キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 凸版印刷、カラーマネジメント技術活用のクラウドサービス開発

凸版印刷、カラーマネジメント技術活用のクラウドサービス開発

2018年11月5日ニュース

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、カラーマネジメント技術を活用し、印刷する用紙の種類、印刷方式、インキの色を指定するだけで、最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認することができるカラーマネジメント(CMS)クラウドサービス(以下「CMSクラウド」)を開発。11月から運用を開始した。

CMSクラウド

 CMSクラウドは、プロセスカラーだけでなく、特色にも使用できる高精度なカラーマネジメントエンジンをクラウドサービスとして提供するもの。これまで生産現場で培ってきた技術やノウハウを活用し、オフセット印刷、グラビア印刷など幅広い印刷方式の色再現を行うことができ、チラシ・カタログはもちろん、雑誌や書籍、包装材などの印刷に対応している。さらにクラウドサービスとして、国内外の複数拠点で利用可能な色校正システムとしても運用できる。

 具体的には、印刷方式や使用する用紙などの条件を入力することで、システム内部でカラーマネジメントエンジンがプロファイルを作成。レイアウト済の紙面PDFデータをアップロードすることで、ディスプレイ上で実際の最終印刷物と同じ色調が表現される。

 専用ソフトウェアの導入が不要で、簡単・手軽に遠隔地・複数人で最終印刷物の色確認が可能で、用紙やインキの特性だけでなく、印刷機やデジタル出力機の種類毎の特性情報を用いることによって、色味や発色など、精度の高い色予測が可能になる。

 また、印刷物を観察する照明の色合い(色温度)に合わせた表示も可能。条件を入力するだけで色再現が可能なため、設計時のシミュレーターとしても活用できる。

 今後は、CMSクラウドサービスによるオンライン校正システムや、設計段階での色再現シミュレーター用途での展開を図り、2020年に約70億円の受注を目指す。

関連記事

最新ニュース

canon_toshiba_tn.jpg

キヤノンと東芝デジタルソリューションズ、スマートファクトリー分野で協業

2018年11月7日

 キヤノン(株)と東芝デジタルソリューションズ(株)は、両社のイメージング技術とIoTを活用し、スマートファクトリーの分野で協業を開始すると発表した。  今回の協業は、生産現場の生産性...全文を読む

kincozu_meisi_tn.jpg

キンコーズ・ジャパン、ウォンテッドリーの名刺アプリと連携

2018年11月5日

 キンコーズ・ジャパン(株)(東京都港区、名取久知社長)は、ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー(株)(東京都港区、仲暁子CEO)と連携し、つながり管理アプリ「...全文を読む

fujixerox_2018autumnseminar_tn.jpg

富士ゼロックス、11月16日「経営革新セミナー2018Autumn」開催

2018年11月1日

 富士ゼロックス(株)は11月16日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において、「勝者のリーダーシップ、勝者であり続けるためのリ...全文を読む

dp_ootuka_pod_tn.jpg

大塚商会、12月4日からPIC関西で「POD Special 2DAYS! in 関西」開催

2018年11月1日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、大阪府大阪市のPIC関西(プリンティングイノベーションセンター関西)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in...全文を読む

screen_china_digitalcenter_dp_tn.jpg

SCREEN GA、情報発信拠点「上海デジタルプリンティングデモセンター」開設

2018年10月31日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは10月25日、インクジェット印刷機によるさまざまなソリューションを提案し、実際に体感できる情報発信拠点「上海デジタルプリンティングデモ...全文を読む

新着トピックス

wtt_171108_top_tn.jpg

貴方の会社の戦略は大丈夫ですか? 一般社団法人PODi

2018年11月9日企業・経営スペシャリスト

 印刷業界には、長年引き継がれてきた「仮説の常識」というものがある。根強く残るのが「印刷業界はGDPに連動していくだろう」といったもの。この「仮説の常識」は、もはや通用しない。マクロ経...全文を読む

adobe-digital-survey-201810_tn.jpg

デジタル化におけるマーケティング課題は「対応組織の整備」

2018年11月7日マーケティング

 アドビシステムズ(株)は、年間売上高200億円以上のBtoC(企業対消費者間取引)の日本企業を対象に実施したAdobe Digital Survey 2018 デジタル変革実態調査「...全文を読む

housourensai13_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 13一般社団法人PODi

2018年10月24日スペシャリスト

軟包装の袋の形状を覚える(2)  前回は、スパウト付きのサイドガセット袋(横マチ付き袋,Side Gusset Bags)の製品を紹介しました。  軟包装材料を使用して「立体容器」を作...全文を読む

凸版印刷、カラーマネジメント技術活用のクラウドサービス開発

2018年11月5日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 凸版印刷(株)(金子眞吾社長)は、カラーマネジメント技術を活用し、印刷する用紙の種類、印刷方式、インキの色を指定するだけで、最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認することができるカラーマネジメント(CMS)クラウドサービス(以下「CMSクラウド」)を開発。11月から運用を開始した。

CMSクラウド

 CMSクラウドは、プロセスカラーだけでなく、特色にも使用できる高精度なカラーマネジメントエンジンをクラウドサービスとして提供するもの。これまで生産現場で培ってきた技術やノウハウを活用し、オフセット印刷、グラビア印刷など幅広い印刷方式の色再現を行うことができ、チラシ・カタログはもちろん、雑誌や書籍、包装材などの印刷に対応している。さらにクラウドサービスとして、国内外の複数拠点で利用可能な色校正システムとしても運用できる。

 具体的には、印刷方式や使用する用紙などの条件を入力することで、システム内部でカラーマネジメントエンジンがプロファイルを作成。レイアウト済の紙面PDFデータをアップロードすることで、ディスプレイ上で実際の最終印刷物と同じ色調が表現される。

 専用ソフトウェアの導入が不要で、簡単・手軽に遠隔地・複数人で最終印刷物の色確認が可能で、用紙やインキの特性だけでなく、印刷機やデジタル出力機の種類毎の特性情報を用いることによって、色味や発色など、精度の高い色予測が可能になる。

 また、印刷物を観察する照明の色合い(色温度)に合わせた表示も可能。条件を入力するだけで色再現が可能なため、設計時のシミュレーターとしても活用できる。

 今後は、CMSクラウドサービスによるオンライン校正システムや、設計段階での色再現シミュレーター用途での展開を図り、2020年に約70億円の受注を目指す。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP