キーワードで検索

富士フイルム、毎時3,600枚の高速出力モデル「Jet Press 750S」発売

最大用紙サイズも750×585ミリに拡大

2019年3月14日ニュース

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、商業印刷向けインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの新ラインアップ「Jet Press 750S」の日本国内における販売を、富士フイルムデジタルプレス(株)(麻生修司社長)を通じて開始した。
Jet Press 750S
 「Jet Press 750S」は、オフセット印刷を凌駕する高画質を実現し、国内外で高い評価を得ている「Jet Press 720S」の特長はそのままに、用紙サイズの拡大や最新のプリントヘッドとインクの採用により、毎時3,600枚という高速出力を可能とした新たなフラッグシップモデル。まずは国内から販売を開始し、順次海外でも展開していく。価格は2億円(税別)。

 同社は、2011年にインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズを、世界の商業印刷市場向けに提供を開始。2014年に発売した「Jet Press 720S」は、菊半サイズ(最大用紙サイズ:750×532ミリ)用紙に1回の走査で描画するシングルパス方式での高速印刷で、毎時2,700枚(A4換算で毎分180枚)という高い生産性を発揮する革新的なデジタルプレスである。プリントヘッドには高精度で安定した吐出を実現する「SAMBA」ヘッド、インクは広色域の水性顔料インク「VIVIDIA」を使用し、用紙上での打滴のにじみを抑える「Rapic(ラピック)技術」により、さまざまな印刷用紙にシャープで階調豊かな画像を描出する。「Jet Press」シリーズは、日本・欧米を中心に導入が進み、これまでに世界で累計150台以上の導入実績がある。

 今回発売する「Jet Press 750S」は、「720S」の優れた基本性能を継承しながら、最新の独自技術を採り入れることにより、生産性をさらに向上させている。プリントヘッドの打滴速度を高速化させ、さらにインク吐出量の制御を高精度化し、新たな乾燥機構の採用によって毎時3,600枚(「720S」のべ1.3倍)という高速出力を実現。最大用紙サイズを750×585ミリに拡大したことで、日本や欧米でとくに需要の高いB5サイズやレターサイズの6面付けが可能になった。加えて、画像部を全面スキャンする方式を採用した描画品質検査機能(インラインセンサー)を新たに採用。出力後の検品・仕分け工数を削減する。

 また、印刷用紙をベルトコンベアに密着させて直接熱を与える新たな乾燥機構により消費電力を約20%削減。乾燥装置本体の全長が従来機に比べ70センチ短縮したため、設置面積も約15%削減し、省スペース化を実現している。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

富士フイルム、毎時3,600枚の高速出力モデル「Jet Press 750S」発売

最大用紙サイズも750×585ミリに拡大

2019年3月14日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、商業印刷向けインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズの新ラインアップ「Jet Press 750S」の日本国内における販売を、富士フイルムデジタルプレス(株)(麻生修司社長)を通じて開始した。
Jet Press 750S
 「Jet Press 750S」は、オフセット印刷を凌駕する高画質を実現し、国内外で高い評価を得ている「Jet Press 720S」の特長はそのままに、用紙サイズの拡大や最新のプリントヘッドとインクの採用により、毎時3,600枚という高速出力を可能とした新たなフラッグシップモデル。まずは国内から販売を開始し、順次海外でも展開していく。価格は2億円(税別)。

 同社は、2011年にインクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズを、世界の商業印刷市場向けに提供を開始。2014年に発売した「Jet Press 720S」は、菊半サイズ(最大用紙サイズ:750×532ミリ)用紙に1回の走査で描画するシングルパス方式での高速印刷で、毎時2,700枚(A4換算で毎分180枚)という高い生産性を発揮する革新的なデジタルプレスである。プリントヘッドには高精度で安定した吐出を実現する「SAMBA」ヘッド、インクは広色域の水性顔料インク「VIVIDIA」を使用し、用紙上での打滴のにじみを抑える「Rapic(ラピック)技術」により、さまざまな印刷用紙にシャープで階調豊かな画像を描出する。「Jet Press」シリーズは、日本・欧米を中心に導入が進み、これまでに世界で累計150台以上の導入実績がある。

 今回発売する「Jet Press 750S」は、「720S」の優れた基本性能を継承しながら、最新の独自技術を採り入れることにより、生産性をさらに向上させている。プリントヘッドの打滴速度を高速化させ、さらにインク吐出量の制御を高精度化し、新たな乾燥機構の採用によって毎時3,600枚(「720S」のべ1.3倍)という高速出力を実現。最大用紙サイズを750×585ミリに拡大したことで、日本や欧米でとくに需要の高いB5サイズやレターサイズの6面付けが可能になった。加えて、画像部を全面スキャンする方式を採用した描画品質検査機能(インラインセンサー)を新たに採用。出力後の検品・仕分け工数を削減する。

 また、印刷用紙をベルトコンベアに密着させて直接熱を与える新たな乾燥機構により消費電力を約20%削減。乾燥装置本体の全長が従来機に比べ70センチ短縮したため、設置面積も約15%削減し、省スペース化を実現している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP