キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティング...

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

省人化&効率化による働き方改革と環境負荷低減を実現

2019年8月28日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カッティングプロッター「CG-130FXII Plus」を9月末に発売する。

 1996年に同社が世界で初めて水性顔料を搭載した大判インクジェットプリンタを開発。2002年に発売した溶剤インクジェットプリンタ「JV3 Series」は、看板市場で業界スタンダードマシンとしての地位を確立した。また、2008年に発売した「CJV30 Series」は、従来カッティングプロッタが担っていたカット機能をプリンタに持たせることで、省スペース&効率化を実現。さらに2014年に発売した「JV/CJV300 Series」は、発売当初から市場で根強い人気を誇り、「CJV300 Series」は2018年度の国内プリント&カット複合機販売台数においてトップシェアを獲得している。

 そして今回発売する3製品は、無人連続カットを可能にする新機能「IDカット機能」とネットワークケーブルを通じてプリンタにデータ送信可能な新接続方式「Ethernet接続」を追加することで、省人化&効率化を実現したもので、働き方改革実現に向けた労働環境整備の一助として活用できる。

JV300-130 Plus

CJV300-130 Plus

 「IDカット機能」は、プリントされたID付きトンボをスキャンして、カットデータ読み込みとカットを自動で行う機能。従来は、カットジョブ毎にトンボスキャンとカットデータ指定をオペレータが手作業で行っていたが、「IDカット機能」を使うことで無人連続カットが可能となる。

 一方、新しく追加された「Ethernet」接続は、従来のUSB接続と違い、ネットワークケーブルを通じて接続する方式のため同一ネットワーク内のパソコンからプリンタへの接続が可能となる。

CG-130FXII Plus

 また、「JV/CJV300-130 Plus」にはエコインクカートリッジシステムを採用。SS21のインクカートリッジを440mlカートリッジから600mlの「エコカートリッジ」に変更することで、インクコストを従来比15%削減する。プラスチックケースを再利用してユーザー自身が中身のインクパックを入れ替えることで、プラスチック使用量軽減による環境保全とインク単価の低減を両立させている。

 さらに、「JV/CJV300-130 Plus」の「Ethernet接続」に対応した新たな独自画質コントール技術「MAPS4」を採用。通常、パスの境界は直線になるため少しのズレによって横シマが出るバンディングや、色ムラの原因になるが、「MAPS4」ではパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し、美しいプリントを実現する。

 一方、巻取り機構も一新。メディア搬送の安定性が向上し、従来は40kgまでだった対応メディア重量が45kgになった。さらに、メディア巻取り時の端面蛇行を防止する端面ガイドを標準装備しており、安定した高品質の巻取りを実現している。

関連記事

最新ニュース

dp_epson_cct_tn.jpg

エプソン販売、カラーマネジメント技術を活用した役務提供を開始

2019年8月28日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、商業・産業印刷における色再現性を高めるカラーマネジメント技術「Color Control Technology」を活用した役務提供を2019年1...全文を読む

JAGAT、研究会セミナー「印刷の価値を変える デジタル印刷事例」9月24日に開催

2019年8月28日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は9月24日、東京・杉並区のJAGAT本社において、研究会セミナー「印刷の価値を変える、デジタル印刷事例」を開催する。  同セミナ...全文を読む

dp_inonnva_fujimi_tn.jpg

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。  エプソン...全文を読む

dp_valezus_t2100_tn.jpg

理想科学工業、プロダクションプリンター市場向けに新ブランドを展開

2019年8月21日

 理想科学工業(株)(羽山明社長)は、プロダクションプリンター市場向けの高速インクジェットプリンターの新ブランド「VALEZUS(バレザス)」を展開するとともに、2019年秋より、新ブ...全文を読む

dp_kanrekibanquet_tn.jpg

富士ゼロックス、Iridesse Production Pressに新たな特殊トナーを追加

2019年8月21日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、プロダクションカラープリンティングのハイエンドプロ市場向けモデル「Iridesse Production Press(イリデ...全文を読む

新着トピックス

hyodaprint_hansoku19_mini.jpg

兵田印刷工芸、B2バリアブルポスターでアンケート

2019年8月2日マーケティングケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」─デジタル技術への積極投資で印刷物製造工程における標準化・自動化を推し進める兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)は、富士フイ...全文を読む

knd_tn.jpg

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならび...全文を読む

rokka2_tn.jpg

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そん...全文を読む

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

省人化&効率化による働き方改革と環境負荷低減を実現

2019年8月28日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カッティングプロッター「CG-130FXII Plus」を9月末に発売する。

 1996年に同社が世界で初めて水性顔料を搭載した大判インクジェットプリンタを開発。2002年に発売した溶剤インクジェットプリンタ「JV3 Series」は、看板市場で業界スタンダードマシンとしての地位を確立した。また、2008年に発売した「CJV30 Series」は、従来カッティングプロッタが担っていたカット機能をプリンタに持たせることで、省スペース&効率化を実現。さらに2014年に発売した「JV/CJV300 Series」は、発売当初から市場で根強い人気を誇り、「CJV300 Series」は2018年度の国内プリント&カット複合機販売台数においてトップシェアを獲得している。

 そして今回発売する3製品は、無人連続カットを可能にする新機能「IDカット機能」とネットワークケーブルを通じてプリンタにデータ送信可能な新接続方式「Ethernet接続」を追加することで、省人化&効率化を実現したもので、働き方改革実現に向けた労働環境整備の一助として活用できる。

JV300-130 Plus

CJV300-130 Plus

 「IDカット機能」は、プリントされたID付きトンボをスキャンして、カットデータ読み込みとカットを自動で行う機能。従来は、カットジョブ毎にトンボスキャンとカットデータ指定をオペレータが手作業で行っていたが、「IDカット機能」を使うことで無人連続カットが可能となる。

 一方、新しく追加された「Ethernet」接続は、従来のUSB接続と違い、ネットワークケーブルを通じて接続する方式のため同一ネットワーク内のパソコンからプリンタへの接続が可能となる。

CG-130FXII Plus

 また、「JV/CJV300-130 Plus」にはエコインクカートリッジシステムを採用。SS21のインクカートリッジを440mlカートリッジから600mlの「エコカートリッジ」に変更することで、インクコストを従来比15%削減する。プラスチックケースを再利用してユーザー自身が中身のインクパックを入れ替えることで、プラスチック使用量軽減による環境保全とインク単価の低減を両立させている。

 さらに、「JV/CJV300-130 Plus」の「Ethernet接続」に対応した新たな独自画質コントール技術「MAPS4」を採用。通常、パスの境界は直線になるため少しのズレによって横シマが出るバンディングや、色ムラの原因になるが、「MAPS4」ではパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し、美しいプリントを実現する。

 一方、巻取り機構も一新。メディア搬送の安定性が向上し、従来は40kgまでだった対応メディア重量が45kgになった。さらに、メディア巻取り時の端面蛇行を防止する端面ガイドを標準装備しており、安定した高品質の巻取りを実現している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP