キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機...

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日ニュース

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。
インプレミア C72
 今回は、KOMORIのデジタル印刷機インプレミアCシリーズの新機能として「インライン自動検品システム」が搭載可能となった「インテリジェントクオリティオプティマイザー」と、KOMORI独自のCMSソフト「K-カラーシミュレーター2」の連携によるスキルレスオペレーションや小ロット生産について紹介した。

「インテリジェントクオリティオプティマイザー」は、濃度管理や色調管理、表裏見当調整といった、従来は個別に実施していた複数の調整作業を一括で自動調整できる自動品質最適化ユニット。新たに搭載された「インライン自動検品システム」は、登録されたプルーフ画像と比較し、汚れやイメージ欠けを検知。検知されたページは、パージトレイから排紙され、すぐにリカバリー印刷を行うため、ページの違いもなく印刷できる。これにより、大量出力時やインライン製本時の全ページ検品が不要となる。さらに検知除外領域を最大5か所まで設定することで、可変印刷領域を除外することが可能。
「ホワイトデー」をテーマに多彩な印刷物を出力
 インプレミアC101/C72の革新的な機能とK-カラーシミュレーター2との連携を用いた実演では、ホワイトデーをテーマに、幅広い紙厚に対応するインプレミアC101でバリアブルなパッケージとA4チラシを出力。さらにインプレミアC72でランチョンマット(レーザーピーチ)とPOP(PET系原反:シナップス)を出力した。

 なお、KOMORIが提供するPOD製品の詳細については、PODサービスサイトまで。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

コムネット、軟包装用レーザー加工機「PACK MASTER」

2020年4月6日製品・テクノロジー

 レーザー加工機のコムネット(株)(本社/神戸市中央区)は、イタリアSEI社製の軟包装用レーザー加工機「PACK MASTER(パックマスター)」の日本市場への普及を目指している。今夏...全文を読む

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

KOMORI、デジタル印刷機「インプレミア Cシリーズ」の新たな機能を紹介

2019年3月25日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は3月8日、同本社2階のdCL(デジタルクリエイティブラウンジ)において「KOMORI POD 春の大商談会」を開催した。
インプレミア C72
 今回は、KOMORIのデジタル印刷機インプレミアCシリーズの新機能として「インライン自動検品システム」が搭載可能となった「インテリジェントクオリティオプティマイザー」と、KOMORI独自のCMSソフト「K-カラーシミュレーター2」の連携によるスキルレスオペレーションや小ロット生産について紹介した。

「インテリジェントクオリティオプティマイザー」は、濃度管理や色調管理、表裏見当調整といった、従来は個別に実施していた複数の調整作業を一括で自動調整できる自動品質最適化ユニット。新たに搭載された「インライン自動検品システム」は、登録されたプルーフ画像と比較し、汚れやイメージ欠けを検知。検知されたページは、パージトレイから排紙され、すぐにリカバリー印刷を行うため、ページの違いもなく印刷できる。これにより、大量出力時やインライン製本時の全ページ検品が不要となる。さらに検知除外領域を最大5か所まで設定することで、可変印刷領域を除外することが可能。
「ホワイトデー」をテーマに多彩な印刷物を出力
 インプレミアC101/C72の革新的な機能とK-カラーシミュレーター2との連携を用いた実演では、ホワイトデーをテーマに、幅広い紙厚に対応するインプレミアC101でバリアブルなパッケージとA4チラシを出力。さらにインプレミアC72でランチョンマット(レーザーピーチ)とPOP(PET系原反:シナップス)を出力した。

 なお、KOMORIが提供するPOD製品の詳細については、PODサービスサイトまで。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP