キーワードで検索

コニカミノルタ、ハイクロマトナー採用の「AccurioPress C83hc」発売

ビビッドな色再現や滑らかな人肌再現で顧客のビジネス拡大に貢献

2018年10月23日ニュース

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、モニター画面に近い鮮やかな色合いを表現できるハイクロマトナー(高彩度トナー)採用のデジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C83hc」を2018年11月1日に発売する。
AccurioPress C83hc
 AccurioPress C83hcは、明るいブルー・パステルグリーン・鮮やかなピンクの高い色再現に定評のあった「bizhub PRESS (ビズハブ プレス) C71hc」に、人肌再現の滑らかさをあらためて価値提案する後継機種で、とくに高い生産性と出力調整の自動化、さらには用紙対応力の強化を図っている。

 同機は、明るい空、ネオン、シルクのドレスの光など、通常のデジタル印刷ではビビッドな色再現が困難なモチーフも、ハイクロマトナーによってモニター画面に近い鮮やかな色合いの表現が可能。また、企業のロゴマークなどの特色表現にも対応する。さらに、滑らかな人肌再現により、フォトブックや写真入りカタログなどでも、より高品質な印刷物の提供が可能となる。
トナー比較サンプル
 生産性については、従来機種の定評ある高画質はそのままで、出力速度がA4サイズで毎分81ページ(14%増)、A3サイズで毎分45ページ(18%増)へとアップ。さらに、厚紙対応力も向上させ、紙厚216g/平米まで速度を落とすことなく印刷が可能なため、名刺等の厚紙用途における生産性の向上に寄与する。

 また、「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」をオプション接続することで、濃度管理、色調管理、表裏見当調整を自動化し、印刷中もリアルタイムでそれらを監視し、生産性を落とすことなく補正も行う。

 これにより、煩雑な出力調整作業が不要になり、印刷中も色変動や見当ずれをオペレーターが度々チェックしなくても、高品質な印刷物を安定して供給することができ、同機の特長である色再現の精度も向上させる。

 長尺印刷においては、従来機よりも100mm長い1,300mmにも対応し、A4・レターサイズの6面付け印刷を実現。また、長さ762mmまでの紙ならば自動両面印刷が可能で、最大1,000枚の大容量給紙ユニットも利用もできるため、同機の特長である色再現を最大限に生かしたA4三つ折りカタログやメニュー、ブックカバー(表紙)などの印刷をより効率的に行うことができる。

関連記事

最新ニュース

canon_toshiba_tn.jpg

キヤノンと東芝デジタルソリューションズ、スマートファクトリー分野で協業

2018年11月7日

 キヤノン(株)と東芝デジタルソリューションズ(株)は、両社のイメージング技術とIoTを活用し、スマートファクトリーの分野で協業を開始すると発表した。  今回の協業は、生産現場の生産性...全文を読む

toppan20181105_dp_tn.jpg

凸版印刷、カラーマネジメント技術活用のクラウドサービス開発

2018年11月5日

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、カラーマネジメント技術を活用し、印刷する用紙の種類、印刷方式、インキの色を指定するだけで、最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認することが...全文を読む

kincozu_meisi_tn.jpg

キンコーズ・ジャパン、ウォンテッドリーの名刺アプリと連携

2018年11月5日

 キンコーズ・ジャパン(株)(東京都港区、名取久知社長)は、ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー(株)(東京都港区、仲暁子CEO)と連携し、つながり管理アプリ「...全文を読む

fujixerox_2018autumnseminar_tn.jpg

富士ゼロックス、11月16日「経営革新セミナー2018Autumn」開催

2018年11月1日

 富士ゼロックス(株)は11月16日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において、「勝者のリーダーシップ、勝者であり続けるためのリ...全文を読む

dp_ootuka_pod_tn.jpg

大塚商会、12月4日からPIC関西で「POD Special 2DAYS! in 関西」開催

2018年11月1日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、大阪府大阪市のPIC関西(プリンティングイノベーションセンター関西)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in...全文を読む

新着トピックス

wtt_171108_top_tn.jpg

貴方の会社の戦略は大丈夫ですか? 一般社団法人PODi

2018年11月9日企業・経営スペシャリスト

 印刷業界には、長年引き継がれてきた「仮説の常識」というものがある。根強く残るのが「印刷業界はGDPに連動していくだろう」といったもの。この「仮説の常識」は、もはや通用しない。マクロ経...全文を読む

adobe-digital-survey-201810_tn.jpg

デジタル化におけるマーケティング課題は「対応組織の整備」

2018年11月7日マーケティング

 アドビシステムズ(株)は、年間売上高200億円以上のBtoC(企業対消費者間取引)の日本企業を対象に実施したAdobe Digital Survey 2018 デジタル変革実態調査「...全文を読む

housourensai13_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 13一般社団法人PODi

2018年10月24日スペシャリスト

軟包装の袋の形状を覚える(2)  前回は、スパウト付きのサイドガセット袋(横マチ付き袋,Side Gusset Bags)の製品を紹介しました。  軟包装材料を使用して「立体容器」を作...全文を読む

コニカミノルタ、ハイクロマトナー採用の「AccurioPress C83hc」発売

ビビッドな色再現や滑らかな人肌再現で顧客のビジネス拡大に貢献

2018年10月23日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタ(株)(山名昌衛社長)は、モニター画面に近い鮮やかな色合いを表現できるハイクロマトナー(高彩度トナー)採用のデジタル印刷システム「AccurioPress (アキュリオ プレス) C83hc」を2018年11月1日に発売する。
AccurioPress C83hc
 AccurioPress C83hcは、明るいブルー・パステルグリーン・鮮やかなピンクの高い色再現に定評のあった「bizhub PRESS (ビズハブ プレス) C71hc」に、人肌再現の滑らかさをあらためて価値提案する後継機種で、とくに高い生産性と出力調整の自動化、さらには用紙対応力の強化を図っている。

 同機は、明るい空、ネオン、シルクのドレスの光など、通常のデジタル印刷ではビビッドな色再現が困難なモチーフも、ハイクロマトナーによってモニター画面に近い鮮やかな色合いの表現が可能。また、企業のロゴマークなどの特色表現にも対応する。さらに、滑らかな人肌再現により、フォトブックや写真入りカタログなどでも、より高品質な印刷物の提供が可能となる。
トナー比較サンプル
 生産性については、従来機種の定評ある高画質はそのままで、出力速度がA4サイズで毎分81ページ(14%増)、A3サイズで毎分45ページ(18%増)へとアップ。さらに、厚紙対応力も向上させ、紙厚216g/平米まで速度を落とすことなく印刷が可能なため、名刺等の厚紙用途における生産性の向上に寄与する。

 また、「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」をオプション接続することで、濃度管理、色調管理、表裏見当調整を自動化し、印刷中もリアルタイムでそれらを監視し、生産性を落とすことなく補正も行う。

 これにより、煩雑な出力調整作業が不要になり、印刷中も色変動や見当ずれをオペレーターが度々チェックしなくても、高品質な印刷物を安定して供給することができ、同機の特長である色再現の精度も向上させる。

 長尺印刷においては、従来機よりも100mm長い1,300mmにも対応し、A4・レターサイズの6面付け印刷を実現。また、長さ762mmまでの紙ならば自動両面印刷が可能で、最大1,000枚の大容量給紙ユニットも利用もできるため、同機の特長である色再現を最大限に生かしたA4三つ折りカタログやメニュー、ブックカバー(表紙)などの印刷をより効率的に行うことができる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP