キーワードで検索

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

発表からわずか2年半でシリアルプロダクション(連続生産)を実現

2018年11月26日ニュース

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォーネキーペーパーボックス社で本格生産を開始した。

 ウォーネキーペーパーボックス社のPrimefire 106は、アメリカで、そして世界で最初のB1インクジェットデジタル印刷機であり、また、ハイデルベルグ社が7月に納品したシリアルプロダクション第1号機でもある。

 ウォーネキーペーパーボックス社は今年10月初旬、アメリカ、カナダ、メキシコから60人以上のゲストを招いたオープンハウスを開催し、Primefire 106の性能を披露した。
新たに設置されたPrimefire106の前でテープカット
 ハイデルベルグ社は、drupa2016でPrimefire 106を発表してから、わずか2年半という期間でシリアルプロダクションをスタートすることに成功。すでにヨーロッパでは、パッケージ、医薬品の分野で3社のユーザーが印刷機のベータテストを開始している。とくにアメリカ、ヨーロッパ、中国における需要は旺盛で、ウィスロッホ-ヴァルドルフでの生産は2年先まで予定が埋まっている。

関連記事

最新ニュース

kodak-prosper-plus-imprinting-systems_dp_tn.jpg

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティング...全文を読む

dp_mtjn_xeikon9800_tn.jpg

メディアテクノロジージャパン、ザイコンジャパンと代理店契約締結

2019年2月6日

 (株)メディアテクノロジージャパン(MTJN)は、このほどザイコンジャパン(株)(本社/東京都文京区/星名勧社長)と代理店契約を締結。2019年2月1日から、高品質・高生産性で定評の...全文を読む

大塚商会、「POD Special Day!」2月20日に姫路で初開催

2019年2月5日

 (株)大塚商会は2月20日、兵庫県姫路市にあるホテル日航姫路において、印刷関連業界向けイベント「POD Special Day! In 姫路」を開催する。  同イベントは、新たなビジ...全文を読む

apogeecloud_11_2dp_tn.jpg

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

2019年2月5日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプショ...全文を読む

okami_burubpn_tn.jpg

ブルボン、世界初のVOCレス水性印刷を用いた新商品発売

2019年2月4日

 (株)ブルボン(本社/新潟県柏崎市、吉田康社長)は、(株)シンク・ラボラトリー(本社/千葉県柏市、重田龍男社長)と花王(株)(本社/東京都中央区、澤田道隆社長)と協業し、米菓「三国街...全文を読む

新着トピックス

itstime_dp_tn.jpg

生産ワークフローのプラットフォームを検討する時が来た一般社団法人PODi

2019年2月8日企業・経営

 印刷会社の経営者のほとんどは、業務のコストを削減し、競争力を維持するためには、ソフトウェアが重要であることを理解している。印刷会社が未来に適切に備えるために、また、ワークフローのボト...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 20一般社団法人PODi

2019年1月31日スペシャリスト

 各社のバリア性のフィルムとデータをまとめてみました。ご利用ください。ここにあるデータの数字は、軟包装のビジネスでは、常識的なものとして覚えておく必要があると思います。最新の情報がある...全文を読む

lecture_dp_tn.jpg

ダイレクトメールでのリターゲティングが熱い一般社団法人PODi

2019年1月30日マーケティング

 リターゲティング(一度サイトに来訪したターゲットに購買を促す広告)はもはやデジタルキャンペーンのものだけではない。ウェブサイトで失われた顧客をリターゲティングするために、ダイレクトメ...全文を読む

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

発表からわずか2年半でシリアルプロダクション(連続生産)を実現

2018年11月26日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォーネキーペーパーボックス社で本格生産を開始した。

 ウォーネキーペーパーボックス社のPrimefire 106は、アメリカで、そして世界で最初のB1インクジェットデジタル印刷機であり、また、ハイデルベルグ社が7月に納品したシリアルプロダクション第1号機でもある。

 ウォーネキーペーパーボックス社は今年10月初旬、アメリカ、カナダ、メキシコから60人以上のゲストを招いたオープンハウスを開催し、Primefire 106の性能を披露した。
新たに設置されたPrimefire106の前でテープカット
 ハイデルベルグ社は、drupa2016でPrimefire 106を発表してから、わずか2年半という期間でシリアルプロダクションをスタートすることに成功。すでにヨーロッパでは、パッケージ、医薬品の分野で3社のユーザーが印刷機のベータテストを開始している。とくにアメリカ、ヨーロッパ、中国における需要は旺盛で、ウィスロッホ-ヴァルドルフでの生産は2年先まで予定が埋まっている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP