キーワードで検索

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」で特別装飾を実施

2018年12月12日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品川」を12月10日に開設した。
Colorado 1640で印刷した壁や床装飾
 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサーであるキヤノンは、大会の開催に向けて、キヤノンMJが運営するショールーム キヤノンプラザS(品川)において大会をイメージした特別装飾を施し、大会を盛り上げていく。会場内の装飾は、UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado1640」で印刷を行っている。

 「Colorado1640」は、新開発の「UVジェルテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現。最高速モードで最速毎時159平米、高品質モードで毎時40平米の高い生産性を実現しているほか、低温でのLED硬化により熱に弱いとされるオフセットコート紙や粘着紙、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応する。また、従来と比較して最大40%のインク使用量の削減を実現しており、ランニングコストの低減にも貢献する。
UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」
 特設スペースには、高さ約1.4m・幅約1mのラグビーボールや大会の公式マスコット「レンジー」を設置。また、無料で撮影、プリントして持ち帰りできるほか、自身のカメラやスマートフォンで一緒に記念撮影をすることもできる。本物の大きさとは異なる巨大ラグビーボールの展示などをSNS映えする写真撮影スポットとして活用できる。
巨大ラグビーボール
 さらにキヤノンMJの本社(品川)と幕張事業所の間を結ぶシャトルバスが「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のデザインで運行している。

  このシャトルバスには、「Colorado1640」で出力したマーキングフィルムで車両に装飾を実施。車両への装飾は、走る広告媒体として今後、活用機会の増加が見込まれており、キヤノンMJは、社有シャトルバスで実証実験を行っている。

関連記事

最新ニュース

dmm_3d_hitachi_dp_tn.jpg

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運...全文を読む

大塚商会、「POD Special 2DAYS! in 関西」に延べ111社・130名

2018年12月7日

 (株)大塚商会は12月4・5日の2日間、プリンティングイノベーションセンター関西(大阪市中央区)において、印刷業界向けイベント「POD Special 2DAYS! in 関西」を開...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

dp_ocecolorwave3700_mfp_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機の新機種発売

2018年11月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、建築・製造・印刷関連企業や官公庁、グラフィック市場向け...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、「デジタル印刷で柱を立てる」2020年に通販サービスで売上20億円へ

2018年12月7日ケーススタディ

 2020年に通販サービスで売上20億円を目指す----。(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)は、この目標達成に向けて設備投資や新たな通販サービスを開設...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づ...全文を読む

kyouritsu_prosper_2_tn.jpg

共立印刷、PROSPER S5 導入事例 - DM700万部を2週間で処理

2018年12月3日ケーススタディ

 共立印刷(株)(本社/東京都板橋区清水町36-1、佐藤尚哉社長)は、KODAK PROSPER S5を合計9台搭載した5ラインのシート搬送印字機で、700万部のDMをわずか2週間で処...全文を読む

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」で特別装飾を実施

2018年12月12日ニュース

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品川」を12月10日に開設した。
Colorado 1640で印刷した壁や床装飾
 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサーであるキヤノンは、大会の開催に向けて、キヤノンMJが運営するショールーム キヤノンプラザS(品川)において大会をイメージした特別装飾を施し、大会を盛り上げていく。会場内の装飾は、UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado1640」で印刷を行っている。

 「Colorado1640」は、新開発の「UVジェルテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現。最高速モードで最速毎時159平米、高品質モードで毎時40平米の高い生産性を実現しているほか、低温でのLED硬化により熱に弱いとされるオフセットコート紙や粘着紙、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応する。また、従来と比較して最大40%のインク使用量の削減を実現しており、ランニングコストの低減にも貢献する。
UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」
 特設スペースには、高さ約1.4m・幅約1mのラグビーボールや大会の公式マスコット「レンジー」を設置。また、無料で撮影、プリントして持ち帰りできるほか、自身のカメラやスマートフォンで一緒に記念撮影をすることもできる。本物の大きさとは異なる巨大ラグビーボールの展示などをSNS映えする写真撮影スポットとして活用できる。
巨大ラグビーボール
 さらにキヤノンMJの本社(品川)と幕張事業所の間を結ぶシャトルバスが「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のデザインで運行している。

  このシャトルバスには、「Colorado1640」で出力したマーキングフィルムで車両に装飾を実施。車両への装飾は、走る広告媒体として今後、活用機会の増加が見込まれており、キヤノンMJは、社有シャトルバスで実証実験を行っている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP