キーワードで検索

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

発表からわずか2年半でシリアルプロダクション(連続生産)を実現

2018年11月26日ニュース

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォーネキーペーパーボックス社で本格生産を開始した。

 ウォーネキーペーパーボックス社のPrimefire 106は、アメリカで、そして世界で最初のB1インクジェットデジタル印刷機であり、また、ハイデルベルグ社が7月に納品したシリアルプロダクション第1号機でもある。

 ウォーネキーペーパーボックス社は今年10月初旬、アメリカ、カナダ、メキシコから60人以上のゲストを招いたオープンハウスを開催し、Primefire 106の性能を披露した。
新たに設置されたPrimefire106の前でテープカット
 ハイデルベルグ社は、drupa2016でPrimefire 106を発表してから、わずか2年半という期間でシリアルプロダクションをスタートすることに成功。すでにヨーロッパでは、パッケージ、医薬品の分野で3社のユーザーが印刷機のベータテストを開始している。とくにアメリカ、ヨーロッパ、中国における需要は旺盛で、ウィスロッホ-ヴァルドルフでの生産は2年先まで予定が埋まっている。

関連記事

最新ニュース

dp_ocecolorwave3700_mfp_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機の新機種発売

2018年11月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、建築・製造・印刷関連企業や官公庁、グラフィック市場向け...全文を読む

dp_award_2_tn.jpg

ハイデルベルグ・ジャパン、ルミエール・ジャパン・アワード2018で「特別賞」受賞

2018年11月14日

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)が今年7月に開催された「IGAS2018」において、最新のデジタルテクノロジーの世界をVR(バーチャルリアリティ)で...全文を読む

リコー、ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社を買収

2018年11月13日

 (株)リコー(山下良則社長)は、カラーマネジメントに強みを持つ、ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社である「ColorGATE Digital Output Solutions Gm...全文を読む

アグフア・グラフィックス社、SGIA EXPO「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」4部門で受賞

2018年11月9日

 アグフア・グラフィックス社(ベルギー・モーツェル)は、the Specialty Graphic Imaging Association(以下「SGIA」)で4つのプロダクト・オブ・...全文を読む

canon_toshiba_tn.jpg

キヤノンと東芝デジタルソリューションズ、スマートファクトリー分野で協業

2018年11月7日

 キヤノン(株)と東芝デジタルソリューションズ(株)は、両社のイメージング技術とIoTを活用し、スマートファクトリーの分野で協業を開始すると発表した。  今回の協業は、生産現場の生産性...全文を読む

新着トピックス

wada_tn.jpg

ホタルコーポレーション、IJ方式3Dプリントで新市場創出

2018年12月3日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による「3Dプリント」を印刷業界が新たに取り組んでいける...全文を読む

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、新市場創出を支援 〜 最新インクジェット技術を成長分野で活用

2018年11月29日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(宮腰亨社長)は、先頃開催された「IGAS2018」において、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」と軟包装向けフルカラー水性インクジェットプリンタ...全文を読む

IMG_7435_tn.jpg

トヨテック、東京都江東区に「東京ショールーム」開設

2018年11月29日企業・経営

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は今年8月、顧客企業への対面説明強化などを目的に、東京都江東区に「東京ショールーム」を開設した。ここには印刷会社がフォトブックビジ...全文を読む

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

発表からわずか2年半でシリアルプロダクション(連続生産)を実現

2018年11月26日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォーネキーペーパーボックス社で本格生産を開始した。

 ウォーネキーペーパーボックス社のPrimefire 106は、アメリカで、そして世界で最初のB1インクジェットデジタル印刷機であり、また、ハイデルベルグ社が7月に納品したシリアルプロダクション第1号機でもある。

 ウォーネキーペーパーボックス社は今年10月初旬、アメリカ、カナダ、メキシコから60人以上のゲストを招いたオープンハウスを開催し、Primefire 106の性能を披露した。
新たに設置されたPrimefire106の前でテープカット
 ハイデルベルグ社は、drupa2016でPrimefire 106を発表してから、わずか2年半という期間でシリアルプロダクションをスタートすることに成功。すでにヨーロッパでは、パッケージ、医薬品の分野で3社のユーザーが印刷機のベータテストを開始している。とくにアメリカ、ヨーロッパ、中国における需要は旺盛で、ウィスロッホ-ヴァルドルフでの生産は2年先まで予定が埋まっている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP