キーワードで検索

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

dp_c72_tn.jpg

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。...全文を読む

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、超色造形展 ウルトラモデラーズin Tokyoに協力

2019年4月16日企業・経営

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、3月15日に(株)ミマキエンジニアリングのJPデモセンター(五反田TOC6F)において開催された「超色造形展 ウ...全文を読む

サインアーテック、大型LED-UVフラットベッドインクジェットプリンタ導入

2019年4月16日ケーススタディ

フラットベッドIJプリンタが5台体制に〜生産性向上と超短納期対応実現  インクジェットによる超大型出力&加工を得意とする(株)サインアーテック(本社/埼玉県飯能市)は今年2月、増加する...全文を読む

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP