キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 50...

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日ニュース

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラーズ展」に協賛。会期中は500名以上が来場する盛況となった。

 同美術展は、クリエイターに焦点を当てたアート作品を展示する催しとして年始より企画を進めてきたイベント。同社が2台設備する(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による3Dプリントにより出力された、軍艦島のインスタ映えをはるかに超える高さ60cmのカラフルで巨大な作品や全体をクリアインクで造形した作品などの全17作品は見応え抜群で、来場者から高い関心を集めていた。

 また、会場内は照明を落として落ち着いた雰囲気に演出されており、まさに「展示会」というより「美術展」と呼ぶに相応しいものとなっていた。ホタルコーポレーションの福永進本部長は「来場者の皆さんは、ほとんどがスマホやデジカメで作品を撮影しながら1時間以上かけて熱心に見ていただいている」と、その成果について満足げに話していた。

 また、会期2日目と3日目には「ウルトラ!セミナー」と題された6つのセミナーが開催された。11月24日午後1時からは、3DCGアーティストのブレスター和田氏とペンテクノロジーカンパニー・Wacom社の轟木保弘氏によるトークセッションが行われ、展示作品について紹介するとともに、実際の作者にも出てきてもらい作品の紹介を行った。また、これらの美術作品の出力を可能とするミマキの3Dプリンタ「3DUJ-553」の概要も紹介。会場内は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなっていた。

京都高島屋で「3Dプリントアクセサリー即売会」12月19日〜25日

 さらに、同社は12月19日から25日まで、3Dプリントのデータ作成を行う(株)ロイスエンタテインメントとの共催により、京都高島屋の8階催し物会場においてウルトラモデラーズをフィーチャーした「3Dプリントアクセサリー即売会」を実施する。イヤーカフスやペンダント、指輪などの3Dプリンタ商品を販売する予定。3Dプリント業界を揺り動かす様々な取り組みを展開する同社の今後に注目したい。

関連記事

最新ニュース

kodak-prosper-plus-imprinting-systems_dp_tn.jpg

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティング...全文を読む

dp_mtjn_xeikon9800_tn.jpg

メディアテクノロジージャパン、ザイコンジャパンと代理店契約締結

2019年2月6日

 (株)メディアテクノロジージャパン(MTJN)は、このほどザイコンジャパン(株)(本社/東京都文京区/星名勧社長)と代理店契約を締結。2019年2月1日から、高品質・高生産性で定評の...全文を読む

大塚商会、「POD Special Day!」2月20日に姫路で初開催

2019年2月5日

 (株)大塚商会は2月20日、兵庫県姫路市にあるホテル日航姫路において、印刷関連業界向けイベント「POD Special Day! In 姫路」を開催する。  同イベントは、新たなビジ...全文を読む

apogeecloud_11_2dp_tn.jpg

アグフア、アポジー・クラウド国内初の月額変動方式を太洋社が採用

2019年2月5日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、クラウドワークフローの最新バージョン「アポジー・クラウド11.0」から利用可能になった新サービス「アポジー・クラウド サブスクリプショ...全文を読む

okami_burubpn_tn.jpg

ブルボン、世界初のVOCレス水性印刷を用いた新商品発売

2019年2月4日

 (株)ブルボン(本社/新潟県柏崎市、吉田康社長)は、(株)シンク・ラボラトリー(本社/千葉県柏市、重田龍男社長)と花王(株)(本社/東京都中央区、澤田道隆社長)と協業し、米菓「三国街...全文を読む

新着トピックス

itstime_dp_tn.jpg

生産ワークフローのプラットフォームを検討する時が来た一般社団法人PODi

2019年2月8日企業・経営

 印刷会社の経営者のほとんどは、業務のコストを削減し、競争力を維持するためには、ソフトウェアが重要であることを理解している。印刷会社が未来に適切に備えるために、また、ワークフローのボト...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 20一般社団法人PODi

2019年1月31日スペシャリスト

 各社のバリア性のフィルムとデータをまとめてみました。ご利用ください。ここにあるデータの数字は、軟包装のビジネスでは、常識的なものとして覚えておく必要があると思います。最新の情報がある...全文を読む

lecture_dp_tn.jpg

ダイレクトメールでのリターゲティングが熱い一般社団法人PODi

2019年1月30日マーケティング

 リターゲティング(一度サイトに来訪したターゲットに購買を促す広告)はもはやデジタルキャンペーンのものだけではない。ウェブサイトで失われた顧客をリターゲティングするために、ダイレクトメ...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • ほとんどの来場者が作品をカメラに納めていたほとんどの来場者が作品をカメラに納めていた
  • 会期中は6本の「ウルトラ!セミナー」が開催された会期中は6本の「ウルトラ!セミナー」が開催された

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラーズ展」に協賛。会期中は500名以上が来場する盛況となった。

 同美術展は、クリエイターに焦点を当てたアート作品を展示する催しとして年始より企画を進めてきたイベント。同社が2台設備する(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による3Dプリントにより出力された、軍艦島のインスタ映えをはるかに超える高さ60cmのカラフルで巨大な作品や全体をクリアインクで造形した作品などの全17作品は見応え抜群で、来場者から高い関心を集めていた。

 また、会場内は照明を落として落ち着いた雰囲気に演出されており、まさに「展示会」というより「美術展」と呼ぶに相応しいものとなっていた。ホタルコーポレーションの福永進本部長は「来場者の皆さんは、ほとんどがスマホやデジカメで作品を撮影しながら1時間以上かけて熱心に見ていただいている」と、その成果について満足げに話していた。

 また、会期2日目と3日目には「ウルトラ!セミナー」と題された6つのセミナーが開催された。11月24日午後1時からは、3DCGアーティストのブレスター和田氏とペンテクノロジーカンパニー・Wacom社の轟木保弘氏によるトークセッションが行われ、展示作品について紹介するとともに、実際の作者にも出てきてもらい作品の紹介を行った。また、これらの美術作品の出力を可能とするミマキの3Dプリンタ「3DUJ-553」の概要も紹介。会場内は立ち見が出るほどの盛況ぶりとなっていた。

京都高島屋で「3Dプリントアクセサリー即売会」12月19日〜25日

 さらに、同社は12月19日から25日まで、3Dプリントのデータ作成を行う(株)ロイスエンタテインメントとの共催により、京都高島屋の8階催し物会場においてウルトラモデラーズをフィーチャーした「3Dプリントアクセサリー即売会」を実施する。イヤーカフスやペンダント、指輪などの3Dプリンタ商品を販売する予定。3Dプリント業界を揺り動かす様々な取り組みを展開する同社の今後に注目したい。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP