キーワードで検索

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

Smart Factory実現に向けた体験イベント - 11月11日から3日間、京都で開催

2019年6月10日ニュース

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmartfactory.com/)が開始された。

「つながる」をイメージした同イベントのビジュアルイメージ
 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省人化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 Think Smart Factory 2019は、IGAS2018でホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zoneをさらに発展させて開催するもの。4,000平方メートルの会場内では、ホリゾンのポストプレス機器を中心とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、各ベンダーのワークフローを繋ぎ、入り口から出口までを実稼働の中で確認することができるEnd to Endのワークフローを表現。自動搬送車やロボット等を取り入れた実稼働を通してデジタルだからできる「オートメーション」、デジタルだからできる「高画質印刷」といった展示を、Smart Factoryの中で体感できるように準備を進めている。

 また、IGAS2018と同様に、会場内にSmart Factory Zoneを設置し、国内外の登壇者による16セッションを同時通訳付きで実施する予定。

自然と人の調和をイメージした会場内装飾デザイン
 なお、Smart Factoryの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体として発足したTSF2019実行委員会は、キヤノンマーケティングジャパン、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler、JSPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズで構成。さらにユーザーからは日本写真印刷コミュニケーションズ、ニューブックが参画を予定している。

THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO

会期:11月11日(月)〜13日(水)
場所:みやこめっせ
   (京都市勧業館:京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)
主催:TSF2019実行委員会
運営:ホリゾン・インターナショナル株式会社
協力:株式会社バリューマシーンインターナショナル

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

Smart Factory実現に向けた体験イベント - 11月11日から3日間、京都で開催

2019年6月10日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmartfactory.com/)が開始された。

「つながる」をイメージした同イベントのビジュアルイメージ
 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省人化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 Think Smart Factory 2019は、IGAS2018でホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zoneをさらに発展させて開催するもの。4,000平方メートルの会場内では、ホリゾンのポストプレス機器を中心とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、各ベンダーのワークフローを繋ぎ、入り口から出口までを実稼働の中で確認することができるEnd to Endのワークフローを表現。自動搬送車やロボット等を取り入れた実稼働を通してデジタルだからできる「オートメーション」、デジタルだからできる「高画質印刷」といった展示を、Smart Factoryの中で体感できるように準備を進めている。

 また、IGAS2018と同様に、会場内にSmart Factory Zoneを設置し、国内外の登壇者による16セッションを同時通訳付きで実施する予定。

自然と人の調和をイメージした会場内装飾デザイン
 なお、Smart Factoryの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体として発足したTSF2019実行委員会は、キヤノンマーケティングジャパン、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler、JSPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズで構成。さらにユーザーからは日本写真印刷コミュニケーションズ、ニューブックが参画を予定している。

THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO

会期:11月11日(月)〜13日(水)
場所:みやこめっせ
   (京都市勧業館:京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)
主催:TSF2019実行委員会
運営:ホリゾン・インターナショナル株式会社
協力:株式会社バリューマシーンインターナショナル

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP