キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」、9月4日から東京で...

国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」、9月4日から東京で開催

大会テーマは「Rediscover - 変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」

2019年8月28日ニュース

 国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」(エー・タイプ・アイ)が9月4日から7日の4日間、日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)で開催される。

 ATypIは、設立から約60年もの間、タイプデザインおよびタイポグラフィを教育、歴史的文脈、テクノロジー、ビジネスの側面から探求し、タイポグラフィを愛するコミュニティを育みながら発展してきたグローバルフォーラム。毎年開催されるカンファレンスでは、タイプデザインおよびタイポグラフィの歴史、文化、伝統を取り上げるだけでなく、コンテンポラリーなデジタルフォントの促進、画期的なタイポグラフィやタイポグラフィックデザインの発掘、タイプデザインの権利維持を目的とした活動なども展開している。第63回を迎える今回は「ATypI 2019 Tokyo」と称し、東京で開催される。

 大会テーマは「Rediscover-変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」。4日にはプレ・カンファレンスデーとして、タイポグラフィやデザインを学ぶ学生からプロフェッショナルまで、すべてを対象として参加型ワークショップが開催されるほか、5日から7日の3日間は、同大会のテーマに基づき、タイプデザインもしくはタイポグラフィに特化した内容でプログラムを構成。各プレゼンテーションは20分、基調講演は40分。世界的タイプデザイナーのマシュー・カーターをはじめ、Adobe、ARPHIC(台湾)、方正(中国)、SANDOLL(韓国)、モリサワ(日本)、字游工房(日本)、タイププロジェクト(日本)、フォントワークス(日本)、日本タイポグラフィ協会(日本)など、世界を代表するフォントベンダー、関係団体が参加を予定している(全プログラム)。

 チケットは、プレ・カンファレンスデーが半日参加で50USドル、全日参加で100USドル。5日から7日の主要プログラムは、一般が625USドル、学生が250USドル。ATypI公式サイトに登録の上、オンラインストアで購入できる。

関連記事

最新ニュース

originaljp360_dp_tn.jpg

オリジナルプリント.jp、量産型高速ロータリーIJプリントサービス開始

2019年9月3日

 Tシャツやマグカップ、スマホケースなど約1,500種類のアイテムにWeb上で誰でも簡単にデザイン作成ができ、オリジナルグッズの作成・注文ができる「オリジナルプリント.jp」を運営する...全文を読む

dp_epson_cct_tn.jpg

エプソン販売、カラーマネジメント技術を活用した役務提供を開始

2019年8月28日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、商業・産業印刷における色再現性を高めるカラーマネジメント技術「Color Control Technology」を活用した役務提供を2019年1...全文を読む

mimaki_jv300-130-plus_dp_tn.jpg

ミマキ、サイン市場向けエコソルベント大判IJプリンタ/カッティングプロッタ発売

2019年8月28日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、看板市場向けエコソルベントインク搭載の大判インクジェットプリンタ「JV300-130 Plus」「CJV300-130 Plus」、カ...全文を読む

JAGAT、研究会セミナー「印刷の価値を変える デジタル印刷事例」9月24日に開催

2019年8月28日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)は9月24日、東京・杉並区のJAGAT本社において、研究会セミナー「印刷の価値を変える、デジタル印刷事例」を開催する。  同セミナ...全文を読む

dp_inonnva_fujimi_tn.jpg

セイコーエプソン、「インクジェット イノベーションラボ富士見」開設

2019年8月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほど富士見事業所(長野県諏訪郡富士見町)に「インクジェット イノベーションラボ富士見」を開設し、10月より本格稼動を開始する。  エプソン...全文を読む

新着トピックス

hyodaprint_hansoku19_mini.jpg

兵田印刷工芸、B2バリアブルポスターでアンケート

2019年8月2日マーケティングケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」─デジタル技術への積極投資で印刷物製造工程における標準化・自動化を推し進める兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)は、富士フイ...全文を読む

knd_tn.jpg

甲南堂、デジタル加飾で「感動を与える印刷」提供

2019年7月31日ケーススタディ

 (株)甲南堂(水落充社長)の「KONANDO Labo」(所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町4-7-9)は、B2枚葉UVインクジェット印刷機「Accurio Jet KM-1」ならび...全文を読む

rokka2_tn.jpg

ロッカ、レーザー加工機「FLEXI800」活用〜加工精度と生産性評価

2019年7月30日ケーススタディ

 (株)ロッカ(本社/東京都荒川区、馬場将実社長)は、全6台のレーザー加工機を保有し、紙や木材、アクリルなど様々な素材への様々なデザインのレーザー加工・抜き加工技術を誇る加工企業。そん...全文を読む

国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」、9月4日から東京で開催

大会テーマは「Rediscover - 変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」

2019年8月28日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 国際タイポグラフィカンファレンス「ATypI」(エー・タイプ・アイ)が9月4日から7日の4日間、日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)で開催される。

 ATypIは、設立から約60年もの間、タイプデザインおよびタイポグラフィを教育、歴史的文脈、テクノロジー、ビジネスの側面から探求し、タイポグラフィを愛するコミュニティを育みながら発展してきたグローバルフォーラム。毎年開催されるカンファレンスでは、タイプデザインおよびタイポグラフィの歴史、文化、伝統を取り上げるだけでなく、コンテンポラリーなデジタルフォントの促進、画期的なタイポグラフィやタイポグラフィックデザインの発掘、タイプデザインの権利維持を目的とした活動なども展開している。第63回を迎える今回は「ATypI 2019 Tokyo」と称し、東京で開催される。

 大会テーマは「Rediscover-変化と伝統の都市、東京でタイポグラフィを再発見しよう!」。4日にはプレ・カンファレンスデーとして、タイポグラフィやデザインを学ぶ学生からプロフェッショナルまで、すべてを対象として参加型ワークショップが開催されるほか、5日から7日の3日間は、同大会のテーマに基づき、タイプデザインもしくはタイポグラフィに特化した内容でプログラムを構成。各プレゼンテーションは20分、基調講演は40分。世界的タイプデザイナーのマシュー・カーターをはじめ、Adobe、ARPHIC(台湾)、方正(中国)、SANDOLL(韓国)、モリサワ(日本)、字游工房(日本)、タイププロジェクト(日本)、フォントワークス(日本)、日本タイポグラフィ協会(日本)など、世界を代表するフォントベンダー、関係団体が参加を予定している(全プログラム)。

 チケットは、プレ・カンファレンスデーが半日参加で50USドル、全日参加で100USドル。5日から7日の主要プログラムは、一般が625USドル、学生が250USドル。ATypI公式サイトに登録の上、オンラインストアで購入できる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP