キーワードで検索

TCT Japan 2019、3Dプリンティング&AM技術の総合展が国内初上陸

2019年1月21日ニュース

 国内初上陸となる3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2019」が1月30日から2月1日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。

 TCT Japanは、2015年からJTBコミュニケーションデザイン(以下「JCD」)が開催してきた3Dプリンティング技術の専門展「3D Printing」をリブランドしたもの。世界最大級の3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリング(AM)技術に関する展示会・カンファレンス「TCT」を主催するRapid News Publications Ltd(以下「RNP」)との共催のもと、RNPが展開する同ブランドとして国内で初の開催となる。

 今回は過去最大規模となる世界8ヵ国・地域から、世界市場をリードするキープレーヤを含んだ96社(202小間)が出展。世界初の技術や国内初披露を含む最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューションを披露する。

 2021年には2兆円を超える世界市場と予測されるAM技術は、自動車・航空宇宙・医療から、建築や防衛に至るあらゆる分野における新価値創造、製造プロセスの加速化・最適化を図るために必要不可欠な技術へと変革を遂げている。

一方で、この変革を成し遂げるためには、3Dプリンター(AM機器)のみならず材料・分析・加工サービスを含むサプライチェーンをも巻き込んだグローバルなエコシステム構築・人材育成が急務である。

 同展では、国内外有識者・エンドユーザーによる最新の技術/市場動向、標準化・事業化、応用事例を発信する「TCT Japan Conference」を同時開催することで、3Dプリンティング/AM技術の価値を最大化するためのすべての情報を得ることができる。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

TCT Japan 2019、3Dプリンティング&AM技術の総合展が国内初上陸

2019年1月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 国内初上陸となる3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2019」が1月30日から2月1日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。

 TCT Japanは、2015年からJTBコミュニケーションデザイン(以下「JCD」)が開催してきた3Dプリンティング技術の専門展「3D Printing」をリブランドしたもの。世界最大級の3Dプリンティング/アディティブマニュファクチャリング(AM)技術に関する展示会・カンファレンス「TCT」を主催するRapid News Publications Ltd(以下「RNP」)との共催のもと、RNPが展開する同ブランドとして国内で初の開催となる。

 今回は過去最大規模となる世界8ヵ国・地域から、世界市場をリードするキープレーヤを含んだ96社(202小間)が出展。世界初の技術や国内初披露を含む最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューションを披露する。

 2021年には2兆円を超える世界市場と予測されるAM技術は、自動車・航空宇宙・医療から、建築や防衛に至るあらゆる分野における新価値創造、製造プロセスの加速化・最適化を図るために必要不可欠な技術へと変革を遂げている。

一方で、この変革を成し遂げるためには、3Dプリンター(AM機器)のみならず材料・分析・加工サービスを含むサプライチェーンをも巻き込んだグローバルなエコシステム構築・人材育成が急務である。

 同展では、国内外有識者・エンドユーザーによる最新の技術/市場動向、標準化・事業化、応用事例を発信する「TCT Japan Conference」を同時開催することで、3Dプリンティング/AM技術の価値を最大化するためのすべての情報を得ることができる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP