キーワードで検索

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」で特別装飾を実施

2018年12月12日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品川」を12月10日に開設した。
Colorado 1640で印刷した壁や床装飾
 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサーであるキヤノンは、大会の開催に向けて、キヤノンMJが運営するショールーム キヤノンプラザS(品川)において大会をイメージした特別装飾を施し、大会を盛り上げていく。会場内の装飾は、UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado1640」で印刷を行っている。

 「Colorado1640」は、新開発の「UVジェルテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現。最高速モードで最速毎時159平米、高品質モードで毎時40平米の高い生産性を実現しているほか、低温でのLED硬化により熱に弱いとされるオフセットコート紙や粘着紙、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応する。また、従来と比較して最大40%のインク使用量の削減を実現しており、ランニングコストの低減にも貢献する。
UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」
 特設スペースには、高さ約1.4m・幅約1mのラグビーボールや大会の公式マスコット「レンジー」を設置。また、無料で撮影、プリントして持ち帰りできるほか、自身のカメラやスマートフォンで一緒に記念撮影をすることもできる。本物の大きさとは異なる巨大ラグビーボールの展示などをSNS映えする写真撮影スポットとして活用できる。
巨大ラグビーボール
 さらにキヤノンMJの本社(品川)と幕張事業所の間を結ぶシャトルバスが「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のデザインで運行している。

  このシャトルバスには、「Colorado1640」で出力したマーキングフィルムで車両に装飾を実施。車両への装飾は、走る広告媒体として今後、活用機会の増加が見込まれており、キヤノンMJは、社有シャトルバスで実証実験を行っている。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

キヤノンMJ、「キヤノンラグビーパーク in 品川」開設

UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」で特別装飾を実施

2018年12月12日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)は、キヤノンプラザS(品川)内に「ラグビーワールドカップ2019大会」をイメージした特設スペース「キヤノンラグビーパーク in 品川」を12月10日に開設した。
Colorado 1640で印刷した壁や床装飾
 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のオフィシャルスポンサーであるキヤノンは、大会の開催に向けて、キヤノンMJが運営するショールーム キヤノンプラザS(品川)において大会をイメージした特別装飾を施し、大会を盛り上げていく。会場内の装飾は、UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado1640」で印刷を行っている。

 「Colorado1640」は、新開発の「UVジェルテクノロジー」により、高生産性、高画質、幅広いメディア対応を実現。最高速モードで最速毎時159平米、高品質モードで毎時40平米の高い生産性を実現しているほか、低温でのLED硬化により熱に弱いとされるオフセットコート紙や粘着紙、壁紙など幅広いメディアへの出力に対応する。また、従来と比較して最大40%のインク使用量の削減を実現しており、ランニングコストの低減にも貢献する。
UVジェルインク搭載の大判プリンター「Colorado 1640」
 特設スペースには、高さ約1.4m・幅約1mのラグビーボールや大会の公式マスコット「レンジー」を設置。また、無料で撮影、プリントして持ち帰りできるほか、自身のカメラやスマートフォンで一緒に記念撮影をすることもできる。本物の大きさとは異なる巨大ラグビーボールの展示などをSNS映えする写真撮影スポットとして活用できる。
巨大ラグビーボール
 さらにキヤノンMJの本社(品川)と幕張事業所の間を結ぶシャトルバスが「ラグビーワールドカップ2019日本大会」のデザインで運行している。

  このシャトルバスには、「Colorado1640」で出力したマーキングフィルムで車両に装飾を実施。車両への装飾は、走る広告媒体として今後、活用機会の増加が見込まれており、キヤノンMJは、社有シャトルバスで実証実験を行っている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP