キーワードで検索

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP