キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

オペレーターの操作性向上と負荷軽減実現する新プラットフォーム採用

2019年7月18日ニュース

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。

 「XpertJet」シリーズは、オペレーターの操作性向上と負荷を軽減させる工夫を施した新しいプラットフォームを採用。新エコソルベントインクを搭載した新製品の両モデルは、「高画質」「高生産性」「操作性の良さ」を追求した同社大判インクジェットプリンタの新シリーズである。「XpertJet 1682SR」は、千鳥配列のデュアルプリントヘッドを搭載し、7色インクで滑らかな階調を表現できる高速エコソルベントプリンタで、4色インク対応「XpertJet 1641SR」は、性能・画質・価格のバランスに優れたシングルヘッドモデルである。
デュアルヘッドモデルのXPJ-1682SR(左)とシングルヘッドモデルのXPJ-1641SR
 「XpertJet」シリーズでは、黒を基調としたクールな外観へ一新。同社独自の「多段階加圧機能」を設け、裏が滑りやすいメディアには「強」、標準的な塩ビシート・合成紙などには「デフォルト(通常)」、薄くコシのないメディアには「弱」に切り替えて、さまざまなメディアを安定して搬送できるようになった。さらにコックリング対策として、複数配列された加圧ローラを個々に選択し、メディアにかかる圧力を部分的にコントロールできる機能も備えている。

 搭載する新エコソルベントインク「MS41」は、高い発色性とメンテナンス性に優れ、KCMY4色に加えてライト系インク「Lk」「Lc」「Lm」をラインアップ、全7色各1Lパックで提供する。「XpertJet 1682SR」では7色インクにより、解像度を下げても高画質な印刷を維持できる。

 価格(税別)は「XpertJet 1682SR」が220万円、「XpertJet 1641SR」は170万円。日本での発売開始に続き、米国、欧州、アジアなどで順次発売を予定しており、初年度国内外で2,000台の販売台数を見込んでいる。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

オペレーターの操作性向上と負荷軽減実現する新プラットフォーム採用

2019年7月18日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。

 「XpertJet」シリーズは、オペレーターの操作性向上と負荷を軽減させる工夫を施した新しいプラットフォームを採用。新エコソルベントインクを搭載した新製品の両モデルは、「高画質」「高生産性」「操作性の良さ」を追求した同社大判インクジェットプリンタの新シリーズである。「XpertJet 1682SR」は、千鳥配列のデュアルプリントヘッドを搭載し、7色インクで滑らかな階調を表現できる高速エコソルベントプリンタで、4色インク対応「XpertJet 1641SR」は、性能・画質・価格のバランスに優れたシングルヘッドモデルである。
デュアルヘッドモデルのXPJ-1682SR(左)とシングルヘッドモデルのXPJ-1641SR
 「XpertJet」シリーズでは、黒を基調としたクールな外観へ一新。同社独自の「多段階加圧機能」を設け、裏が滑りやすいメディアには「強」、標準的な塩ビシート・合成紙などには「デフォルト(通常)」、薄くコシのないメディアには「弱」に切り替えて、さまざまなメディアを安定して搬送できるようになった。さらにコックリング対策として、複数配列された加圧ローラを個々に選択し、メディアにかかる圧力を部分的にコントロールできる機能も備えている。

 搭載する新エコソルベントインク「MS41」は、高い発色性とメンテナンス性に優れ、KCMY4色に加えてライト系インク「Lk」「Lc」「Lm」をラインアップ、全7色各1Lパックで提供する。「XpertJet 1682SR」では7色インクにより、解像度を下げても高画質な印刷を維持できる。

 価格(税別)は「XpertJet 1682SR」が220万円、「XpertJet 1641SR」は170万円。日本での発売開始に続き、米国、欧州、アジアなどで順次発売を予定しており、初年度国内外で2,000台の販売台数を見込んでいる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP