キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイ...

ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」が日本で稼働開始

アジアパシフィック1号機を帆風に納入

2019年2月20日ニュース

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)は、(株)帆風(本社/東京都新宿区、犬養新嗣社長)に、アジアパシフィック初となるハイデルベルグ4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を納入した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社がdrupa2016で発表したデジタル印刷機の製品ポートフォリオ、ファイア(Fire)ブランドのひとつで、最新のインクジェット技術と精密なロボット技術を融合して開発。ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することができる。

 帆風は、BtoBビジネスやWeb to Printに限らず、都内に10店舗を展開し、「Vanfu」ブランドで一般消費者に向けてさまざまなサービスを提供している。紙媒体に限らず、Tシャツや、トートバッグなどのパーソナライズサービスもそのひとつで、今回のオムニファイア250の導入により、既存のパーソナライズサービスをさらに拡大することとなる。

 具体的には、フルカラーで1個から創れるボールプリントサービス「MyBo+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービス提供を開始。同サービスは、プリントしたいデータを既成のボールに直接プリントするため、顧客のオリジナルデータを自由自在に表現することができる。1個からでもオーダーすることが可能なため、卒業、優勝、誕生日、結婚、開店など、贈る人の「想い」を伝える特別なシーンにその価値を提供することができる。また、これまで不可能であったサッカーボールの縫い目やボールの凹凸も、その形状に合わせて最適にプリントされるため自然な仕上がりになる。

関連記事

最新ニュース

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

mimaki_3dff-222_dp_tn.jpg

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。  同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

富士フイルム、Jet Press 750Sなど主要20製品が「iFデザイン賞」受賞

2019年3月20日

 富士フイルム(株)(助野健児社長)のインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」がiFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)主催の「iFデザイン賞...全文を読む

dp_xeikon_ffgsg_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラ...全文を読む

光文堂、4月23日にザイコンジャパンで「XEIKON9800」内覧会

2019年3月19日

 (株)光文堂(本社/名古屋市中区、讃岐秀昭社長)とザイコンジャパン(株)は4月23日、東京都文京区のザイコンジャパン本社において「XEIKON春の内覧会」を開催し、デジタル菊半裁印刷...全文を読む

新着トピックス

housourensai23_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 23一般社団法人PODi

2019年3月22日スペシャリスト

注目すべき包装のキーワード  注目すべき包装のキーワードをあげてみました。今後さらに注力する分野のひとつに、温暖化防止対応のパッケージがあります。  Sustainable packa...全文を読む

dentsu_japanad2018_1_dp_tn.jpg

2018年日本の広告費、6兆5,300億円で7年連続のプラス成長

2019年3月1日マーケティング

 (株)電通(山本敏博社長)は、日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2018年(平成30年)日本の広告費」を発表した。戦後最長といわれる景気拡大にともない、2018年の日...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 21一般社団法人PODi

2019年2月25日スペシャリスト

 印刷会社は、印刷だけでは利益が出にくい状況です。後加工、ラミネートやスリット加工などの工程までできることが重要です。この辺で包装仕様設計を一度説明したいと思います。包装仕様設計ができ...全文を読む

ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」が日本で稼働開始

アジアパシフィック1号機を帆風に納入

2019年2月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • オムニファイア250オムニファイア250
  • 新サービスサイト「MyBO+(マイボプラス)」新サービスサイト「MyBO+(マイボプラス)」

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)は、(株)帆風(本社/東京都新宿区、犬養新嗣社長)に、アジアパシフィック初となるハイデルベルグ4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を納入した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社がdrupa2016で発表したデジタル印刷機の製品ポートフォリオ、ファイア(Fire)ブランドのひとつで、最新のインクジェット技術と精密なロボット技術を融合して開発。ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することができる。

 帆風は、BtoBビジネスやWeb to Printに限らず、都内に10店舗を展開し、「Vanfu」ブランドで一般消費者に向けてさまざまなサービスを提供している。紙媒体に限らず、Tシャツや、トートバッグなどのパーソナライズサービスもそのひとつで、今回のオムニファイア250の導入により、既存のパーソナライズサービスをさらに拡大することとなる。

 具体的には、フルカラーで1個から創れるボールプリントサービス「MyBo+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービス提供を開始。同サービスは、プリントしたいデータを既成のボールに直接プリントするため、顧客のオリジナルデータを自由自在に表現することができる。1個からでもオーダーすることが可能なため、卒業、優勝、誕生日、結婚、開店など、贈る人の「想い」を伝える特別なシーンにその価値を提供することができる。また、これまで不可能であったサッカーボールの縫い目やボールの凹凸も、その形状に合わせて最適にプリントされるため自然な仕上がりになる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP