キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で...

OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で提携

今年4月よりOKIデータ製大判2機種と消耗品をミマキエンジニアリングが販売

2019年3月6日ニュース

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)と(株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は3月5日、東京ビッグサイト・会議棟においてプレスカンファレンスを開き、OKIデータ製大判インクジェットプリンターの国内販売強化のために提携することで合意したことを発表した。今回の合意により、OKIデータ製大判インクジェットプリンターおよびインクなど消耗品の国内販売は、2019年4月1日から、国内に強固な販売網を持つミマキエンジニアリングが行うこととなる。

 プレスカンファレンスには、OKIデータの伊藤浩常務取締役とミマキエンジニアリングの池田社長が出席。その席上、伊藤常務は「ミマキエンジニアリングは、大判プリンター分野において圧倒的な販売力とサポート体制を有している。その強みを活用して大判プリンターをはじめするインダストリー向け製品の拡販を図ってきたい」と、また、ミマキエンジニアリングの池田社長は、「今回の提携により、1.6m幅と2.6m幅の製品ラインアップを拡充できる。今後は、全国に設置した16のサービス拠点を駆使し、OKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種を販売していく」と今回の提携のメリットについて説明した。
伊藤常務(左)と池田社長
 今回の提携対象商品は、高速かつ高濃度での印刷が可能なOKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種「ColorPainter H3-104s」「ColorPainter M-64s」と、同機種に対応したインクなど消耗品および、OKIデータがこれまでに販売したOKIデータ製大判インクジェットプリンター用インクなど消耗品。4月1日より、ミマキエンジニアリングが販売と、ミマキエンジニアリングが販売したOKI製大判インクジェットプリンターの保守を開始する。また、OKIデータから購入した製品の保守サービスについては、引き続きOKIデータが対応していく。
ColorPainter M-64s
 なお、ミマキエンジニアリングでは、3月5日から東京ビッグサイトで開催されている「JAPAN SHOP 2019」において「ColorPainter M-64s」を展示している(小間番号JS4426)。

関連記事

最新ニュース

screenga_blueink_dp_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UV+」向けブルーインク開発

2019年5月14日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ラベル用デジタル印刷機のハイエンドモデルである「Truepress Jet L350UV+」に新たに搭載するブルーインクを開発。6月...全文を読む

dp_ip_c910_tn.jpg

キヤノン、imagePRESSシリーズの新製品4機種を発売

2019年5月14日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として「imagePRESS C910/C810/C660/C660CA」の4機種を20...全文を読む

dp_pod_hirosima_tn.jpg

大塚商会、5月22日開催の「POD Special 1Day! in 広島」のイベント概要が決定

2019年5月14日

 (株)大塚商会が5月22日にリコージャパン・広島八丁堀事業所(広島支社)において開催する印刷業界向けイベント「POD Special 1Day! in 広島」の開催概要が決定した。 ...全文を読む

fujixerox_osaka_2019_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、大阪で「リスクマネジメント」テーマに経営革新セミナー開催

2019年5月10日

 富士ゼロックス(株)は5月24日、Document CORE Osaka(大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル1F)において「経営革新セミナー2019 Spring〜リスクマネ...全文を読む

dp_tosyo_tn.jpg

日本文芸社と図書印刷、高速デジタル印刷機を活用したコミックスの小ロット製造開始

2019年5月8日

 (株)日本文芸社(本社/東京都千代田区、中村誠社長)は、図書印刷(株)(本社/東京都北区、川田和照社長)と連携し、小ロット重版の対応を開始した。  今回の連携は、長編作品やシリーズ作...全文を読む

新着トピックス

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2019年4月23日製品・テクノロジー

高速・高性能・作業性を追求  日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、「世界中のラミネーターのノウハウをお届けします」を合言葉に、ロール式ラミネ...全文を読む

syohokulami_jetpress540wv_tn.jpg

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

2019年4月18日ケーススタディ

 昭北ラミネート工業(株)(本社/富山県富山市飯野1-1)は、医薬品メーカーの多い富山県で1903年に創業してから115年もの長きにわたり、薬の品質が変わらないよう保護して利用者(患者...全文を読む

OKIデータとミマキ、大判インクジェットプリンターの国内販売強化で提携

今年4月よりOKIデータ製大判2機種と消耗品をミマキエンジニアリングが販売

2019年3月6日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)と(株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は3月5日、東京ビッグサイト・会議棟においてプレスカンファレンスを開き、OKIデータ製大判インクジェットプリンターの国内販売強化のために提携することで合意したことを発表した。今回の合意により、OKIデータ製大判インクジェットプリンターおよびインクなど消耗品の国内販売は、2019年4月1日から、国内に強固な販売網を持つミマキエンジニアリングが行うこととなる。

 プレスカンファレンスには、OKIデータの伊藤浩常務取締役とミマキエンジニアリングの池田社長が出席。その席上、伊藤常務は「ミマキエンジニアリングは、大判プリンター分野において圧倒的な販売力とサポート体制を有している。その強みを活用して大判プリンターをはじめするインダストリー向け製品の拡販を図ってきたい」と、また、ミマキエンジニアリングの池田社長は、「今回の提携により、1.6m幅と2.6m幅の製品ラインアップを拡充できる。今後は、全国に設置した16のサービス拠点を駆使し、OKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種を販売していく」と今回の提携のメリットについて説明した。
伊藤常務(左)と池田社長
 今回の提携対象商品は、高速かつ高濃度での印刷が可能なOKIデータ製大判インクジェットプリンター2機種「ColorPainter H3-104s」「ColorPainter M-64s」と、同機種に対応したインクなど消耗品および、OKIデータがこれまでに販売したOKIデータ製大判インクジェットプリンター用インクなど消耗品。4月1日より、ミマキエンジニアリングが販売と、ミマキエンジニアリングが販売したOKI製大判インクジェットプリンターの保守を開始する。また、OKIデータから購入した製品の保守サービスについては、引き続きOKIデータが対応していく。
ColorPainter M-64s
 なお、ミマキエンジニアリングでは、3月5日から東京ビッグサイトで開催されている「JAPAN SHOP 2019」において「ColorPainter M-64s」を展示している(小間番号JS4426)。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP