キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティング...

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

省人化&効率化による働き方改革と環境負荷低減を実現

2019年8月28日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カッティングプロッター「CG-130FXII Plus」を9月末に発売する。

 1996年に同社が世界で初めて水性顔料を搭載した大判インクジェットプリンタを開発。2002年に発売した溶剤インクジェットプリンタ「JV3 Series」は、看板市場で業界スタンダードマシンとしての地位を確立した。また、2008年に発売した「CJV30 Series」は、従来カッティングプロッタが担っていたカット機能をプリンタに持たせることで、省スペース&効率化を実現。さらに2014年に発売した「JV/CJV300 Series」は、発売当初から市場で根強い人気を誇り、「CJV300 Series」は2018年度の国内プリント&カット複合機販売台数においてトップシェアを獲得している。

 そして今回発売する3製品は、無人連続カットを可能にする新機能「IDカット機能」とネットワークケーブルを通じてプリンタにデータ送信可能な新接続方式「Ethernet接続」を追加することで、省人化&効率化を実現したもので、働き方改革実現に向けた労働環境整備の一助として活用できる。

JV300-130 Plus

CJV300-130 Plus

 「IDカット機能」は、プリントされたID付きトンボをスキャンして、カットデータ読み込みとカットを自動で行う機能。従来は、カットジョブ毎にトンボスキャンとカットデータ指定をオペレータが手作業で行っていたが、「IDカット機能」を使うことで無人連続カットが可能となる。

 一方、新しく追加された「Ethernet」接続は、従来のUSB接続と違い、ネットワークケーブルを通じて接続する方式のため同一ネットワーク内のパソコンからプリンタへの接続が可能となる。

CG-130FXII Plus

 また、「JV/CJV300-130 Plus」にはエコインクカートリッジシステムを採用。SS21のインクカートリッジを440mlカートリッジから600mlの「エコカートリッジ」に変更することで、インクコストを従来比15%削減する。プラスチックケースを再利用してユーザー自身が中身のインクパックを入れ替えることで、プラスチック使用量軽減による環境保全とインク単価の低減を両立させている。

 さらに、「JV/CJV300-130 Plus」の「Ethernet接続」に対応した新たな独自画質コントール技術「MAPS4」を採用。通常、パスの境界は直線になるため少しのズレによって横シマが出るバンディングや、色ムラの原因になるが、「MAPS4」ではパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し、美しいプリントを実現する。

 一方、巻取り機構も一新。メディア搬送の安定性が向上し、従来は40kgまでだった対応メディア重量が45kgになった。さらに、メディア巻取り時の端面蛇行を防止する端面ガイドを標準装備しており、安定した高品質の巻取りを実現している。

関連記事

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

dp_sc_p7500_red_tn.jpg

エプソン、大判プリンターがレッド・ドット賞プロダクトデザイン部門で「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」受賞

2020年3月31日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award Product Design 2...全文を読む

新着トピックス

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

dp_shinwa_yamazaki_tn.jpg

新和製作所、本稼働の最終段階に入ったインプレミアNS40

2020年4月2日ケーススタディ

 昨年10月、(株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテスト...全文を読む

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

省人化&効率化による働き方改革と環境負荷低減を実現

2019年8月28日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カッティングプロッター「CG-130FXII Plus」を9月末に発売する。

 1996年に同社が世界で初めて水性顔料を搭載した大判インクジェットプリンタを開発。2002年に発売した溶剤インクジェットプリンタ「JV3 Series」は、看板市場で業界スタンダードマシンとしての地位を確立した。また、2008年に発売した「CJV30 Series」は、従来カッティングプロッタが担っていたカット機能をプリンタに持たせることで、省スペース&効率化を実現。さらに2014年に発売した「JV/CJV300 Series」は、発売当初から市場で根強い人気を誇り、「CJV300 Series」は2018年度の国内プリント&カット複合機販売台数においてトップシェアを獲得している。

 そして今回発売する3製品は、無人連続カットを可能にする新機能「IDカット機能」とネットワークケーブルを通じてプリンタにデータ送信可能な新接続方式「Ethernet接続」を追加することで、省人化&効率化を実現したもので、働き方改革実現に向けた労働環境整備の一助として活用できる。

JV300-130 Plus

CJV300-130 Plus

 「IDカット機能」は、プリントされたID付きトンボをスキャンして、カットデータ読み込みとカットを自動で行う機能。従来は、カットジョブ毎にトンボスキャンとカットデータ指定をオペレータが手作業で行っていたが、「IDカット機能」を使うことで無人連続カットが可能となる。

 一方、新しく追加された「Ethernet」接続は、従来のUSB接続と違い、ネットワークケーブルを通じて接続する方式のため同一ネットワーク内のパソコンからプリンタへの接続が可能となる。

CG-130FXII Plus

 また、「JV/CJV300-130 Plus」にはエコインクカートリッジシステムを採用。SS21のインクカートリッジを440mlカートリッジから600mlの「エコカートリッジ」に変更することで、インクコストを従来比15%削減する。プラスチックケースを再利用してユーザー自身が中身のインクパックを入れ替えることで、プラスチック使用量軽減による環境保全とインク単価の低減を両立させている。

 さらに、「JV/CJV300-130 Plus」の「Ethernet接続」に対応した新たな独自画質コントール技術「MAPS4」を採用。通常、パスの境界は直線になるため少しのズレによって横シマが出るバンディングや、色ムラの原因になるが、「MAPS4」ではパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し、美しいプリントを実現する。

 一方、巻取り機構も一新。メディア搬送の安定性が向上し、従来は40kgまでだった対応メディア重量が45kgになった。さらに、メディア巻取り時の端面蛇行を防止する端面ガイドを標準装備しており、安定した高品質の巻取りを実現している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP