キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショ...

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日ニュース

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショールーム、「東京ショールーム」を東京都港区芝浦にオープンした。また、同日、同社・東潤一郎執行役員 国内営業本部長と打林明夫国内営業本部販売推進部長が出席のもと開所式を挙行した。
開所式では東執行役員(右)と打林部長がテープカット
 「東京ショールーム」では、最新のビジネス向けプリンター・複合機の体験・デモンストレーションはもちろん、病院や店舗、学校、デザインなど、インダストリー・特定業種における各種の現場を想定した利用シーンにおいて、OKIデータ商品が提案する価値を紹介していく。

 さらに、最大68席のイベントスペースを併設しており、イベントや勉強会・商談会など、顧客とビジネスパートナーとのコミュニケーション、ビジネス拡大の場として活用することも可能となっている。

 同ショールームは、大きく分けて「デモンストレーションコーナー」「業種別シーン展示コーナー」「OKIデータ紹介コーナー」「イベント・商談コーナー」の4つのコーナーで構成されている。

 「デモンストレーションコーナー」は、LEDプリンターや複合機、ドットインパクトプリンター、広幅プリンター、ラベルプリンターなど、OKIデータの商品ラインアップを展示。実機による操作性やメンテナンス性を体験できるほか、実際の印刷データを持ち込み出力検証なども行うことが可能。
新製品のLEDラベルプリンターも展示
 「業種別シーン展示コーナー」は、「医療(病院)」「流通・小売(店舗)」「文教(学校)」「デザイン・ラベル」など、特定業種・インダストリーを中心に現場の利用シーンを再現している。「医療(病院)」では、スペースの限られた診察室や調剤薬局などでコンパクトに設置ができる様子や、薬袋や食札などその場で多種類の印刷ができることにより、忙しい現場の悩みを解決する方法を提案している。「流通・小売(店舗)」では、B8サイズのPOP、耐水紙などの特殊用紙を用いたプライスカードや掲示物など、実際の出力サンプルを展示し、店舗のバックヤードに1台あるだけで広がる可能性を提案している。「文教(学校)」では、表彰状やポスターなど厚紙や長尺用紙を使用した印刷物を手軽に印刷できるほか、ICカード認証などの印刷管理ソリューションを教育現場へ導入することによる利便性を提案している。「デザイン・ラベル」では、白印刷で可能になるデザインの広がりや内製化によるコスト削減まで、デザイン会社やプリントショップ、また食品・飲料・物流など多くの業界でのさまざまな活用方法を提案している。
様々な利用シーンでプリンターを体験できる
 「OKIデータ紹介コーナー」では、ショールームとあわせ、同社LEDプリンターの歴史などをパネルで紹介している。

 「イベント・商談コーナー」は、最大68席のイベントスペースとして、セミナーや展示会など各種イベントを開催することが可能となっている。

 同社では、今後「東京ショールーム」を新たな課題解決へつながる提案の場として活用し、顧客のビジネスに貢献していく方針。

【ショールーム概要】

▽所在地=東京都港区芝浦4-6-8 住友不動産田町ファーストビル1F

▽営業時間=9時30分〜17時15分(土日、祝日、年末年始、その他OKIデータ休業日を除く)

関連記事

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

オセ、2020年1月1日より社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更

2019年10月3日

 キヤノングループのオセホールディングB.V.(以下「オセ」)は、2020年1月1日より、社名(商号)を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更する。  オセは、2010年にキヤ...全文を読む

dp_ns40_b_tn.jpg

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

2019年10月3日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。 ...全文を読む

新着トピックス

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショールーム、「東京ショールーム」を東京都港区芝浦にオープンした。また、同日、同社・東潤一郎執行役員 国内営業本部長と打林明夫国内営業本部販売推進部長が出席のもと開所式を挙行した。
開所式では東執行役員(右)と打林部長がテープカット
 「東京ショールーム」では、最新のビジネス向けプリンター・複合機の体験・デモンストレーションはもちろん、病院や店舗、学校、デザインなど、インダストリー・特定業種における各種の現場を想定した利用シーンにおいて、OKIデータ商品が提案する価値を紹介していく。

 さらに、最大68席のイベントスペースを併設しており、イベントや勉強会・商談会など、顧客とビジネスパートナーとのコミュニケーション、ビジネス拡大の場として活用することも可能となっている。

 同ショールームは、大きく分けて「デモンストレーションコーナー」「業種別シーン展示コーナー」「OKIデータ紹介コーナー」「イベント・商談コーナー」の4つのコーナーで構成されている。

 「デモンストレーションコーナー」は、LEDプリンターや複合機、ドットインパクトプリンター、広幅プリンター、ラベルプリンターなど、OKIデータの商品ラインアップを展示。実機による操作性やメンテナンス性を体験できるほか、実際の印刷データを持ち込み出力検証なども行うことが可能。
新製品のLEDラベルプリンターも展示
 「業種別シーン展示コーナー」は、「医療(病院)」「流通・小売(店舗)」「文教(学校)」「デザイン・ラベル」など、特定業種・インダストリーを中心に現場の利用シーンを再現している。「医療(病院)」では、スペースの限られた診察室や調剤薬局などでコンパクトに設置ができる様子や、薬袋や食札などその場で多種類の印刷ができることにより、忙しい現場の悩みを解決する方法を提案している。「流通・小売(店舗)」では、B8サイズのPOP、耐水紙などの特殊用紙を用いたプライスカードや掲示物など、実際の出力サンプルを展示し、店舗のバックヤードに1台あるだけで広がる可能性を提案している。「文教(学校)」では、表彰状やポスターなど厚紙や長尺用紙を使用した印刷物を手軽に印刷できるほか、ICカード認証などの印刷管理ソリューションを教育現場へ導入することによる利便性を提案している。「デザイン・ラベル」では、白印刷で可能になるデザインの広がりや内製化によるコスト削減まで、デザイン会社やプリントショップ、また食品・飲料・物流など多くの業界でのさまざまな活用方法を提案している。
様々な利用シーンでプリンターを体験できる
 「OKIデータ紹介コーナー」では、ショールームとあわせ、同社LEDプリンターの歴史などをパネルで紹介している。

 「イベント・商談コーナー」は、最大68席のイベントスペースとして、セミナーや展示会など各種イベントを開催することが可能となっている。

 同社では、今後「東京ショールーム」を新たな課題解決へつながる提案の場として活用し、顧客のビジネスに貢献していく方針。

【ショールーム概要】

▽所在地=東京都港区芝浦4-6-8 住友不動産田町ファーストビル1F

▽営業時間=9時30分〜17時15分(土日、祝日、年末年始、その他OKIデータ休業日を除く)

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP