キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日ニュース

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運用を開始した。

プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入

 同社が展開する「DMM.make3Dプリントサービス」では、プリンタ本体、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置している。今回、新たに日立物流の流通センター内に生産拠点を置くことでコストを抑え、佐川急便の流通網を用いることで、より迅速な輸送が可能となり、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏への「即納」を実現した。


 同施設では、法人からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることで、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、様々なニーズへの対応が可能になる。

 今後、試験運用期間を経て、より顧客ニーズに適したプリンターの導入、生産設備の拡充を図っていく。

 また、同センターでは保守部品等の3Dデータ管理を行い、必要な時に必要な個数を即納で届ける体制を構築していく予定。

関連記事

最新ニュース

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

mimaki_3dff-222_dp_tn.jpg

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。  同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

富士フイルム、Jet Press 750Sなど主要20製品が「iFデザイン賞」受賞

2019年3月20日

 富士フイルム(株)(助野健児社長)のインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」がiFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)主催の「iFデザイン賞...全文を読む

dp_xeikon_ffgsg_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラ...全文を読む

光文堂、4月23日にザイコンジャパンで「XEIKON9800」内覧会

2019年3月19日

 (株)光文堂(本社/名古屋市中区、讃岐秀昭社長)とザイコンジャパン(株)は4月23日、東京都文京区のザイコンジャパン本社において「XEIKON春の内覧会」を開催し、デジタル菊半裁印刷...全文を読む

新着トピックス

housourensai23_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 23一般社団法人PODi

2019年3月22日スペシャリスト

注目すべき包装のキーワード  注目すべき包装のキーワードをあげてみました。今後さらに注力する分野のひとつに、温暖化防止対応のパッケージがあります。  Sustainable packa...全文を読む

dentsu_japanad2018_1_dp_tn.jpg

2018年日本の広告費、6兆5,300億円で7年連続のプラス成長

2019年3月1日マーケティング

 (株)電通(山本敏博社長)は、日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2018年(平成30年)日本の広告費」を発表した。戦後最長といわれる景気拡大にともない、2018年の日...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 21一般社団法人PODi

2019年2月25日スペシャリスト

 印刷会社は、印刷だけでは利益が出にくい状況です。後加工、ラミネートやスリット加工などの工程までできることが重要です。この辺で包装仕様設計を一度説明したいと思います。包装仕様設計ができ...全文を読む

DMM、日立物流・佐川急便と共同で東京に3Dプリンタの生産拠点開設

2018年12月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 DMM.com(本社/東京都港区)は(株)日立物流、佐川急便(株)と共同で、日立物流京浜物流センター(東京都大田区平和島5-3-2)内に3D造形物の生産拠点を設置し、12月4日から運用を開始した。

プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入

 同社が展開する「DMM.make3Dプリントサービス」では、プリンタ本体、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため、主要な生産拠点を石川県加賀市に設置している。今回、新たに日立物流の流通センター内に生産拠点を置くことでコストを抑え、佐川急便の流通網を用いることで、より迅速な輸送が可能となり、これまで物理的な制約により対応が難しかった首都圏への「即納」を実現した。


 同施設では、法人からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることで、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、様々なニーズへの対応が可能になる。

 今後、試験運用期間を経て、より顧客ニーズに適したプリンターの導入、生産設備の拡充を図っていく。

 また、同センターでは保守部品等の3Dデータ管理を行い、必要な時に必要な個数を即納で届ける体制を構築していく予定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP