キーワードで検索

JP2019 ICTと印刷展、自動化にフォーカス - 5月31日からインテックス大阪で開催

販促や軟包装印刷、AR・VRの特別展も併催

2019年5月29日ニュース

 関西印刷業界最大のイベント「JP2019 ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が間もなく開幕する。今回で44回目を迎えるJP展は、3年ぶりに会場をインテックス大阪(5号館)に戻し、5月31日、6月1日の2日間開催される。テーマは「スタートアップ オーシャン フロント〜自動化設備を満たす需要創出策から始めよう」で、「生産工程でもたらされる付加価値」や「発注者サイドに提供できる付加価値創出」を来場者とともに考える場を目指す。出展企業は特別展を含めて101社・221小間(5月10日現在)。
テーマは「Start up Ocean Front」
 JP展は、過去2年間にわたって大阪市内の中心に位置する「マイドームおおさか」で開催されてきたが、会期中に実施した来場者アンケートの結果をもとに、JP2019は会場を「インテックス大阪」へ戻すこととなった。出展企業も前年比約30社増、展示小間数も約40小間増え、101社・221小間の展示会規模となる見込み。

 新元号「令和」となって全国初の総合印刷機材展となる「JP2019 ICTと印刷展」は、中小印刷業界の活性化策のひとつとして「自動化設備を満たす需要創出策」にフォーカスし、小ロット・短納期化が進む市場に対する自動化ソリューションがメインテーマとなる。「JP展は、スマートファクトリーの構想を提示するわけではない。できる所からの自動化は必須条件としながらも、着実に自動化のステップを積み重ねられる道を探すことを目的としている」(主催者)

 また、印刷技術を核に独自開発された販促アイデア商品を披露し、来場者とのネットワーク構築を通じて互いに収益拡大に向けた情報交換を図る「販促アイデアグランプリ2019」が実施されるほか、オフセット印刷分野から水性フレキソ印刷分野に参入した各社の取り組みの紹介と併せ、小ロット軟包装印刷の現状を発表するテーブルトップ展示も企画。「軟包装印刷設備&技術展」という名称で会場内に設置される。

特別展併催で多彩な情報収集の場に

 印刷業界と他業界、印刷技術と別技術など、今までとは違った結び付きで新たな付加価値を高めていくきっかけとなる情報収集の場を目指す。

【販促アイデアグランプリ2019】
 会場内に設置される「販促アイデアグラフンプリ2019」では、38社の参加企業から集客・販売を支援する多彩なセールスプロモーションツール、最先端の印刷技術、多くのPOP関連商材など、最新のSP関連商材が展示されるととともに、会期中には成功事例発表会などを通じて来場者に情報を提供していく。

【軟包装印刷設備&技術展】
 オフセット印刷業界から初となるイノベーション事業「水性フレキソ印刷」への参入として水性フレキソ印刷グループ各社の取り組み紹介と、小ロット軟包装印刷の現状を発表するテーブルトップショーを開催する。

【AR・VR特別展】
 クロスメディア展開への対応策として、AR技術・VR技術を印刷メディアに取り込むための情報を発信する。

【KADOKAWA・モリサワ提供による「フォント男子」大判サインを掲示】
 JP展会期中には、2・3号館において商社のバザーが開催されるほか、6月1日には4号館で大学生を対象とした就職活動のイベントが開催される。これらのイベントの参加者に印刷物の魅力を楽しんでもらう企画として、KADOKAWA・モリサワの協力のもと、フォント擬人化マンガ「フォント男子」の内容を紹介する大判サインや登場人物の等身大パネルを5号館前のカリオン前に掲示する。

開催概要

▽名称:「JP2019・ICTと印刷展」
▽会期:5月31日(金)(午前10時〜午後5時)・6月1日(土)(午前9時30分〜午後4時)
▽テーマ:「Start Up Ocean Front〜自動化設備を満たす需要創出策から始めよう〜」
▽会場:インテックス大阪5号館(大阪市住之江区南港北1-5-102)
▽主催:JP産業展協会
▽後援:大阪府・大阪市・大阪商工会議所・大阪府中小企業団体中央会・全日本印刷工業組合連合会・日本製紙連合会・日本洋紙板紙卸商業組合・公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
▽協力:(公社)日本印刷技術協会・大阪印刷関連団体協議会・大阪府ものづくり振興協会・水性フレキソコンソーシアム設立を考える会・販促アイデア協議会

関連記事

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

drupa_d_club_dp_tn.jpg

メッセ・デュッセルドルフ、東京で「drupaデュッセルCLUB」開催

2019年11月12日

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」開催を来年6月に控え、主催するメッセ・デュッセルドルフでは12月2日、業界団体・メディア、drupa20...全文を読む

新着トピックス

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

JP2019 ICTと印刷展、自動化にフォーカス - 5月31日からインテックス大阪で開催

販促や軟包装印刷、AR・VRの特別展も併催

2019年5月29日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 関西印刷業界最大のイベント「JP2019 ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が間もなく開幕する。今回で44回目を迎えるJP展は、3年ぶりに会場をインテックス大阪(5号館)に戻し、5月31日、6月1日の2日間開催される。テーマは「スタートアップ オーシャン フロント〜自動化設備を満たす需要創出策から始めよう」で、「生産工程でもたらされる付加価値」や「発注者サイドに提供できる付加価値創出」を来場者とともに考える場を目指す。出展企業は特別展を含めて101社・221小間(5月10日現在)。
テーマは「Start up Ocean Front」
 JP展は、過去2年間にわたって大阪市内の中心に位置する「マイドームおおさか」で開催されてきたが、会期中に実施した来場者アンケートの結果をもとに、JP2019は会場を「インテックス大阪」へ戻すこととなった。出展企業も前年比約30社増、展示小間数も約40小間増え、101社・221小間の展示会規模となる見込み。

 新元号「令和」となって全国初の総合印刷機材展となる「JP2019 ICTと印刷展」は、中小印刷業界の活性化策のひとつとして「自動化設備を満たす需要創出策」にフォーカスし、小ロット・短納期化が進む市場に対する自動化ソリューションがメインテーマとなる。「JP展は、スマートファクトリーの構想を提示するわけではない。できる所からの自動化は必須条件としながらも、着実に自動化のステップを積み重ねられる道を探すことを目的としている」(主催者)

 また、印刷技術を核に独自開発された販促アイデア商品を披露し、来場者とのネットワーク構築を通じて互いに収益拡大に向けた情報交換を図る「販促アイデアグランプリ2019」が実施されるほか、オフセット印刷分野から水性フレキソ印刷分野に参入した各社の取り組みの紹介と併せ、小ロット軟包装印刷の現状を発表するテーブルトップ展示も企画。「軟包装印刷設備&技術展」という名称で会場内に設置される。

特別展併催で多彩な情報収集の場に

 印刷業界と他業界、印刷技術と別技術など、今までとは違った結び付きで新たな付加価値を高めていくきっかけとなる情報収集の場を目指す。

【販促アイデアグランプリ2019】
 会場内に設置される「販促アイデアグラフンプリ2019」では、38社の参加企業から集客・販売を支援する多彩なセールスプロモーションツール、最先端の印刷技術、多くのPOP関連商材など、最新のSP関連商材が展示されるととともに、会期中には成功事例発表会などを通じて来場者に情報を提供していく。

【軟包装印刷設備&技術展】
 オフセット印刷業界から初となるイノベーション事業「水性フレキソ印刷」への参入として水性フレキソ印刷グループ各社の取り組み紹介と、小ロット軟包装印刷の現状を発表するテーブルトップショーを開催する。

【AR・VR特別展】
 クロスメディア展開への対応策として、AR技術・VR技術を印刷メディアに取り込むための情報を発信する。

【KADOKAWA・モリサワ提供による「フォント男子」大判サインを掲示】
 JP展会期中には、2・3号館において商社のバザーが開催されるほか、6月1日には4号館で大学生を対象とした就職活動のイベントが開催される。これらのイベントの参加者に印刷物の魅力を楽しんでもらう企画として、KADOKAWA・モリサワの協力のもと、フォント擬人化マンガ「フォント男子」の内容を紹介する大判サインや登場人物の等身大パネルを5号館前のカリオン前に掲示する。

開催概要

▽名称:「JP2019・ICTと印刷展」
▽会期:5月31日(金)(午前10時〜午後5時)・6月1日(土)(午前9時30分〜午後4時)
▽テーマ:「Start Up Ocean Front〜自動化設備を満たす需要創出策から始めよう〜」
▽会場:インテックス大阪5号館(大阪市住之江区南港北1-5-102)
▽主催:JP産業展協会
▽後援:大阪府・大阪市・大阪商工会議所・大阪府中小企業団体中央会・全日本印刷工業組合連合会・日本製紙連合会・日本洋紙板紙卸商業組合・公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
▽協力:(公社)日本印刷技術協会・大阪印刷関連団体協議会・大阪府ものづくり振興協会・水性フレキソコンソーシアム設立を考える会・販促アイデア協議会

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP