キーワードで検索

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

Smart Factory実現に向けた体験イベント - 11月11日から3日間、京都で開催

2019年6月10日ニュース

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmartfactory.com/)が開始された。

「つながる」をイメージした同イベントのビジュアルイメージ
 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省人化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 Think Smart Factory 2019は、IGAS2018でホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zoneをさらに発展させて開催するもの。4,000平方メートルの会場内では、ホリゾンのポストプレス機器を中心とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、各ベンダーのワークフローを繋ぎ、入り口から出口までを実稼働の中で確認することができるEnd to Endのワークフローを表現。自動搬送車やロボット等を取り入れた実稼働を通してデジタルだからできる「オートメーション」、デジタルだからできる「高画質印刷」といった展示を、Smart Factoryの中で体感できるように準備を進めている。

 また、IGAS2018と同様に、会場内にSmart Factory Zoneを設置し、国内外の登壇者による16セッションを同時通訳付きで実施する予定。

自然と人の調和をイメージした会場内装飾デザイン
 なお、Smart Factoryの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体として発足したTSF2019実行委員会は、キヤノンマーケティングジャパン、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler、JSPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズで構成。さらにユーザーからは日本写真印刷コミュニケーションズ、ニューブックが参画を予定している。

THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO

会期:11月11日(月)〜13日(水)
場所:みやこめっせ
   (京都市勧業館:京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)
主催:TSF2019実行委員会
運営:ホリゾン・インターナショナル株式会社
協力:株式会社バリューマシーンインターナショナル

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

dp_accuriolabel_230_tn.jpg

コニカミノルタ、オンデマンドラベルプリンター「AccurioLabel 230」発売

2019年6月10日

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、導入コストを抑えながらも、オフセット印刷に迫る高品質な出力と高い生産性を備えたオンデマンドラベルプリンター「Accuri...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

Smart Factory実現に向けた体験イベント - 11月11日から3日間、京都で開催

2019年6月10日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmartfactory.com/)が開始された。

「つながる」をイメージした同イベントのビジュアルイメージ
 IoTの普及により、いよいよ繋がる時代へと本格的に動き始め、印刷業界においてもその流れは次第に加速を強めている。設備を提案・販売するメーカーにおいても、単なる自動化や省人化といった流れではなく、この時代背景を正しく捉えたビジネスそのもののエコシステム提案が求められている。

 Think Smart Factory 2019は、IGAS2018でホリゾンブース内に設置したSmart Factory Zoneをさらに発展させて開催するもの。4,000平方メートルの会場内では、ホリゾンのポストプレス機器を中心とした最終成果物視点で考えるワークフロー構築をキーに、各ベンダーのワークフローを繋ぎ、入り口から出口までを実稼働の中で確認することができるEnd to Endのワークフローを表現。自動搬送車やロボット等を取り入れた実稼働を通してデジタルだからできる「オートメーション」、デジタルだからできる「高画質印刷」といった展示を、Smart Factoryの中で体感できるように準備を進めている。

 また、IGAS2018と同様に、会場内にSmart Factory Zoneを設置し、国内外の登壇者による16セッションを同時通訳付きで実施する予定。

自然と人の調和をイメージした会場内装飾デザイン
 なお、Smart Factoryの実現を共通テーマとした業界発展を望む団体として発足したTSF2019実行委員会は、キヤノンマーケティングジャパン、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、グーフ、日本HP、Hunkeler、JSPIRITS、コニカミノルタジャパン、レゾロジック、リコージャパン、リョービMHIグラフィックテクノロジー、SCREENグラフィックソリューションズで構成。さらにユーザーからは日本写真印刷コミュニケーションズ、ニューブックが参画を予定している。

THINK SMART FACTORY 2019 IN KYOTO

会期:11月11日(月)〜13日(水)
場所:みやこめっせ
   (京都市勧業館:京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)
主催:TSF2019実行委員会
運営:ホリゾン・インターナショナル株式会社
協力:株式会社バリューマシーンインターナショナル

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP