キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日ニュース

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。

 エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げている。とくに、インクジェットイノベーションにおいては、PrecisionCoreを中心としたコアデバイスを用いたインクジェットプリントヘッドの外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指しており、この「インクジェット イノベーションラボ富士見」の開設は、その具体的な施策のひとつとなる。

 同施設には、エプソンのインクジェットヘッドを搭載したIJ描画装置やIJ吐出評価機をはじめ、電子デバイスの試作および評価を行うことができる一連の設備を備えている。さらに同施設の利用者は、さまざまな用途へのインクジェット技術応用の可能性を、エプソンのノウハウも活用しながら探索することができる。
インクジェット イノベーションラボ富士見
 今後、タッチセンサーやOLEDなどの各種デバイスにおいて、プリンティングによる生産方法は拡大すると期待されており、エプソンは同施設を拠点として、インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や、インクジェットに適合した新素材の開発などに取り組む研究機関や企業とともに、インクジェット技術の応用範囲を拡大していく。また、同施設における活動を通じて得た知見を蓄積し、とくに産業用途向けのインクジェットプリントヘッドを一層進化させていく方針。

関連記事

最新ニュース

mimaki_jv300-130-plus_dp_tn.jpg

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

2019年8月28日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カ...全文を読む

JAGAT、研究会セミナー「印刷の価値を変える デジタル印刷事例」9月24日に開催

2019年8月28日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は9月24日、東京・杉並区のJAGAT本社において、研究会セミナー「印刷の価値を変える、デジタル印刷事例」を開催する。  同セミナ...全文を読む

dp_valezus_t2100_tn.jpg

理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

2019年8月21日

 理想科学工業(株)(羽山明社長)は、プロダクションプリンター市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を展開するとともに、2019年秋より、新ブ...全文を読む

dp_kanrekibanquet_tn.jpg

富士ゼロックス、Iridesse Production Pressに新たな特殊トナーを追加

2019年8月21日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、プロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press(イリデ...全文を読む

dp_pjf1100aq_tn.jpg

SCREEN GP ジャパン、「Proof Jet F1100AQ」1号機をセントラルプロフィックスに納入

2019年8月20日

 (株)SCREENGP ジャパンは、独自開発の本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F1100AQ」を今年8月に正式リリースし、その1号機を(株)セントラルプロフィ...全文を読む

新着トピックス

hyodaprint_hansoku19_mini.jpg

兵田印刷工芸、B2バリアブルポスターでアンケート

2019年8月2日マーケティングケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」─デジタル技術への積極投資で印刷物製造工程における標準化・自動化を推し進める兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)は、富士フイ...全文を読む

knd_tn.jpg

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならび...全文を読む

rokka2_tn.jpg

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そん...全文を読む

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。

 エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げている。とくに、インクジェットイノベーションにおいては、PrecisionCoreを中心としたコアデバイスを用いたインクジェットプリントヘッドの外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指しており、この「インクジェット イノベーションラボ富士見」の開設は、その具体的な施策のひとつとなる。

 同施設には、エプソンのインクジェットヘッドを搭載したIJ描画装置やIJ吐出評価機をはじめ、電子デバイスの試作および評価を行うことができる一連の設備を備えている。さらに同施設の利用者は、さまざまな用途へのインクジェット技術応用の可能性を、エプソンのノウハウも活用しながら探索することができる。
インクジェット イノベーションラボ富士見
 今後、タッチセンサーやOLEDなどの各種デバイスにおいて、プリンティングによる生産方法は拡大すると期待されており、エプソンは同施設を拠点として、インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や、インクジェットに適合した新素材の開発などに取り組む研究機関や企業とともに、インクジェット技術の応用範囲を拡大していく。また、同施設における活動を通じて得た知見を蓄積し、とくに産業用途向けのインクジェットプリントヘッドを一層進化させていく方針。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP