キーワードで検索

コニカミノルタ、「U-Bix 480」が複写機遺産に認定される

国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機であることを評価

2018年10月22日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)の前身である小西六写真工業(株)が製造した国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機「U-Bix(ユービックス) 480」が、このほど(一社)日本画像学会(面谷信会長)が創設した「複写機遺産」の認定を受けた。

 複写機遺産は、日本画像学会により学会の創立60周年を記念して創設されたもの。世界をリードする日本の複写機産業の原動力となった初期の複写機の技術的、社会的功績を顕彰し、現存する歴史的複写機に採用された技術を長く記憶にとどめ、後世に伝えるために開始され、今回が第1回目の認定となる。

 小西六写真工業の最初のPPC複写機(普通紙複写機)であるU-Bix 480は、1970年にビジネスショーで発表、1971年1月に発売された。国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機として、また、優美な画質に加えてコピーコストが従来の半額という低価格が大きな反響を呼び、生産が需要に追い付かないほどの好評を得た。これ以後、複写機はカメラ、フィルムと並ぶ主力製品となっていく。
複写機遺産に認定された「U-Bix 480」
 【U-Bix 480の技術概要】

 当時のPPCは、感光体の現像にカスケード方式を用いることが主流であり、タイプライターや印刷文字などの線画像に対応するものであった。酸化亜鉛感光体と磁気ブラシ現像方式を採用したこの機械は、B4毎分8枚の複写速度で階調画像やべた黒、すなわち写真や鉛筆による手書き文字を複写できることが大きな特長となった。このU-Bix480の開発は、ゼロックス特許をいかに回避するかの戦いでもあった。シート上の酸化亜鉛感光体がマスターキャリッジの両面に取り付けられた独自の構造になっており、光学系は露光用ハロゲンランプ、Vミラーと屋根型プリズム付レンズで構成されている。帯電極も光学系と一体で動き、原稿の操作と同時に感光体の帯電、露光が行われ、操作が完了するとマスターキャリッジが回転し、現像・転写・分離・クリーニングなど一連のプロセスが行われる。分離は、サクションヘッドの搖動により、クリーニングは、クリーニングランプとファーブラシで行われ、定着は非接触の熱板式を用いている。

関連記事

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

dp_c72_tn.jpg

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。...全文を読む

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、超色造形展 ウルトラモデラーズin Tokyoに協力

2019年4月16日企業・経営

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、3月15日に(株)ミマキエンジニアリングのJPデモセンター(五反田TOC6F)において開催された「超色造形展 ウ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現  インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する...全文を読む

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

コニカミノルタ、「U-Bix 480」が複写機遺産に認定される

国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機であることを評価

2018年10月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)の前身である小西六写真工業(株)が製造した国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機「U-Bix(ユービックス) 480」が、このほど(一社)日本画像学会(面谷信会長)が創設した「複写機遺産」の認定を受けた。

 複写機遺産は、日本画像学会により学会の創立60周年を記念して創設されたもの。世界をリードする日本の複写機産業の原動力となった初期の複写機の技術的、社会的功績を顕彰し、現存する歴史的複写機に採用された技術を長く記憶にとどめ、後世に伝えるために開始され、今回が第1回目の認定となる。

 小西六写真工業の最初のPPC複写機(普通紙複写機)であるU-Bix 480は、1970年にビジネスショーで発表、1971年1月に発売された。国産技術による最初の間接乾式電子写真複写機として、また、優美な画質に加えてコピーコストが従来の半額という低価格が大きな反響を呼び、生産が需要に追い付かないほどの好評を得た。これ以後、複写機はカメラ、フィルムと並ぶ主力製品となっていく。
複写機遺産に認定された「U-Bix 480」
 【U-Bix 480の技術概要】

 当時のPPCは、感光体の現像にカスケード方式を用いることが主流であり、タイプライターや印刷文字などの線画像に対応するものであった。酸化亜鉛感光体と磁気ブラシ現像方式を採用したこの機械は、B4毎分8枚の複写速度で階調画像やべた黒、すなわち写真や鉛筆による手書き文字を複写できることが大きな特長となった。このU-Bix480の開発は、ゼロックス特許をいかに回避するかの戦いでもあった。シート上の酸化亜鉛感光体がマスターキャリッジの両面に取り付けられた独自の構造になっており、光学系は露光用ハロゲンランプ、Vミラーと屋根型プリズム付レンズで構成されている。帯電極も光学系と一体で動き、原稿の操作と同時に感光体の帯電、露光が行われ、操作が完了するとマスターキャリッジが回転し、現像・転写・分離・クリーニングなど一連のプロセスが行われる。分離は、サクションヘッドの搖動により、クリーニングは、クリーニングランプとファーブラシで行われ、定着は非接触の熱板式を用いている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP