キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

新ブランドの最初の製品として高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100」を世界各国で新発売

2019年8月21日ニュース

 理想科学工業(株)(羽山明社長)は、プロダクションプリンター市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を展開するとともに、2019年秋より、新ブランドとして最初の製品となる高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100(バレザス ティー2100)」を世界各国で順次発売を開始する。
新ブランド「VALEZUS」
 「VALEZUS T2100」は、インクジェット方式のフルカラー高速カット紙プリンター。表面を印刷する印字ユニットと裏面を印刷する印字ユニットを連結することで、毎分320ページ(A4横)の高速両面プリントを可能とする。プロダクションプリンターとしては、コンパクトなシステムで、オフィスユースの優れた操作性と簡単なメンテナンスを継承しながら、高速カット紙プリンターとして高い生産性を実現し、大量印刷の作業効率を大幅に向上させる。
高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100」
 給紙ユニットは4,000枚積載可能な給紙台を2機装備(合計8,000枚)。また、排紙ユニットにも4,000枚の排紙が可能な排紙台を2機装備している(合計8,000枚)。給紙ユニット・排紙ユニットそれぞれに装備された各2機の給紙(排紙)台を切り替えながらプリント処理できるので、連続印刷しながら用紙補充や取り出しが可能。また、排紙ユニットにはジョガー機構と専用台車が搭載され、印刷の後加工工程へスムーズに受け渡すことができる。

 同機は、オープン・システム環境で一般的に使用されるPDF、PostScriptに対応するとともに、基幹業務用の業界標準印刷システムであるAFP/IPDSに対応しており、大量印刷を管理する既存ワークフローとの接続が可能。

 また、油性インクを採用したインクジェット方式のため、少ない消費電力で稼動することができるので、水性インクを採用したインクジェット方式のようなインクを乾燥するためのヒーターや、トナー方式のような熱定着による電力消費が不要となっている。

 なお、同社では、北米と欧州で先行して発売を予定しており、日本を含むアジアでの発売は未定。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

新ブランドの最初の製品として高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100」を世界各国で新発売

2019年8月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 理想科学工業(株)(羽山明社長)は、プロダクションプリンター市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を展開するとともに、2019年秋より、新ブランドとして最初の製品となる高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100(バレザス ティー2100)」を世界各国で順次発売を開始する。
新ブランド「VALEZUS」
 「VALEZUS T2100」は、インクジェット方式のフルカラー高速カット紙プリンター。表面を印刷する印字ユニットと裏面を印刷する印字ユニットを連結することで、毎分320ページ(A4横)の高速両面プリントを可能とする。プロダクションプリンターとしては、コンパクトなシステムで、オフィスユースの優れた操作性と簡単なメンテナンスを継承しながら、高速カット紙プリンターとして高い生産性を実現し、大量印刷の作業効率を大幅に向上させる。
高速カット紙プリンター「VALEZUS T2100」
 給紙ユニットは4,000枚積載可能な給紙台を2機装備(合計8,000枚)。また、排紙ユニットにも4,000枚の排紙が可能な排紙台を2機装備している(合計8,000枚)。給紙ユニット・排紙ユニットそれぞれに装備された各2機の給紙(排紙)台を切り替えながらプリント処理できるので、連続印刷しながら用紙補充や取り出しが可能。また、排紙ユニットにはジョガー機構と専用台車が搭載され、印刷の後加工工程へスムーズに受け渡すことができる。

 同機は、オープン・システム環境で一般的に使用されるPDF、PostScriptに対応するとともに、基幹業務用の業界標準印刷システムであるAFP/IPDSに対応しており、大量印刷を管理する既存ワークフローとの接続が可能。

 また、油性インクを採用したインクジェット方式のため、少ない消費電力で稼動することができるので、水性インクを採用したインクジェット方式のようなインクを乾燥するためのヒーターや、トナー方式のような熱定着による電力消費が不要となっている。

 なお、同社では、北米と欧州で先行して発売を予定しており、日本を含むアジアでの発売は未定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP