キーワードで検索

日本画像学会、「複写機遺産」4機種を発表

創立60周年を記念して新たに創設

2018年10月19日ニュース

 (一社)日本画像学会(面谷信会長)は、同学会の創立60周年を記念して創設した「複写機遺産」の初めての認定先を決定した。

 「複写機遺産」は、国内メーカーより申請された多数の機種について、複写機技術発展史上の重要性や国民生活、文化・経済、社会、技術教育に対しての貢献と、その独自性や歴史的特徴を評価するもので、第1回の認定機として4機種が決定した。

 同学会では、今回の初めての複写機遺産認定にともない、複写機遺産認定式および記念講演を2018年12月7日、一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋)において開催する日本画像学会60周年記念シンポジウム「イメージング技術の未来展望」の中で行う予定。

 【2018年度 複写機遺産】

▽「リコー リコピー101」((株)リコー)
 認定理由=複写の代名詞「リコピー」の起源となった卓上複写機

▽「富士ゼロックス 914」(富士ゼロックス(株))
 認定理由=国内で製造された初めての乾式電子写真方式の事務用複写機

▽「キヤノン NP-1100」(キヤノン(株))
 認定理由=ゼロックス社の特許網を破った独自技術による普通紙複写機

▽「コニカ U-Bix480」(コニカミノルタ(株))
 認定理由=国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機

関連記事

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

dp_c72_tn.jpg

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。...全文を読む

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、超色造形展 ウルトラモデラーズin Tokyoに協力

2019年4月16日企業・経営

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、3月15日に(株)ミマキエンジニアリングのJPデモセンター(五反田TOC6F)において開催された「超色造形展 ウ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現  インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する...全文を読む

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

日本画像学会、「複写機遺産」4機種を発表

創立60周年を記念して新たに創設

2018年10月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (一社)日本画像学会(面谷信会長)は、同学会の創立60周年を記念して創設した「複写機遺産」の初めての認定先を決定した。

 「複写機遺産」は、国内メーカーより申請された多数の機種について、複写機技術発展史上の重要性や国民生活、文化・経済、社会、技術教育に対しての貢献と、その独自性や歴史的特徴を評価するもので、第1回の認定機として4機種が決定した。

 同学会では、今回の初めての複写機遺産認定にともない、複写機遺産認定式および記念講演を2018年12月7日、一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋)において開催する日本画像学会60周年記念シンポジウム「イメージング技術の未来展望」の中で行う予定。

 【2018年度 複写機遺産】

▽「リコー リコピー101」((株)リコー)
 認定理由=複写の代名詞「リコピー」の起源となった卓上複写機

▽「富士ゼロックス 914」(富士ゼロックス(株))
 認定理由=国内で製造された初めての乾式電子写真方式の事務用複写機

▽「キヤノン NP-1100」(キヤノン(株))
 認定理由=ゼロックス社の特許網を破った独自技術による普通紙複写機

▽「コニカ U-Bix480」(コニカミノルタ(株))
 認定理由=国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP