キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタ...

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日ニュース

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラベルデジタル印刷機の国内販売を開始したことを発表した。
会見には両社の経営陣が出席
 会見には、FFGSGの加藤社長のほか、XEIKON社のBenoit Chatelard CEO、Mark Brussel CFO、そしてザイコンジャパン(株)の星名勧社長が出席。

 その席上、加藤社長は「これまで国内のシール・ラベル市場向け製品としてトレリーフなどの樹脂版を販売してきたが、小ロット・短納期対応やバリアブル印刷への要望には十分に対応することができなかった」とシール・ラベル分野向けの製品ラインアップにおける同社の課題について言及した上で「新たにXEIKON社製デジタル印刷機をラインアップに加え、これまで以上に顧客の課題に合わせたソリューションを提供するために高品質で信頼性の高いXEIKON社との代理店契約を締結し、販売することとなった」と、XEIKON社製品の販売契約に至った経緯について説明した。

 また、Benoit CEOは「今年はアジア市場、とくに日本と中国に注力していく。日本市場で成功するためには強力なアライアンスパートナーが必要であり、それがFFGSグラフィックサプライである。今回の協業を契機に日本の人材、インフラ、そしてアライアンスに投資していく。その両社の持つナレッジや顧客との強いパイプは、ラベル市場のデジタル化に貢献していけると確信している」と強いパートナーシップで、日本のシール・ラベル業界のデジタル化を支援していく考えを示した。
会見後には「XEIKON 3300」の実機見学も行われた
 なお、FFGSGが販売するのは、シール・ラベル市場向け片面機のXEIKON CXシリーズおよび3000シリーズ。XEIKON CXシリーズは、最大印刷速度30m/minの高速モデル。また、XEIKON 3000シリーズは、最大印刷速度9.6m/minのエントリーモデルから19.2m/minまでのミドルレンジモデルで構成されている。

関連記事

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

dp_c72_tn.jpg

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。...全文を読む

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、超色造形展 ウルトラモデラーズin Tokyoに協力

2019年4月16日企業・経営

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、3月15日に(株)ミマキエンジニアリングのJPデモセンター(五反田TOC6F)において開催された「超色造形展 ウ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現  インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する...全文を読む

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

FFGSグラフィックサプライ、シール・ラベル向けXEIKONデジタル印刷機の国内販売開始

2019年3月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長、以下「FFGSG」)は3月15日、東京・文京区のザイコンジャパン(株)ショールームにおいて記者会見を開き、XEIKON社製シール・ラベルデジタル印刷機の国内販売を開始したことを発表した。
会見には両社の経営陣が出席
 会見には、FFGSGの加藤社長のほか、XEIKON社のBenoit Chatelard CEO、Mark Brussel CFO、そしてザイコンジャパン(株)の星名勧社長が出席。

 その席上、加藤社長は「これまで国内のシール・ラベル市場向け製品としてトレリーフなどの樹脂版を販売してきたが、小ロット・短納期対応やバリアブル印刷への要望には十分に対応することができなかった」とシール・ラベル分野向けの製品ラインアップにおける同社の課題について言及した上で「新たにXEIKON社製デジタル印刷機をラインアップに加え、これまで以上に顧客の課題に合わせたソリューションを提供するために高品質で信頼性の高いXEIKON社との代理店契約を締結し、販売することとなった」と、XEIKON社製品の販売契約に至った経緯について説明した。

 また、Benoit CEOは「今年はアジア市場、とくに日本と中国に注力していく。日本市場で成功するためには強力なアライアンスパートナーが必要であり、それがFFGSグラフィックサプライである。今回の協業を契機に日本の人材、インフラ、そしてアライアンスに投資していく。その両社の持つナレッジや顧客との強いパイプは、ラベル市場のデジタル化に貢献していけると確信している」と強いパートナーシップで、日本のシール・ラベル業界のデジタル化を支援していく考えを示した。
会見後には「XEIKON 3300」の実機見学も行われた
 なお、FFGSGが販売するのは、シール・ラベル市場向け片面機のXEIKON CXシリーズおよび3000シリーズ。XEIKON CXシリーズは、最大印刷速度30m/minの高速モデル。また、XEIKON 3000シリーズは、最大印刷速度9.6m/minのエントリーモデルから19.2m/minまでのミドルレンジモデルで構成されている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP