キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、NTTデータ ニューソンのスマートグラス活用ソリュ...

富士ゼロックス、NTTデータ ニューソンのスマートグラス活用ソリューションを商印機器保守点検業務に採用

2019年4月16日ニュース

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、(株)NTTデータ ニューソン(戸村元久社長)が(株)NTTデータのR&D成果を活用して開発した遠隔作業支援のためのスマートグラス活用ソリューション「InfoMesh Visual Navigator」を、富士ゼロックスの商業印刷機(プロダクションプリンター)の保守点検業務に採用し、2019年4月より東京で、5月より全国で運用を開始する。

 これまで遠隔作業支援における一般的なスマートグラスの使用形態と機能は、作業者であるスマートグラス装着者とタブレットなどを使用しながら指示を行う管理者間で、映像や画像、音声を共有するものであった。今回採用したInfoMesh Visual Navigatorは、スマートグラス本体にクライアントソフトを導入し、クラウド上のサーバーと連携することで、これらの機能に加え、音声で操作・制御するボイスコマンドや、頭の傾きで操作・制御するジャイロマウスなどにより、完全なハンズフリー操作を実現し安全かつ効率的な保守作業が提供できる。

 また、クライアントとサーバー間はSSL通信となっているほか、PINコード認証やスマートグラス本体の画像/動画自動消去機能など、富士ゼロックスのセキュリティ要件に合わせ機能改善されている。プロダクションプリンターが高難度の保守を必要とする場合、現場にいるCE(カストマーエンジニア)は、同ソリューションを使用することで、遠隔のサポートセンターにいる熟練CEに、現場の状況を共有し、セキュアな環境で指示を仰ぐことができる。また、プロダクションプリンター設置現場やその周りの社内風景の情報漏洩も防ぐことができる。結果、サポートセンターが遠隔から保守作業の支援を行うことで、現場に熟練CEが出向かずとも作業支援が可能となり、高難度作業における保守時間の約3割短縮が見込めるようになる。
運用イメージ
 富士ゼロックスは、今後の計画として、プロダクションプリンター設置時の特殊装置や特殊設定のサポートなど、InfoMesh Visual Navigatorの活用範囲を拡大していく予定。また、NTTデータ ニューソンは、富士ゼロックスから新たに発生したそれらの業務要件に対し、InfoMesh Visual Navigatorの機能改善を行うとともに、他のユーザーにも同ソリューションを展開していく。

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

富士ゼロックス、NTTデータ ニューソンのスマートグラス活用ソリューションを商印機器保守点検業務に採用

2019年4月16日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、(株)NTTデータ ニューソン(戸村元久社長)が(株)NTTデータのR&D成果を活用して開発した遠隔作業支援のためのスマートグラス活用ソリューション「InfoMesh Visual Navigator」を、富士ゼロックスの商業印刷機(プロダクションプリンター)の保守点検業務に採用し、2019年4月より東京で、5月より全国で運用を開始する。

 これまで遠隔作業支援における一般的なスマートグラスの使用形態と機能は、作業者であるスマートグラス装着者とタブレットなどを使用しながら指示を行う管理者間で、映像や画像、音声を共有するものであった。今回採用したInfoMesh Visual Navigatorは、スマートグラス本体にクライアントソフトを導入し、クラウド上のサーバーと連携することで、これらの機能に加え、音声で操作・制御するボイスコマンドや、頭の傾きで操作・制御するジャイロマウスなどにより、完全なハンズフリー操作を実現し安全かつ効率的な保守作業が提供できる。

 また、クライアントとサーバー間はSSL通信となっているほか、PINコード認証やスマートグラス本体の画像/動画自動消去機能など、富士ゼロックスのセキュリティ要件に合わせ機能改善されている。プロダクションプリンターが高難度の保守を必要とする場合、現場にいるCE(カストマーエンジニア)は、同ソリューションを使用することで、遠隔のサポートセンターにいる熟練CEに、現場の状況を共有し、セキュアな環境で指示を仰ぐことができる。また、プロダクションプリンター設置現場やその周りの社内風景の情報漏洩も防ぐことができる。結果、サポートセンターが遠隔から保守作業の支援を行うことで、現場に熟練CEが出向かずとも作業支援が可能となり、高難度作業における保守時間の約3割短縮が見込めるようになる。
運用イメージ
 富士ゼロックスは、今後の計画として、プロダクションプリンター設置時の特殊装置や特殊設定のサポートなど、InfoMesh Visual Navigatorの活用範囲を拡大していく予定。また、NTTデータ ニューソンは、富士ゼロックスから新たに発生したそれらの業務要件に対し、InfoMesh Visual Navigatorの機能改善を行うとともに、他のユーザーにも同ソリューションを展開していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP