キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日ニュース

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。

 エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げている。とくに、インクジェットイノベーションにおいては、PrecisionCoreを中心としたコアデバイスを用いたインクジェットプリントヘッドの外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指しており、この「インクジェット イノベーションラボ富士見」の開設は、その具体的な施策のひとつとなる。

 同施設には、エプソンのインクジェットヘッドを搭載したIJ描画装置やIJ吐出評価機をはじめ、電子デバイスの試作および評価を行うことができる一連の設備を備えている。さらに同施設の利用者は、さまざまな用途へのインクジェット技術応用の可能性を、エプソンのノウハウも活用しながら探索することができる。
インクジェット イノベーションラボ富士見
 今後、タッチセンサーやOLEDなどの各種デバイスにおいて、プリンティングによる生産方法は拡大すると期待されており、エプソンは同施設を拠点として、インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や、インクジェットに適合した新素材の開発などに取り組む研究機関や企業とともに、インクジェット技術の応用範囲を拡大していく。また、同施設における活動を通じて得た知見を蓄積し、とくに産業用途向けのインクジェットプリントヘッドを一層進化させていく方針。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。

 エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げている。とくに、インクジェットイノベーションにおいては、PrecisionCoreを中心としたコアデバイスを用いたインクジェットプリントヘッドの外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指しており、この「インクジェット イノベーションラボ富士見」の開設は、その具体的な施策のひとつとなる。

 同施設には、エプソンのインクジェットヘッドを搭載したIJ描画装置やIJ吐出評価機をはじめ、電子デバイスの試作および評価を行うことができる一連の設備を備えている。さらに同施設の利用者は、さまざまな用途へのインクジェット技術応用の可能性を、エプソンのノウハウも活用しながら探索することができる。
インクジェット イノベーションラボ富士見
 今後、タッチセンサーやOLEDなどの各種デバイスにおいて、プリンティングによる生産方法は拡大すると期待されており、エプソンは同施設を拠点として、インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や、インクジェットに適合した新素材の開発などに取り組む研究機関や企業とともに、インクジェット技術の応用範囲を拡大していく。また、同施設における活動を通じて得た知見を蓄積し、とくに産業用途向けのインクジェットプリントヘッドを一層進化させていく方針。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP