キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、自動品質最適化ユニット「 IQ- 501」に新機能

コニカミノルタ、自動品質最適化ユニット「 IQ- 501」に新機能

自動リカバリー印刷機能を備えた「自動検品システム」発売

2019年1月24日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、業界初の自動リカバリー印刷機能を備えた「自動検品システム」を2月6日に発売する。

 同システムは、2017年夏の発売以来高い評価を獲得している自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ- 501」に新機能として搭載され、不適合品の自動選別と自動リカバリーを実現する。
新機能「自動検品システム」が追加されたIQ-501
 従来のオフラインで行われる印刷物の検品では、印刷終了後に目視で全数チェックして不適合品を取り除き、取り除いた不足分を追加印刷する必要があった。また、デジタル印刷で冊子単位の印刷をする場合、該当ページの差し替えが必要となり、検品から再印刷の工程で多くの手間と時間がかかっていた。

 新たに搭載された新機能「自動検品システム」は、インラインで不適合品を自動検出し排出するだけでなく、不適合品の自動リカバリー印刷まで簡単に実行でき、オペレーターのスキルレベルに寄らず検品作業の負荷を低減し、ワークフローを改善する。これにより、印刷現場での生産性向上とオペレーションの省人化、コスト削減を図ることができ、印刷会社の利益向上に貢献する。

 同システムでは、検品時に読み取ったスキャン画像とともに、欠陥の位置、レベル、および、その履歴を表示する「検品レポート」機能を備え、簡単に印刷結果を確認することができる。この機能は、工程管理ツールとして有用なだけでなく、印刷クライアントに対しても高い印刷品質であることを訴求でき、印刷会社のさらなる信頼度向上にも寄与する。

関連記事

最新ニュース

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

dp_tp520hd_itl_tn.jpg

SCREEN GA、米国調査機関が「Truepress Jet520HD」の印刷品質を高く評価

2019年7月1日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズが開発した、ロール式高速インクジェット印刷機のフラッグシップモデル「Truepress Jet520HD」がこのほど、画像品質の調査・サ...全文を読む

dp_epson_eco_tn.jpg

エプソン、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタート

2019年7月1日

 エプソンは7月1日より、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタートさせた。同プロジェクトは、水をほとんど使わずに新たな紙を再生する乾式オフィス製紙機「PaperLab」と低消費電力を特...全文を読む

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

コニカミノルタ、自動品質最適化ユニット「 IQ- 501」に新機能

自動リカバリー印刷機能を備えた「自動検品システム」発売

2019年1月24日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、業界初の自動リカバリー印刷機能を備えた「自動検品システム」を2月6日に発売する。

 同システムは、2017年夏の発売以来高い評価を獲得している自動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ- 501」に新機能として搭載され、不適合品の自動選別と自動リカバリーを実現する。
新機能「自動検品システム」が追加されたIQ-501
 従来のオフラインで行われる印刷物の検品では、印刷終了後に目視で全数チェックして不適合品を取り除き、取り除いた不足分を追加印刷する必要があった。また、デジタル印刷で冊子単位の印刷をする場合、該当ページの差し替えが必要となり、検品から再印刷の工程で多くの手間と時間がかかっていた。

 新たに搭載された新機能「自動検品システム」は、インラインで不適合品を自動検出し排出するだけでなく、不適合品の自動リカバリー印刷まで簡単に実行でき、オペレーターのスキルレベルに寄らず検品作業の負荷を低減し、ワークフローを改善する。これにより、印刷現場での生産性向上とオペレーションの省人化、コスト削減を図ることができ、印刷会社の利益向上に貢献する。

 同システムでは、検品時に読み取ったスキャン画像とともに、欠陥の位置、レベル、および、その履歴を表示する「検品レポート」機能を備え、簡単に印刷結果を確認することができる。この機能は、工程管理ツールとして有用なだけでなく、印刷クライアントに対しても高い印刷品質であることを訴求でき、印刷会社のさらなる信頼度向上にも寄与する。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP