キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日ニュース

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運用を開始した。

プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入

 同社が展開する「DMM.make3Dプリントサービス」では、プリンタ本体、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置している。今回、新たに日立物流の流通センター内に生産拠点を置くことでコストを抑え、佐川急便の流通網を用いることで、より迅速な輸送が可能となり、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏への「即納」を実現した。


 同施設では、法人からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることで、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、様々なニーズへの対応が可能になる。

 今後、試験運用期間を経て、より顧客ニーズに適したプリンターの導入、生産設備の拡充を図っていく。

 また、同センターでは保守部品等の3Dデータ管理を行い、必要な時に必要な個数を即納で届ける体制を構築していく予定。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運用を開始した。

プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入

 同社が展開する「DMM.make3Dプリントサービス」では、プリンタ本体、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置している。今回、新たに日立物流の流通センター内に生産拠点を置くことでコストを抑え、佐川急便の流通網を用いることで、より迅速な輸送が可能となり、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏への「即納」を実現した。


 同施設では、法人からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることで、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、様々なニーズへの対応が可能になる。

 今後、試験運用期間を経て、より顧客ニーズに適したプリンターの導入、生産設備の拡充を図っていく。

 また、同センターでは保守部品等の3Dデータ管理を行い、必要な時に必要な個数を即納で届ける体制を構築していく予定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP