キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • リコー、産業印刷機器メーカー「エルエーシー」の全株式取得で合意

リコー、産業印刷機器メーカー「エルエーシー」の全株式取得で合意

立体物に印刷する独自インクジェット技術とリコーの技術を融合して産業印刷事業を強化

2018年10月26日ニュース

 (株)リコー(山下良則社長)は、成長領域の一つとして掲げる産業印刷事業の強化に向けて、自動車や航空機などのボディをはじめ、さまざまな立体物へのデジタル印刷を可能にする独自のインクジェット技術を有する(株)エルエーシーの全株式を取得することについて合意したことを発表した。

 エルエーシーは、高粘度のインクを離れた先(最大100mm程度)の立体物に吐出し、ダイレクトにプリントできる独自のインクジェット技術を有しており、車の外装用のオートボディプリンターやLPガスボンベ用のプリンターなどを開発、製造、販売、保守する産業印刷機器メーカー。

 リコーは、2018年2月に発表した成長戦略「挑戦」において、プリンティング技術の可能性を追求し、顧客基盤を拡大することを掲げている。40年以上にわたり、取り組み続けてきたリコーのインクジェット技術は、オフィス印刷向けにとどまらず、今では商用印刷、そして産業印刷など、衣・食・住のさまざまな領域へと展開している。また、紙や紙以外へのプリントによる「表示する印刷」にとどまらず、プリンティングにまつわる材料やプロセスなどの技術を組み合わせ、新たな価値を創造する「機能する印刷」にも注力している。

 今回の全株式の取得は、成長戦略の一環で取り組むもの。具体的には、エルエーシー独自のインクジェット技術と、リコーが保有する画像システム技術や生産技術を組み合わせ、双方のノウハウを持ち寄ることで、新たな顧客価値の創造に取り組んでいく。また、グローバルに展開するリコーの事業基盤やノウハウを活用し、エルエーシー社製品や新たに開発する製品の海外展開にも取り組んでいく。

  なお、株式譲渡の完了は、10月31日の予定している。

関連記事

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

dp_canon_sinagawa_tn.jpg

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

2018年12月12日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 2020年に通販サービスで売上20億円を目指す----。(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)は、この目標達成に向けて設備投資や新たな通販サービスを開設...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づ...全文を読む

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

リコー、産業印刷機器メーカー「エルエーシー」の全株式取得で合意

立体物に印刷する独自インクジェット技術とリコーの技術を融合して産業印刷事業を強化

2018年10月26日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)リコー(山下良則社長)は、成長領域の一つとして掲げる産業印刷事業の強化に向けて、自動車や航空機などのボディをはじめ、さまざまな立体物へのデジタル印刷を可能にする独自のインクジェット技術を有する(株)エルエーシーの全株式を取得することについて合意したことを発表した。

 エルエーシーは、高粘度のインクを離れた先(最大100mm程度)の立体物に吐出し、ダイレクトにプリントできる独自のインクジェット技術を有しており、車の外装用のオートボディプリンターやLPガスボンベ用のプリンターなどを開発、製造、販売、保守する産業印刷機器メーカー。

 リコーは、2018年2月に発表した成長戦略「挑戦」において、プリンティング技術の可能性を追求し、顧客基盤を拡大することを掲げている。40年以上にわたり、取り組み続けてきたリコーのインクジェット技術は、オフィス印刷向けにとどまらず、今では商用印刷、そして産業印刷など、衣・食・住のさまざまな領域へと展開している。また、紙や紙以外へのプリントによる「表示する印刷」にとどまらず、プリンティングにまつわる材料やプロセスなどの技術を組み合わせ、新たな価値を創造する「機能する印刷」にも注力している。

 今回の全株式の取得は、成長戦略の一環で取り組むもの。具体的には、エルエーシー独自のインクジェット技術と、リコーが保有する画像システム技術や生産技術を組み合わせ、双方のノウハウを持ち寄ることで、新たな顧客価値の創造に取り組んでいく。また、グローバルに展開するリコーの事業基盤やノウハウを活用し、エルエーシー社製品や新たに開発する製品の海外展開にも取り組んでいく。

  なお、株式譲渡の完了は、10月31日の予定している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP