キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production ...

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

可視化と自動化で印刷業界の働き方改革に貢献

2019年7月12日ニュース

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販売を7月25日から開始する。

 同ソフトウェアは、印刷業務の上流から下流までの全工程を対象として、それぞれの機器の稼働状況と生産余力、予定されている印刷ジョブなどに関する情報をシステム連携により一元的に集約。それらを可視化し、統合処理を行うことで業務の自動化を実現し、工程間の印刷ジョブの滞留を解消、ワークフロー全体の生産性向上を可能にするもの。昨年の「IGAS2018」に参考出品して大きな注目を集めた「SE-BizObject Production Cockpit 1.0」に市場から寄せられた声を反映して商品化した。
Production Cockpit 2.0の導入イメージ
 紙種や仕様が千差万別の印刷ジョブひとつひとつの進捗状況と、印刷機や加工機などの生産装置1台1台の稼働状況を、リアルタイムでデータとして取得し、同社独自の技術により装置ごとの生産余力を算出する。また、これまでは熟練オペレータが手作業で行っていた印刷ジョブの振り分けや予定組みの業務を、同ソフトウェアが用紙種類や加工形態など同じ属性の印刷ジョブをグルーピングした上で自動的に行うことにより、効率的な印刷を実現。随時受注される多種多様な印刷ジョブの、出荷までのワークフロー全体を効率化し、印刷工場のスマートファクトリー化を実現する。同社の試算では、月間平均で1,000件程度の印刷ジョブで100万ページ程度を出力するデジタル印刷生産ラインにおいて、年間2,000万円を超えるコスト削減効果が期待できる。

 Production Cockpit2.0は、印刷業界の標準規格であるJDFおよびJMFをベースにデータをやりとりし、連携することができるオープンなプラットフォーム。さまざまなメーカーの機器やソフトウェアが混在する生産現場において、それらを一括して管理することができる。

 また、蓄積されたデータを外部のBI(Business Intelligence)ツールと連携させて分析することで、生産性向上のために対策を講ずるべきボトルネックが全工程の中から可視化され、生産現場におけるさらなる業務改善に繋げることも可能である。
印刷機のステータス画面:各印刷機 / 加工機の進捗率や生産余力時間が確認できる
各印刷機 / 加工機の稼働スケジュール画面
 印刷業界では、受注案件の小ロット・多品目化や短納期化への対応が求められる一方、人材不足の環境のもとで労働力の確保と専門スキルの継承は困難を増している。業務効率の改善は必然であり、印刷会社は受注からプリプレス、印刷、加工、検品、そして発送に至るそれぞれの工程において自動化などの生産性向上に取り組むことが求められている。

 富士ゼロックスは、価値提供戦略「Smart Work Innovation」を印刷業界においても推進し、ユーザーの生産現場の働き方改革と企業競争力強化に貢献していく考え。

関連記事

最新ニュース

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

dp_tp520hd_itl_tn.jpg

SCREEN GA、米国調査機関が「Truepress Jet520HD」の印刷品質を高く評価

2019年7月1日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズが開発した、ロール式高速インクジェット印刷機のフラッグシップモデル「Truepress Jet520HD」がこのほど、画像品質の調査・サ...全文を読む

dp_epson_eco_tn.jpg

エプソン、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタート

2019年7月1日

 エプソンは7月1日より、環境配慮型オフィスプロジェクトをスタートさせた。同プロジェクトは、水をほとんど使わずに新たな紙を再生する乾式オフィス製紙機「PaperLab」と低消費電力を特...全文を読む

dp_hokuriku_komori_tn.jpg

KOMORI、北陸印刷機材展でインプレミアIS29の多彩なメディア対応力を披露

2019年6月28日

 (株)小森コーポレーションは、6月14・15日の2日間、石川県産業展示館2号館において開催された「2019 北陸印刷機材展」において「INNOVATE TO CREATE」をテーマに...全文を読む

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

可視化と自動化で印刷業界の働き方改革に貢献

2019年7月12日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販売を7月25日から開始する。

 同ソフトウェアは、印刷業務の上流から下流までの全工程を対象として、それぞれの機器の稼働状況と生産余力、予定されている印刷ジョブなどに関する情報をシステム連携により一元的に集約。それらを可視化し、統合処理を行うことで業務の自動化を実現し、工程間の印刷ジョブの滞留を解消、ワークフロー全体の生産性向上を可能にするもの。昨年の「IGAS2018」に参考出品して大きな注目を集めた「SE-BizObject Production Cockpit 1.0」に市場から寄せられた声を反映して商品化した。
Production Cockpit 2.0の導入イメージ
 紙種や仕様が千差万別の印刷ジョブひとつひとつの進捗状況と、印刷機や加工機などの生産装置1台1台の稼働状況を、リアルタイムでデータとして取得し、同社独自の技術により装置ごとの生産余力を算出する。また、これまでは熟練オペレータが手作業で行っていた印刷ジョブの振り分けや予定組みの業務を、同ソフトウェアが用紙種類や加工形態など同じ属性の印刷ジョブをグルーピングした上で自動的に行うことにより、効率的な印刷を実現。随時受注される多種多様な印刷ジョブの、出荷までのワークフロー全体を効率化し、印刷工場のスマートファクトリー化を実現する。同社の試算では、月間平均で1,000件程度の印刷ジョブで100万ページ程度を出力するデジタル印刷生産ラインにおいて、年間2,000万円を超えるコスト削減効果が期待できる。

 Production Cockpit2.0は、印刷業界の標準規格であるJDFおよびJMFをベースにデータをやりとりし、連携することができるオープンなプラットフォーム。さまざまなメーカーの機器やソフトウェアが混在する生産現場において、それらを一括して管理することができる。

 また、蓄積されたデータを外部のBI(Business Intelligence)ツールと連携させて分析することで、生産性向上のために対策を講ずるべきボトルネックが全工程の中から可視化され、生産現場におけるさらなる業務改善に繋げることも可能である。
印刷機のステータス画面:各印刷機 / 加工機の進捗率や生産余力時間が確認できる
各印刷機 / 加工機の稼働スケジュール画面
 印刷業界では、受注案件の小ロット・多品目化や短納期化への対応が求められる一方、人材不足の環境のもとで労働力の確保と専門スキルの継承は困難を増している。業務効率の改善は必然であり、印刷会社は受注からプリプレス、印刷、加工、検品、そして発送に至るそれぞれの工程において自動化などの生産性向上に取り組むことが求められている。

 富士ゼロックスは、価値提供戦略「Smart Work Innovation」を印刷業界においても推進し、ユーザーの生産現場の働き方改革と企業競争力強化に貢献していく考え。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP