キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイ...

ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」が日本で稼働開始

アジアパシフィック1号機を帆風に納入

2019年2月20日ニュース

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)は、(株)帆風(本社/東京都新宿区、犬養新嗣社長)に、アジアパシフィック初となるハイデルベルグ4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を納入した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社がdrupa2016で発表したデジタル印刷機の製品ポートフォリオ、ファイア(Fire)ブランドのひとつで、最新のインクジェット技術と精密なロボット技術を融合して開発。ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することができる。

 帆風は、BtoBビジネスやWeb to Printに限らず、都内に10店舗を展開し、「Vanfu」ブランドで一般消費者に向けてさまざまなサービスを提供している。紙媒体に限らず、Tシャツや、トートバッグなどのパーソナライズサービスもそのひとつで、今回のオムニファイア250の導入により、既存のパーソナライズサービスをさらに拡大することとなる。

 具体的には、フルカラーで1個から創れるボールプリントサービス「MyBo+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービス提供を開始。同サービスは、プリントしたいデータを既成のボールに直接プリントするため、顧客のオリジナルデータを自由自在に表現することができる。1個からでもオーダーすることが可能なため、卒業、優勝、誕生日、結婚、開店など、贈る人の「想い」を伝える特別なシーンにその価値を提供することができる。また、これまで不可能であったサッカーボールの縫い目やボールの凹凸も、その形状に合わせて最適にプリントされるため自然な仕上がりになる。

関連記事

最新ニュース

screenga_blueink_dp_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UV+」向けブルーインク開発

2019年5月14日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ラベル用デジタル印刷機のハイエンドモデルである「Truepress Jet L350UV+」に新たに搭載するブルーインクを開発。6月...全文を読む

dp_ip_c910_tn.jpg

キヤノン、imagePRESSシリーズの新製品4機種を発売

2019年5月14日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として「imagePRESS C910/C810/C660/C660CA」の4機種を20...全文を読む

dp_pod_hirosima_tn.jpg

大塚商会、5月22日開催の「POD Special 1Day! in 広島」のイベント概要が決定

2019年5月14日

 (株)大塚商会が5月22日にリコージャパン・広島八丁堀事業所(広島支社)において開催する印刷業界向けイベント「POD Special 1Day! in 広島」の開催概要が決定した。 ...全文を読む

fujixerox_osaka_2019_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、大阪で「リスクマネジメント」テーマに経営革新セミナー開催

2019年5月10日

 富士ゼロックス(株)は5月24日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において「経営革新セミナー2019 Spring〜リスクマネ...全文を読む

dp_tosyo_tn.jpg

日本文芸社と図書印刷、高速デジタル印刷機を活用したコミックスの小ロット製造開始

2019年5月8日

 (株)日本文芸社(本社/東京都千代田区、中村誠社長)は、図書印刷(株)(本社/東京都北区、川田和照社長)と連携し、小ロット重版の対応を開始した。  今回の連携は、長編作品やシリーズ作...全文を読む

新着トピックス

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2019年4月23日製品・テクノロジー

高速・高性能・作業性を追求  日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、「世界中のラミネーターのノウハウをお届けします」を合言葉に、ロール式ラミネ...全文を読む

syohokulami_jetpress540wv_tn.jpg

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

2019年4月18日ケーススタディ

 昭北ラミネート工業(株)(本社/富山県富山市飯野1-1)は、医薬品メーカーの多い富山県で1903年に創業してから115年もの長きにわたり、薬の品質が変わらないよう保護して利用者(患者...全文を読む

ハイデルベルグ・ジャパン、4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」が日本で稼働開始

アジアパシフィック1号機を帆風に納入

2019年2月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • オムニファイア250オムニファイア250
  • 新サービスサイト「MyBO+(マイボプラス)」新サービスサイト「MyBO+(マイボプラス)」

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)は、(株)帆風(本社/東京都新宿区、犬養新嗣社長)に、アジアパシフィック初となるハイデルベルグ4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を納入した。

 3次元オブジェクトに対応した4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」は、ハイデルベルグ社がdrupa2016で発表したデジタル印刷機の製品ポートフォリオ、ファイア(Fire)ブランドのひとつで、最新のインクジェット技術と精密なロボット技術を融合して開発。ハイデルベルグ社の独創的な4D印刷技術を利用して、立体形状のあらゆるオブジェクトへの印刷を実現する。様々な形状、大きさ、素材の立体物に360度の加飾が行え、顧客のニーズにあわせて柔軟にカスタマイズが可能。これによりサッカーボールやペットボトルなど、大量生産される消費財にパーソナライズ印刷することができる。

 帆風は、BtoBビジネスやWeb to Printに限らず、都内に10店舗を展開し、「Vanfu」ブランドで一般消費者に向けてさまざまなサービスを提供している。紙媒体に限らず、Tシャツや、トートバッグなどのパーソナライズサービスもそのひとつで、今回のオムニファイア250の導入により、既存のパーソナライズサービスをさらに拡大することとなる。

 具体的には、フルカラーで1個から創れるボールプリントサービス「MyBo+(マイボプラス)」を立ち上げ、サービス提供を開始。同サービスは、プリントしたいデータを既成のボールに直接プリントするため、顧客のオリジナルデータを自由自在に表現することができる。1個からでもオーダーすることが可能なため、卒業、優勝、誕生日、結婚、開店など、贈る人の「想い」を伝える特別なシーンにその価値を提供することができる。また、これまで不可能であったサッカーボールの縫い目やボールの凹凸も、その形状に合わせて最適にプリントされるため自然な仕上がりになる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP