キーワードで検索

2018年度のプリンタ世界出荷台数、前年度比98.9%の9,589万台

2019年9月26日ニュース

 (株)矢野経済研究所は、2018年度のプリンタ世界市場を調査し、各種出力機器の出荷台数・出荷金額、利用動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

 2018年度のプリンタ(出力機器)の世界出荷台数は、前年度比98.9%の9,589万台、同出荷金額は同99.0%の5兆5,741億円(いずれもメーカー出荷ベース)となった。出荷台数をみると、引き続きコンシューマー向けプリンタの需要減の影響が大きく、全体の出荷台数が伸び悩む形となった。一方、オフィス向けプリンタでは新興国を中心に需要が増加し、ページプリンタ(中-低速)とMFP(複合機/複写機)の両セグメントで出荷台数が微増となった。

 出荷金額では、プロダクションプリンタやLFPなどの業務・産業向けプリンタが伸び悩んだ影響もあり、前年度比で微減となった。産業向けプリンタについては、導入されるべき企業には導入されたという一巡感があり、これまでのような成長を遂げられなかったと考えられる。

中速インクジェットプリンタの動向

 中速インクジェットプリンタとは、印刷速度が約70〜160枚/分のインクジェットプリンタを指し、主に理想科学工業(株)、セイコーエプソン(株)、HP、キヤノン(株)の製品が対象となる。2018年度の中速インクジェットプリンタ世界出荷台数は前年度比106.8%の5,790台、同出荷金額は同105.2%の181億円(いずれもメーカー出荷ベース)と順調な推移となった。

 中型インクジェットプリンタは、プレゼン資料などカラーでの大量出力や、DM/名刺/ハガキなどの軽印刷といった用途に加え、オフィスの中核出力機器としての活用も見込まれており、メーカー各社の製品モデルによってターゲット層も若干異なっている。中型インクジェットプリンタは今後もさまざまな使われ方で広範に普及していくとみられ、出荷台数・出荷金額ともに堅調に推移すると予測される。

 米中貿易摩擦の激化や中国での金融政策の引き締めなどを要因として、2019年度は世界経済が減速する見通しの中、プリンタの新規導入を期待できる地域でのユーザー企業の導入意欲は減退する見込みで、出荷台数の回復は期待できない。

 一方、産業向けプリンタでは数年続いた一巡感が落ち着き、機器リプレイスの需要が増加する見込みで、出荷金額ベースでは若干の伸びが期待できる。こうしたことから、2019年度のプリンタ世界出荷台数は前年度比98.9%の9,484万4,000台、同出荷金額は前年度比100.2%の5兆5,865億円(いずれもメーカー出荷ベース)になると予測している。

関連記事

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

オセ、2020年1月1日より社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更

2019年10月3日

 キヤノングループのオセホールディングB.V.(以下「オセ」)は、2020年1月1日より、社名(商号)を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更する。  オセは、2010年にキヤ...全文を読む

dp_ns40_b_tn.jpg

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

2019年10月3日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。 ...全文を読む

新着トピックス

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

2018年度のプリンタ世界出荷台数、前年度比98.9%の9,589万台

2019年9月26日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)矢野経済研究所は、2018年度のプリンタ世界市場を調査し、各種出力機器の出荷台数・出荷金額、利用動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

 2018年度のプリンタ(出力機器)の世界出荷台数は、前年度比98.9%の9,589万台、同出荷金額は同99.0%の5兆5,741億円(いずれもメーカー出荷ベース)となった。出荷台数をみると、引き続きコンシューマー向けプリンタの需要減の影響が大きく、全体の出荷台数が伸び悩む形となった。一方、オフィス向けプリンタでは新興国を中心に需要が増加し、ページプリンタ(中-低速)とMFP(複合機/複写機)の両セグメントで出荷台数が微増となった。

 出荷金額では、プロダクションプリンタやLFPなどの業務・産業向けプリンタが伸び悩んだ影響もあり、前年度比で微減となった。産業向けプリンタについては、導入されるべき企業には導入されたという一巡感があり、これまでのような成長を遂げられなかったと考えられる。

中速インクジェットプリンタの動向

 中速インクジェットプリンタとは、印刷速度が約70〜160枚/分のインクジェットプリンタを指し、主に理想科学工業(株)、セイコーエプソン(株)、HP、キヤノン(株)の製品が対象となる。2018年度の中速インクジェットプリンタ世界出荷台数は前年度比106.8%の5,790台、同出荷金額は同105.2%の181億円(いずれもメーカー出荷ベース)と順調な推移となった。

 中型インクジェットプリンタは、プレゼン資料などカラーでの大量出力や、DM/名刺/ハガキなどの軽印刷といった用途に加え、オフィスの中核出力機器としての活用も見込まれており、メーカー各社の製品モデルによってターゲット層も若干異なっている。中型インクジェットプリンタは今後もさまざまな使われ方で広範に普及していくとみられ、出荷台数・出荷金額ともに堅調に推移すると予測される。

 米中貿易摩擦の激化や中国での金融政策の引き締めなどを要因として、2019年度は世界経済が減速する見通しの中、プリンタの新規導入を期待できる地域でのユーザー企業の導入意欲は減退する見込みで、出荷台数の回復は期待できない。

 一方、産業向けプリンタでは数年続いた一巡感が落ち着き、機器リプレイスの需要が増加する見込みで、出荷金額ベースでは若干の伸びが期待できる。こうしたことから、2019年度のプリンタ世界出荷台数は前年度比98.9%の9,484万4,000台、同出荷金額は前年度比100.2%の5兆5,865億円(いずれもメーカー出荷ベース)になると予測している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP