリング、フルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」の活用事例を公開

2018年10月3日

 (株)ミマキエンジニアリングは10月1日、2017年に発売したフルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」を導入した4社の事例を自社ホームページで公開した。  今回、公開された企業は「...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、11月14日にデジタル印刷/POD市場コンファレンス

2018年10月3日

 (株)キーポイントインテリジェンス(本社/東京都渋谷区、山内亨社長)は11月14日、「プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2018」を東京コンファレンスセンター・品川...全文を読む

toppan20181002_dp_tn.jpg

凸版印刷、デジタル印刷対応のレトルト殺菌対応パウチ開発

2018年10月2日

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、これまでデジタル印刷に対応したパッケージでは実現困難とされていたレトルト殺菌対応のパウチ包材を国内で初めて開発。10月から国内市場に向けて提供を開始...全文を読む

dp_190_250_tn.jpg

コニカミノルタ、グローバル市場でAccurioLabel 190の導入が加速

2018年9月26日

 コニカミノルタ(株)は、オンデマンドラベルプリンター「AccurioLabel 190」が2016年4月の販売開始以来グローバルで250台の設置を達成したことを発表した。  Accu...全文を読む

HP-PageWide-T1190-Press_dp_tn.jpg

レンゴー、「HP PageWide T1190 Press」採用 - 2019年夏までに稼働へ

2018年9月25日

 レンゴー(株)(本社/大阪市北区、大坪清社長)は、段ボール分野へのデジタル印刷の本格的な導入に向けて、HP社の高速インクジェット輪転印刷機「HP PageWide T1190 Pre...全文を読む

新着トピックス

housourensai12_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 12一般社団法人PODi

2018年10月3日スペシャリスト

軟包装の袋の形状を覚える(1)  軟包装の袋・パウチ・バッグの形状はたくさんあります。対象商品の目的により選別しますので、「この商品には、この形状」といった公式は有りません。売れれば正...全文を読む

dp_art_xerox_tn.jpg

富士ゼロックス、假屋崎氏と学生が世界唯一の作品創作

2018年10月2日ケーススタディ

 Iridesse Production Press(イリデッセ プロダクション プレス)が提供するメタリックカラー表現とアートの融合。そんな取り組みを具現化したのが富士ゼロックス(株...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 11一般社団法人PODi

2018年9月26日スペシャリスト

食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会の取りまとめ  厚生労働省では、平成28年8月より「食品用器具及び容器包装の規制に関する検討会」を開催し、国際的な整合性を含め、食品用器具及び...全文を読む

コムネット、TOKYO PACKでロールtoロールレーザーダイカッター「LabelMaster」紹介

2018年10月3日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • 「LabelMaster」に注目する来場者「LabelMaster」に注目する来場者

 コムネット(株)(本社/神戸市中央区)は、東京ビッグサイトで開催中のTOKYO PACK2018において、軟包装業界やラベルコンバーティング業界などに求められるロールtoロールレーザーダイカッター「LabelMaster」を紹介している。

 「LabelMaster」は、レーザーコンバーティング機のフラッグシップモデルで、最高60m/分(材料送り速度)の加工速度を実現する230W TWINヘッドを搭載。可変フォーカス機能により、材料幅に応じて最適なビーム径で加工が可能で、さらなる高品質を実現する。

 軟包装業界における用途としては、フィルム加工にレーザーを用いることにより、フレキシブルで自由度の高い加工が可能になる。パッケージの開封を容易にする「イージーオープン」などの付加価値を高める加工や、ナンバリング・日付などの可変情報のマーキングも可能になる。また、モジュール式の機器構成が可能にする豊富なオプションを用意。ラミネート、フレキソ、ホットスタンプ、シートカッターなどの加工が可能。

 なお、同社のブースは東3ホール 3-97。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP