キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

オペレーターの操作性向上と負荷軽減実現する新プラットフォーム採用

2019年7月18日ニュース

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。

 「XpertJet」シリーズは、オペレーターの操作性向上と負荷を軽減させる工夫を施した新しいプラットフォームを採用。新エコソルベントインクを搭載した新製品の両モデルは、「高画質」「高生産性」「操作性の良さ」を追求した同社大判インクジェットプリンタの新シリーズである。「XpertJet 1682SR」は、千鳥配列のデュアルプリントヘッドを搭載し、7色インクで滑らかな階調を表現できる高速エコソルベントプリンタで、4色インク対応「XpertJet 1641SR」は、性能・画質・価格のバランスに優れたシングルヘッドモデルである。
デュアルヘッドモデルのXPJ-1682SR(左)とシングルヘッドモデルのXPJ-1641SR
 「XpertJet」シリーズでは、黒を基調としたクールな外観へ一新。同社独自の「多段階加圧機能」を設け、裏が滑りやすいメディアには「強」、標準的な塩ビシート・合成紙などには「デフォルト(通常)」、薄くコシのないメディアには「弱」に切り替えて、さまざまなメディアを安定して搬送できるようになった。さらにコックリング対策として、複数配列された加圧ローラを個々に選択し、メディアにかかる圧力を部分的にコントロールできる機能も備えている。

 搭載する新エコソルベントインク「MS41」は、高い発色性とメンテナンス性に優れ、KCMY4色に加えてライト系インク「Lk」「Lc」「Lm」をラインアップ、全7色各1Lパックで提供する。「XpertJet 1682SR」では7色インクにより、解像度を下げても高画質な印刷を維持できる。

 価格(税別)は「XpertJet 1682SR」が220万円、「XpertJet 1641SR」は170万円。日本での発売開始に続き、米国、欧州、アジアなどで順次発売を予定しており、初年度国内外で2,000台の販売台数を見込んでいる。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

新着トピックス

hyodaprint_hansoku19_mini.jpg

兵田印刷工芸、B2バリアブルポスターでアンケート

2019年8月2日マーケティングケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」─デジタル技術への積極投資で印刷物製造工程における標準化・自動化を推し進める兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)は、富士フイ...全文を読む

knd_tn.jpg

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならび...全文を読む

rokka2_tn.jpg

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そん...全文を読む

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

オペレーターの操作性向上と負荷軽減実現する新プラットフォーム採用

2019年7月18日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。

 「XpertJet」シリーズは、オペレーターの操作性向上と負荷を軽減させる工夫を施した新しいプラットフォームを採用。新エコソルベントインクを搭載した新製品の両モデルは、「高画質」「高生産性」「操作性の良さ」を追求した同社大判インクジェットプリンタの新シリーズである。「XpertJet 1682SR」は、千鳥配列のデュアルプリントヘッドを搭載し、7色インクで滑らかな階調を表現できる高速エコソルベントプリンタで、4色インク対応「XpertJet 1641SR」は、性能・画質・価格のバランスに優れたシングルヘッドモデルである。
デュアルヘッドモデルのXPJ-1682SR(左)とシングルヘッドモデルのXPJ-1641SR
 「XpertJet」シリーズでは、黒を基調としたクールな外観へ一新。同社独自の「多段階加圧機能」を設け、裏が滑りやすいメディアには「強」、標準的な塩ビシート・合成紙などには「デフォルト(通常)」、薄くコシのないメディアには「弱」に切り替えて、さまざまなメディアを安定して搬送できるようになった。さらにコックリング対策として、複数配列された加圧ローラを個々に選択し、メディアにかかる圧力を部分的にコントロールできる機能も備えている。

 搭載する新エコソルベントインク「MS41」は、高い発色性とメンテナンス性に優れ、KCMY4色に加えてライト系インク「Lk」「Lc」「Lm」をラインアップ、全7色各1Lパックで提供する。「XpertJet 1682SR」では7色インクにより、解像度を下げても高画質な印刷を維持できる。

 価格(税別)は「XpertJet 1682SR」が220万円、「XpertJet 1641SR」は170万円。日本での発売開始に続き、米国、欧州、アジアなどで順次発売を予定しており、初年度国内外で2,000台の販売台数を見込んでいる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP