キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタ...

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日ニュース

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラベルデジタル印刷機の国内販売を開始したことを発表した。
会見には両社の経営陣が出席
 会見には、FFGSGの加藤社長のほか、XEIKON社のBenoit Chatelard CEO、Mark Brussel CFO、そしてザイコンジャパン(株)の星名勧社長が出席。

 その席上、加藤社長は「これまで国内のシール・ラベル市場向け製品としてトレリーフなどの樹脂版を販売してきたが、小ロット・短納期対応やバリアブル印刷への要望には十分に対応することができなかった」とシール・ラベル分野向けの製品ラインアップにおける同社の課題について言及した上で「新たにXEIKON社製デジタル印刷機をラインアップに加え、これまで以上に顧客の課題に合わせたソリューションを提供するために高品質で信頼性の高いXEIKON社との代理店契約を締結し、販売することとなった」と、XEIKON社製品の販売契約に至った経緯について説明した。

 また、Benoit CEOは「今年はアジア市場、とくに日本と中国に注力していく。日本市場で成功するためには強力なアライアンスパートナーが必要であり、それがFFGSグラフィックサプライである。今回の協業を契機に日本の人材、インフラ、そしてアライアンスに投資していく。その両社の持つナレッジや顧客との強いパイプは、ラベル市場のデジタル化に貢献していけると確信している」と強いパートナーシップで、日本のシール・ラベル業界のデジタル化を支援していく考えを示した。
会見後には「XEIKON 3300」の実機見学も行われた
 なお、FFGSGが販売するのは、シール・ラベル市場向け片面機のXEIKON CXシリーズおよび3000シリーズ。XEIKON CXシリーズは、最大印刷速度30m/minの高速モデル。また、XEIKON 3000シリーズは、最大印刷速度9.6m/minのエントリーモデルから19.2m/minまでのミドルレンジモデルで構成されている。

関連記事

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

オセ、2020年1月1日より社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更

2019年10月3日

 キヤノングループのオセホールディングB.V.(以下「オセ」)は、2020年1月1日より、社名(商号)を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更する。  オセは、2010年にキヤ...全文を読む

dp_ns40_b_tn.jpg

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

2019年10月3日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。 ...全文を読む

新着トピックス

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラベルデジタル印刷機の国内販売を開始したことを発表した。
会見には両社の経営陣が出席
 会見には、FFGSGの加藤社長のほか、XEIKON社のBenoit Chatelard CEO、Mark Brussel CFO、そしてザイコンジャパン(株)の星名勧社長が出席。

 その席上、加藤社長は「これまで国内のシール・ラベル市場向け製品としてトレリーフなどの樹脂版を販売してきたが、小ロット・短納期対応やバリアブル印刷への要望には十分に対応することができなかった」とシール・ラベル分野向けの製品ラインアップにおける同社の課題について言及した上で「新たにXEIKON社製デジタル印刷機をラインアップに加え、これまで以上に顧客の課題に合わせたソリューションを提供するために高品質で信頼性の高いXEIKON社との代理店契約を締結し、販売することとなった」と、XEIKON社製品の販売契約に至った経緯について説明した。

 また、Benoit CEOは「今年はアジア市場、とくに日本と中国に注力していく。日本市場で成功するためには強力なアライアンスパートナーが必要であり、それがFFGSグラフィックサプライである。今回の協業を契機に日本の人材、インフラ、そしてアライアンスに投資していく。その両社の持つナレッジや顧客との強いパイプは、ラベル市場のデジタル化に貢献していけると確信している」と強いパートナーシップで、日本のシール・ラベル業界のデジタル化を支援していく考えを示した。
会見後には「XEIKON 3300」の実機見学も行われた
 なお、FFGSGが販売するのは、シール・ラベル市場向け片面機のXEIKON CXシリーズおよび3000シリーズ。XEIKON CXシリーズは、最大印刷速度30m/minの高速モデル。また、XEIKON 3000シリーズは、最大印刷速度9.6m/minのエントリーモデルから19.2m/minまでのミドルレンジモデルで構成されている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP