キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 50...

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日ニュース

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラーズ展」に協賛。会期中は500名以上が来場する盛況となった。

 同美術展は、クリエイターに焦点を当てたアート作品を展示する催しとして年始より企画を進めてきたイベント。同社が2台設備する(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による3Dプリントにより出力された、軍艦島のインスタ映えをはるかに超える高さ60cmのカラフルで巨大な作品や全体をクリアインクで造形した作品などの全17作品は見応え抜群で、来場者から高い関心を集めていた。

 また、会場内は照明を落として落ち着いた雰囲気に演出されており、まさに「展示会」というより「美術展」と呼ぶに相応しいものとなっていた。ホタルコーポレーションの福永進本部長は「来場者の皆さんは、ほとんどがスマホやデジカメで作品を撮影しながら1時間以上かけて熱心に見ていただいている」と、その成果について満足げに話していた。

 また、会期2日目と3日目には「ウルトラ!セミナー」と題された6つのセミナーが開催された。11月24日午後1時からは、3DCGアーティストのブレスター和田氏とペンテクノロジーカンパニー・Wacom社の轟木保弘氏によるトークセッションが行われ、展示作品について紹介するとともに、実際の作者にも出てきてもらい作品の紹介を行った。また、これらの美術作品の出力を可能とするミマキの3Dプリンタ「3DUJ-553」の概要も紹介。会場内は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなっていた。

京都高島屋で「3Dプリントアクセサリー即売会」12月19日〜25日

 さらに、同社は12月19日から25日まで、3Dプリントのデータ作成を行う(株)ロイスエンタテインメントとの共催により、京都高島屋の8階催し物会場においてウルトラモデラーズをフィーチャーした「3Dプリントアクセサリー即売会」を実施する。イヤーカフスやペンダント、指輪などの3Dプリンタ商品を販売する予定。3Dプリント業界を揺り動かす様々な取り組みを展開する同社の今後に注目したい。

関連記事

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

drupa_d_club_dp_tn.jpg

メッセ・デュッセルドルフ、東京で「drupaデュッセルCLUB」開催

2019年11月12日

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」開催を来年6月に控え、主催するメッセ・デュッセルドルフでは12月2日、業界団体・メディア、drupa20...全文を読む

新着トピックス

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • ほとんどの来場者が作品をカメラに納めていたほとんどの来場者が作品をカメラに納めていた
  • 会期中は6本の「ウルトラ!セミナー」が開催された会期中は6本の「ウルトラ!セミナー」が開催された

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラーズ展」に協賛。会期中は500名以上が来場する盛況となった。

 同美術展は、クリエイターに焦点を当てたアート作品を展示する催しとして年始より企画を進めてきたイベント。同社が2台設備する(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による3Dプリントにより出力された、軍艦島のインスタ映えをはるかに超える高さ60cmのカラフルで巨大な作品や全体をクリアインクで造形した作品などの全17作品は見応え抜群で、来場者から高い関心を集めていた。

 また、会場内は照明を落として落ち着いた雰囲気に演出されており、まさに「展示会」というより「美術展」と呼ぶに相応しいものとなっていた。ホタルコーポレーションの福永進本部長は「来場者の皆さんは、ほとんどがスマホやデジカメで作品を撮影しながら1時間以上かけて熱心に見ていただいている」と、その成果について満足げに話していた。

 また、会期2日目と3日目には「ウルトラ!セミナー」と題された6つのセミナーが開催された。11月24日午後1時からは、3DCGアーティストのブレスター和田氏とペンテクノロジーカンパニー・Wacom社の轟木保弘氏によるトークセッションが行われ、展示作品について紹介するとともに、実際の作者にも出てきてもらい作品の紹介を行った。また、これらの美術作品の出力を可能とするミマキの3Dプリンタ「3DUJ-553」の概要も紹介。会場内は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなっていた。

京都高島屋で「3Dプリントアクセサリー即売会」12月19日〜25日

 さらに、同社は12月19日から25日まで、3Dプリントのデータ作成を行う(株)ロイスエンタテインメントとの共催により、京都高島屋の8階催し物会場においてウルトラモデラーズをフィーチャーした「3Dプリントアクセサリー即売会」を実施する。イヤーカフスやペンダント、指輪などの3Dプリンタ商品を販売する予定。3Dプリント業界を揺り動かす様々な取り組みを展開する同社の今後に注目したい。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP