キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 日本印刷学会、10月12日「シンギュラリティ」テーマに秋期セミナー

日本印刷学会、10月12日「シンギュラリティ」テーマに秋期セミナー

2018年10月9日ニュース

 (一社)日本印刷学会(江前敏晴会長)の事業員会(山野泰彦委員長)は10月12日、「2018年秋期セミナー」を(株)小森コーポレーション本社6階大会議室(東京都墨田区吾妻橋3-11-1)で開催する。テーマは「印刷業界のシンギュラリティはこう起こす〜印刷のデジタル化×(IoT+I4.0+AI)〜」。

 近年、技術的特異点(シンギュラリティ)という概念がクローズアップされてきている。背景にあるのは、人工知能の予想を超えた進化、クラウドやエッジコンピューティングなどのIoT革命などである。

 印刷業界にも訪れる可能性のある技術的特異点にどう備えるのか。今回の秋季セミナーでは7つの講演を通じて、鍵となるデジタルテクノロジーの活用事例からシンギュラリティの予兆をとらえていく。

 参加費は、会員・賛助会員・協賛団体会員が1万2,000円、学生・教職員が2,000円、非会員が1万8,000円(いずれもテキスト代を含む)。申し込みは同会ホームページから。

プログラム

・ブライター・レイター 代表 山下潤一郎氏「印刷業界のシンギュラリティはこう起こす」
・ジーエーシティ 社長 堀本邦芳氏「IGASにみられるスマートファクトリの進展」
・豊国印刷 専務取締役 岡田秀樹氏「出版におけるデジタル印刷・製本の活用と課題」
・小森コーポレーション ICT推進部 係長 堤佑介氏「クラウドを活用、印刷プロセス管理システムの最新状況」
・共進ペイパー&パッケージ 常務 鍛治川和広氏「世界のWeb to Packageトレンドとhacoplayサービスについて」
・KIT-CC 代表取締役 冨田健二氏「水性インクジェット印刷の応用 〜 非吸収メディアへの印刷 〜」
・小森コーポレーション 専任部長 吉川武志氏「Landaの最新動向 〜 drupa 2016からの変遷 〜」

関連記事

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

日本印刷学会、10月12日「シンギュラリティ」テーマに秋期セミナー

2018年10月9日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (一社)日本印刷学会(江前敏晴会長)の事業員会(山野泰彦委員長)は10月12日、「2018年秋期セミナー」を(株)小森コーポレーション本社6階大会議室(東京都墨田区吾妻橋3-11-1)で開催する。テーマは「印刷業界のシンギュラリティはこう起こす〜印刷のデジタル化×(IoT+I4.0+AI)〜」。

 近年、技術的特異点(シンギュラリティ)という概念がクローズアップされてきている。背景にあるのは、人工知能の予想を超えた進化、クラウドやエッジコンピューティングなどのIoT革命などである。

 印刷業界にも訪れる可能性のある技術的特異点にどう備えるのか。今回の秋季セミナーでは7つの講演を通じて、鍵となるデジタルテクノロジーの活用事例からシンギュラリティの予兆をとらえていく。

 参加費は、会員・賛助会員・協賛団体会員が1万2,000円、学生・教職員が2,000円、非会員が1万8,000円(いずれもテキスト代を含む)。申し込みは同会ホームページから。

プログラム

・ブライター・レイター 代表 山下潤一郎氏「印刷業界のシンギュラリティはこう起こす」
・ジーエーシティ 社長 堀本邦芳氏「IGASにみられるスマートファクトリの進展」
・豊国印刷 専務取締役 岡田秀樹氏「出版におけるデジタル印刷・製本の活用と課題」
・小森コーポレーション ICT推進部 係長 堤佑介氏「クラウドを活用、印刷プロセス管理システムの最新状況」
・共進ペイパー&パッケージ 常務 鍛治川和広氏「世界のWeb to Packageトレンドとhacoplayサービスについて」
・KIT-CC 代表取締役 冨田健二氏「水性インクジェット印刷の応用 〜 非吸収メディアへの印刷 〜」
・小森コーポレーション 専任部長 吉川武志氏「Landaの最新動向 〜 drupa 2016からの変遷 〜」

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP