キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノンMJとキヤノンPPS、カラー連帳インクジェットプリンターを...

キヤノンMJとキヤノンPPS、カラー連帳インクジェットプリンターを中核としたマニュアル生産ラインを公開

今年1月よりキヤノンメディカルシステムズで本格稼働開始

2019年6月20日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は6月18日、栃木県大田原市のキヤノンメディカルシステムズ(株)において、カラー連帳インクジェットプリンター「Oce ColorStream 6700 Chroma」を中核としたマニュアル生産ライン説明会を開催した。

 冒頭、「キヤノンMJグループの印刷市場での事業戦略」について説明したキヤノンプロダクションプリンティングシステムズの井崎孝社長は「当社は、キヤノングループの中において、顧客の生産機となるプロダクションプリンターを専門に取り扱う会社として、キヤノングループのオセ社のプリンターを中核にシステム開発から販売、保守までをワンストップでサポートしている。既存領域であるDPSのソリューションを提供する一方で、近年では、成長領域として商業印刷や産業印刷の分野を注力している」と、印刷市場における同社の取り組みについて報告。

 さらに井崎社長は、2018年より、新たな事業領域としてサイン&ディスプレイ市場向けの「Oce Arizona 1280GT」や「Oce Colorado 1640」を発売し、事業の拡大を図っていることも明らかにした。

 続いてキヤノンメディカルシステムズのドキュメンテーション部 印刷・製本センターの兵藤伊織主任より、今回、導入したマニュアル生産ラインの概要について説明が行われた。

 それによると今回のマニュアル生産ライン導入以前の同社では、カット紙プリンターを中心とした外注生産を行っていたが納品リードタイムの短縮、生産コストの低減、生産工数の削減が課題となっていた。

 兵藤主任は、「従来のワークフローは、約20年前から改修を重ねていたが、これ以上の自動化を実現することは難しいと判断した」と、今回のマニュアル生産ライン導入の背景について説明した。

 キヤノンメディカルシステムズが今年1月に導入した「マニュアル生産ライン」は、「Oce ColorStream 6700 Chroma」を中核にキヤノンのカラープロダクションプリンター「ImagePRESS C10000VP」とグーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」などを連携させたデジタル印刷生産システム。同システムでは、医療機器のマニュアル生産ラインとして、2万種類以上あるマニュアルを製作している。
マニュアル本文はカラー連帳IJ機で印刷し、表紙はカラープロダクションプリンターで印刷
 生産の中核を担う「Oce ColorStream 6700 Chroma」は、1日で約23万ページ(A4換算)の出力に対応。また、L型配置をすることで、設置スペースの問題もクリアしている。

 後加工システムについては、製本加工の自動化をはじめ、ヤレ紙の自動排出処理などにより、人的作業の削減を実現している。また、印刷機とのインライン接続ではなく、ニアライン接続にしたことで、より柔軟性のある生産体制を構築している。
後加工システムをニアライン接続することで柔軟な生産体制を構築
 同システムの導入により、納品リードタイムの2日短縮、生産コストの従来比約30%削減、生産工数においては従来の半分程度の工数にまで効率化が図れている。また、残業についても現時点で約10%の削減を達成している。

関連記事

最新ニュース

jeti-mira-2732-hs-lm-led_dp_tn.jpg

アグフア、JETI MIRA LEDが「SGIA」でプロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞

2019年10月24日

 アグフア社(ベルギー・モーツェル)のワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2732 HS LM LED」がこのほど、「the Specialty Grap...全文を読む

dp_ns40_sinwa_tn.jpg

KOMORI、新和製作所とインプレミアNS40のフィールドテスト実施で基本合意

2019年10月24日

 (株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)は10月23日、(株)新和製作所(埼玉県川越市、山崎康成社長)と、40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「インプレ...全文を読む

dp_jet520_1500_tn.jpg

SCREEN GA、Truepress Jet520シリーズが合計出荷台数1,500台を達成

2019年10月23日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズが開発・製造・販売するロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520シリーズ」(OEMパートナーモデルを含...全文を読む

dp_sc_p9550_tn.jpg

エプソン、11色インク搭載B0Plus対応の大判インクジェットプリンター発売

2019年10月23日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンターSureColorシリーズ水性顔料プリンターの新商品として、フラッグシップモデル11色インク搭載B0Plus対応モデル「SC-P...全文を読む

dp_520hd_ad_tn.jpg

SCREEN GA、乾燥性能を強化したTruepress Jet520HDシリーズの新モデル発売

2019年10月23日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520HDシリーズ」の新たなラインアップとして、乾燥性能を強化...全文を読む

新着トピックス

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

キヤノンMJとキヤノンPPS、カラー連帳インクジェットプリンターを中核としたマニュアル生産ラインを公開

今年1月よりキヤノンメディカルシステムズで本格稼働開始

2019年6月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は6月18日、栃木県大田原市のキヤノンメディカルシステムズ(株)において、カラー連帳インクジェットプリンター「Oce ColorStream 6700 Chroma」を中核としたマニュアル生産ライン説明会を開催した。

 冒頭、「キヤノンMJグループの印刷市場での事業戦略」について説明したキヤノンプロダクションプリンティングシステムズの井崎孝社長は「当社は、キヤノングループの中において、顧客の生産機となるプロダクションプリンターを専門に取り扱う会社として、キヤノングループのオセ社のプリンターを中核にシステム開発から販売、保守までをワンストップでサポートしている。既存領域であるDPSのソリューションを提供する一方で、近年では、成長領域として商業印刷や産業印刷の分野を注力している」と、印刷市場における同社の取り組みについて報告。

 さらに井崎社長は、2018年より、新たな事業領域としてサイン&ディスプレイ市場向けの「Oce Arizona 1280GT」や「Oce Colorado 1640」を発売し、事業の拡大を図っていることも明らかにした。

 続いてキヤノンメディカルシステムズのドキュメンテーション部 印刷・製本センターの兵藤伊織主任より、今回、導入したマニュアル生産ラインの概要について説明が行われた。

 それによると今回のマニュアル生産ライン導入以前の同社では、カット紙プリンターを中心とした外注生産を行っていたが納品リードタイムの短縮、生産コストの低減、生産工数の削減が課題となっていた。

 兵藤主任は、「従来のワークフローは、約20年前から改修を重ねていたが、これ以上の自動化を実現することは難しいと判断した」と、今回のマニュアル生産ライン導入の背景について説明した。

 キヤノンメディカルシステムズが今年1月に導入した「マニュアル生産ライン」は、「Oce ColorStream 6700 Chroma」を中核にキヤノンのカラープロダクションプリンター「ImagePRESS C10000VP」とグーフの生産管理ソフトウエア「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」などを連携させたデジタル印刷生産システム。同システムでは、医療機器のマニュアル生産ラインとして、2万種類以上あるマニュアルを製作している。
マニュアル本文はカラー連帳IJ機で印刷し、表紙はカラープロダクションプリンターで印刷
 生産の中核を担う「Oce ColorStream 6700 Chroma」は、1日で約23万ページ(A4換算)の出力に対応。また、L型配置をすることで、設置スペースの問題もクリアしている。

 後加工システムについては、製本加工の自動化をはじめ、ヤレ紙の自動排出処理などにより、人的作業の削減を実現している。また、印刷機とのインライン接続ではなく、ニアライン接続にしたことで、より柔軟性のある生産体制を構築している。
後加工システムをニアライン接続することで柔軟な生産体制を構築
 同システムの導入により、納品リードタイムの2日短縮、生産コストの従来比約30%削減、生産工数においては従来の半分程度の工数にまで効率化が図れている。また、残業についても現時点で約10%の削減を達成している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP