キーワードで検索

SCREEN GP ジャパン、「Proof Jet F1100AQ」1号機をセントラルプロフィックスに納入

クライアントも納得する品質を高く評価

2019年8月20日ニュース

 (株)SCREENGP ジャパンは、独自開発の本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F1100AQ」を今年8月に正式リリースし、その1号機を(株)セントラルプロフィックス(田畠義之社長)に納入した。

 Proof Jet F1100AQは、印刷本紙にアンカーコートなしで直接印刷できるインクジェットプリンター「Proof Jetシリーズ」のハイスピード自動化モデル。商業印刷に対応し、C、M、Y、K、Lc、Lm、Lbkのインクを搭載している。コート紙・マット紙・上質紙・ファンシーペーパーなど、各用紙の風合いを生かしたリアルな校正を、最高約11枚/時(菊全判サイズ、1,200×900dpi)の圧倒的な生産性で実現。最大用紙サイズ1,100×800mm、最大用紙厚1.2mmという仕様により、幅広く多様な業務に対応できる。
セントラルプロフィックスに納入された「Proof Jet F1100AQ」1号機
 また、標準搭載の自動給排紙装置により、L判・四六全判までの用紙を高速に給排紙し、運用を効率化。新機能のPrint Job Managerで、セットされた用紙サイズごとに複数のジョブを自動で束ねて出力できるため、オペレーターの作業負担軽減と業務効率アップを可能とする。

 本機印刷物とのカラーマッチングも「LabProof SE」によってスキルレス化を実現。さらにソリューションプラットフォーム「EQUIOS」との併用で1bitTIFFデータを運用でき、高精度なカラーマッチングと高解像度で疑似網点出力を行い、本機印刷に迫る品質を実現する。加えて、新しいカラーマネージメントサポート商品「CMSファインナビ for Multi-Device」を活用することで、品質を維持する運用を構築できる。

 1号機を導入したセントラルプロフィックスは、製版専業からスタートし、やがて印刷分野に参入。製版と印刷の両面で技術に磨きをかけながら、ビジネスの拡大を図ってきた。今回、新たにProof Jet F1100AQを導入することで、高生産・高品質・本紙対応を武器に、厳しいクライアントの要望に対応し、確固たる地位を固めていく方針。

【田畠社長のコメント】

 「クライアントからの高品質、短納期への期待に応えるべく、Proof Jet F1100AQの採用を決定した。今回、1号機ということで光栄に思っている。導入前には本紙校正対応の適応性や品質、生産性のテストを十分に行い、クライアントにも納得してもらえるインクジェット校正へのシフトに確信が持てたことが決め手となった。今後も、本機校正と共に高精度のデジタルプルーフも強みとして、クライアントの高いリクエストを的確に具現化していく」

関連記事

最新ニュース

dp_valezus_t2100_tn.jpg

理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

2019年8月21日

 理想科学工業(株)(羽山明社長)は、プロダクションプリンター市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を展開するとともに、2019年秋より、新ブ...全文を読む

dp_kanrekibanquet_tn.jpg

富士ゼロックス、Iridesse Production Pressに新たな特殊トナーを追加

2019年8月21日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、プロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press(イリデ...全文を読む

screen_labelexpo_tpj_350uv_tn.jpg

SCREEN GP Europe B.V.、LABELEXPOにTruepress Jet L350UV+シリーズ2機種を出品

2019年8月7日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズの海外子会社であるSCREEN GP Europe B.V.は、2019年9月24日から27日まで、ベルギー・ブリュッセルの「Bruss...全文を読む

dp_c72_osaka_tn.jpg

KOMORI、インプレミアC72の高度なカラーマッチング技術を披露

2019年8月6日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は7月19日、同社・大阪支社ショールームにおいて、顧客の印刷ビジネスにおける様々な課題解決をサポートするための「トータルソリューション特別内覧...全文を読む

dp_point_2019_kansai_tn.jpg

大塚商会、今年も9月に印刷関連業界向けイベント「POINT 2019 in 関西」開催

2019年8月5日

 (株)大塚商会は9月19・20日の2日間、同社・大塚梅田ビル(大阪市福島区)において、印刷関連業界向けイベント「POINT 2019 in 関西」を開催する。  このPOINTは、同...全文を読む

新着トピックス

hyodaprint_hansoku19_mini.jpg

兵田印刷工芸、B2バリアブルポスターでアンケート

2019年8月2日マーケティングケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」─デジタル技術への積極投資で印刷物製造工程における標準化・自動化を推し進める兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)は、富士フイ...全文を読む

knd_tn.jpg

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならび...全文を読む

rokka2_tn.jpg

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そん...全文を読む

SCREEN GP ジャパン、「Proof Jet F1100AQ」1号機をセントラルプロフィックスに納入

クライアントも納得する品質を高く評価

2019年8月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)SCREENGP ジャパンは、独自開発の本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F1100AQ」を今年8月に正式リリースし、その1号機を(株)セントラルプロフィックス(田畠義之社長)に納入した。

 Proof Jet F1100AQは、印刷本紙にアンカーコートなしで直接印刷できるインクジェットプリンター「Proof Jetシリーズ」のハイスピード自動化モデル。商業印刷に対応し、C、M、Y、K、Lc、Lm、Lbkのインクを搭載している。コート紙・マット紙・上質紙・ファンシーペーパーなど、各用紙の風合いを生かしたリアルな校正を、最高約11枚/時(菊全判サイズ、1,200×900dpi)の圧倒的な生産性で実現。最大用紙サイズ1,100×800mm、最大用紙厚1.2mmという仕様により、幅広く多様な業務に対応できる。
セントラルプロフィックスに納入された「Proof Jet F1100AQ」1号機
 また、標準搭載の自動給排紙装置により、L判・四六全判までの用紙を高速に給排紙し、運用を効率化。新機能のPrint Job Managerで、セットされた用紙サイズごとに複数のジョブを自動で束ねて出力できるため、オペレーターの作業負担軽減と業務効率アップを可能とする。

 本機印刷物とのカラーマッチングも「LabProof SE」によってスキルレス化を実現。さらにソリューションプラットフォーム「EQUIOS」との併用で1bitTIFFデータを運用でき、高精度なカラーマッチングと高解像度で疑似網点出力を行い、本機印刷に迫る品質を実現する。加えて、新しいカラーマネージメントサポート商品「CMSファインナビ for Multi-Device」を活用することで、品質を維持する運用を構築できる。

 1号機を導入したセントラルプロフィックスは、製版専業からスタートし、やがて印刷分野に参入。製版と印刷の両面で技術に磨きをかけながら、ビジネスの拡大を図ってきた。今回、新たにProof Jet F1100AQを導入することで、高生産・高品質・本紙対応を武器に、厳しいクライアントの要望に対応し、確固たる地位を固めていく方針。

【田畠社長のコメント】

 「クライアントからの高品質、短納期への期待に応えるべく、Proof Jet F1100AQの採用を決定した。今回、1号機ということで光栄に思っている。導入前には本紙校正対応の適応性や品質、生産性のテストを十分に行い、クライアントにも納得してもらえるインクジェット校正へのシフトに確信が持てたことが決め手となった。今後も、本機校正と共に高精度のデジタルプルーフも強みとして、クライアントの高いリクエストを的確に具現化していく」

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP