キーワードで検索

日本画像学会、「複写機遺産」4機種を発表

創立60周年を記念して新たに創設

2018年10月19日ニュース

 (一社)日本画像学会(面谷信会長)は、同学会の創立60周年を記念して創設した「複写機遺産」の初めての認定先を決定した。

 「複写機遺産」は、国内メーカーより申請された多数の機種について、複写機技術発展史上の重要性や国民生活、文化・経済、社会、技術教育に対しての貢献と、その独自性や歴史的特徴を評価するもので、第1回の認定機として4機種が決定した。

 同学会では、今回の初めての複写機遺産認定にともない、複写機遺産認定式および記念講演を2018年12月7日、一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋)において開催する日本画像学会60周年記念シンポジウム「イメージング技術の未来展望」の中で行う予定。

 【2018年度 複写機遺産】

▽「リコー リコピー101」((株)リコー)
 認定理由=複写の代名詞「リコピー」の起源となった卓上複写機

▽「富士ゼロックス 914」(富士ゼロックス(株))
 認定理由=国内で製造された初めての乾式電子写真方式の事務用複写機

▽「キヤノン NP-1100」(キヤノン(株))
 認定理由=ゼロックス社の特許網を破った独自技術による普通紙複写機

▽「コニカ U-Bix480」(コニカミノルタ(株))
 認定理由=国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機

関連記事

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

dp_canon_sinagawa_tn.jpg

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

2018年12月12日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 2020年に通販サービスで売上20億円を目指す----。(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)は、この目標達成に向けて設備投資や新たな通販サービスを開設...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づ...全文を読む

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

日本画像学会、「複写機遺産」4機種を発表

創立60周年を記念して新たに創設

2018年10月19日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (一社)日本画像学会(面谷信会長)は、同学会の創立60周年を記念して創設した「複写機遺産」の初めての認定先を決定した。

 「複写機遺産」は、国内メーカーより申請された多数の機種について、複写機技術発展史上の重要性や国民生活、文化・経済、社会、技術教育に対しての貢献と、その独自性や歴史的特徴を評価するもので、第1回の認定機として4機種が決定した。

 同学会では、今回の初めての複写機遺産認定にともない、複写機遺産認定式および記念講演を2018年12月7日、一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋)において開催する日本画像学会60周年記念シンポジウム「イメージング技術の未来展望」の中で行う予定。

 【2018年度 複写機遺産】

▽「リコー リコピー101」((株)リコー)
 認定理由=複写の代名詞「リコピー」の起源となった卓上複写機

▽「富士ゼロックス 914」(富士ゼロックス(株))
 認定理由=国内で製造された初めての乾式電子写真方式の事務用複写機

▽「キヤノン NP-1100」(キヤノン(株))
 認定理由=ゼロックス社の特許網を破った独自技術による普通紙複写機

▽「コニカ U-Bix480」(コニカミノルタ(株))
 認定理由=国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP