キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で...

OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で提携

今年4月よりOKIデータ製大判2機種と消耗品をミマキエンジニアリングが販売

2019年3月6日ニュース

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)と(株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は3月5日、東京ビッグサイト・会議棟においてプレスカンファレンスを開き、OKIデータ製大判インクジェットプリンターの国内販売強化のために提携することで合意したことを発表した。今回の合意により、OKIデータ製大判インクジェットプリンターおよびインクなど消耗品の国内販売は、2019年4月1日から、国内に強固な販売網を持つミマキエンジニアリングが行うこととなる。

 プレスカンファレンスには、OKIデータの伊藤浩常務取締役とミマキエンジニアリングの池田社長が出席。その席上、伊藤常務は「ミマキエンジニアリングは、大判プリンター分野において圧倒的な販売力とサポート体制を有している。その強みを活用して大判プリンターをはじめするインダストリー向け製品の拡販を図ってきたい」と、また、ミマキエンジニアリングの池田社長は、「今回の提携により、1.6m幅と2.6m幅の製品ラインアップを拡充できる。今後は、全国に設置した16のサービス拠点を駆使し、OKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種を販売していく」と今回の提携のメリットについて説明した。
伊藤常務(左)と池田社長
 今回の提携対象商品は、高速かつ高濃度での印刷が可能なOKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種「ColorPainter H3-104s」「ColorPainter M-64s」と、同機種に対応したインクなど消耗品および、OKIデータがこれまでに販売したOKIデータ製大判インクジェットプリンター用インクなど消耗品。4月1日より、ミマキエンジニアリングが販売と、ミマキエンジニアリングが販売したOKI製大判インクジェットプリンターの保守を開始する。また、OKIデータから購入した製品の保守サービスについては、引き続きOKIデータが対応していく。
ColorPainter M-64s
 なお、ミマキエンジニアリングでは、3月5日から東京ビッグサイトで開催されている「JAPAN SHOP 2019」において「ColorPainter M-64s」を展示している(小間番号JS4426)。

関連記事

最新ニュース

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

mimaki_3dff-222_dp_tn.jpg

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。  同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

富士フイルム、Jet Press 750Sなど主要20製品が「iFデザイン賞」受賞

2019年3月20日

 富士フイルム(株)(助野健児社長)のインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」がiFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)主催の「iFデザイン賞...全文を読む

dp_xeikon_ffgsg_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラ...全文を読む

光文堂、4月23日にザイコンジャパンで「XEIKON9800」内覧会

2019年3月19日

 (株)光文堂(本社/名古屋市中区、讃岐秀昭社長)とザイコンジャパン(株)は4月23日、東京都文京区のザイコンジャパン本社において「XEIKON春の内覧会」を開催し、デジタル菊半裁印刷...全文を読む

新着トピックス

housourensai23_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 23一般社団法人PODi

2019年3月22日スペシャリスト

注目すべき包装のキーワード  注目すべき包装のキーワードをあげてみました。今後さらに注力する分野のひとつに、温暖化防止対応のパッケージがあります。  Sustainable packa...全文を読む

dentsu_japanad2018_1_dp_tn.jpg

2018年日本の広告費、6兆5,300億円で7年連続のプラス成長

2019年3月1日マーケティング

 (株)電通(山本敏博社長)は、日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2018年(平成30年)日本の広告費」を発表した。戦後最長といわれる景気拡大にともない、2018年の日...全文を読む

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 21一般社団法人PODi

2019年2月25日スペシャリスト

 印刷会社は、印刷だけでは利益が出にくい状況です。後加工、ラミネートやスリット加工などの工程までできることが重要です。この辺で包装仕様設計を一度説明したいと思います。包装仕様設計ができ...全文を読む

OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で提携

今年4月よりOKIデータ製大判2機種と消耗品をミマキエンジニアリングが販売

2019年3月6日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)と(株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は3月5日、東京ビッグサイト・会議棟においてプレスカンファレンスを開き、OKIデータ製大判インクジェットプリンターの国内販売強化のために提携することで合意したことを発表した。今回の合意により、OKIデータ製大判インクジェットプリンターおよびインクなど消耗品の国内販売は、2019年4月1日から、国内に強固な販売網を持つミマキエンジニアリングが行うこととなる。

 プレスカンファレンスには、OKIデータの伊藤浩常務取締役とミマキエンジニアリングの池田社長が出席。その席上、伊藤常務は「ミマキエンジニアリングは、大判プリンター分野において圧倒的な販売力とサポート体制を有している。その強みを活用して大判プリンターをはじめするインダストリー向け製品の拡販を図ってきたい」と、また、ミマキエンジニアリングの池田社長は、「今回の提携により、1.6m幅と2.6m幅の製品ラインアップを拡充できる。今後は、全国に設置した16のサービス拠点を駆使し、OKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種を販売していく」と今回の提携のメリットについて説明した。
伊藤常務(左)と池田社長
 今回の提携対象商品は、高速かつ高濃度での印刷が可能なOKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種「ColorPainter H3-104s」「ColorPainter M-64s」と、同機種に対応したインクなど消耗品および、OKIデータがこれまでに販売したOKIデータ製大判インクジェットプリンター用インクなど消耗品。4月1日より、ミマキエンジニアリングが販売と、ミマキエンジニアリングが販売したOKI製大判インクジェットプリンターの保守を開始する。また、OKIデータから購入した製品の保守サービスについては、引き続きOKIデータが対応していく。
ColorPainter M-64s
 なお、ミマキエンジニアリングでは、3月5日から東京ビッグサイトで開催されている「JAPAN SHOP 2019」において「ColorPainter M-64s」を展示している(小間番号JS4426)。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP