キーワードで検索

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

drupa_d_club_dp_tn.jpg

メッセ・デュッセルドルフ、東京で「drupaデュッセルCLUB」開催

2019年11月12日

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」開催を来年6月に控え、主催するメッセ・デュッセルドルフでは12月2日、業界団体・メディア、drupa20...全文を読む

新着トピックス

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。
3DFF-222
 同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積層)方式(フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズがW210×D200×H195ミリのデスクトップ3Dプリンタ。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、ミマキ製フラットベッドUVプリンタと組み合わせて使用することで、多彩な提案が可能になる。

 造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンタで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

 さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 造形用のフィラメントは、ミマキ純正PLA(Poly-Lactic Acid、ポリ乳酸)フィラメントを使用できる。PLAは、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチックで、硬く、反りづらいという特性から治具作成などに適している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP