キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、布と紙の両方にプリントできるハイブリッド式テキスタイルIJ...

ミマキ、布と紙の両方にプリントできるハイブリッド式テキスタイルIJプリンタ

2019年9月19日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、ハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンタ「Tx300P-1800 MkII」の販売を11月中旬から開始する。
Tx300P-1800 MkII
 同プリンタは、昇華染料インクと捺染顔料インクを同時に搭載し、搬送ユニットの切り替えを行うことで布と紙の両方にプリントできるハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンタ。昇華染料インクは、ポリエステル生地への染色ができ、用途はソフトサインやファッションアパレル、スポーツアパレルなど幅広く活用されている。一方、捺染顔料インクは綿や麻、レーヨンなどのセルロース繊維への着色ができ、主にインテリアファブリックやファッションアパレルで活用されている。従来機種では昇華染料インク(ダイレクト)と捺染顔料インクの組み合わせしかなかったが、紙メディアへのプリント対応により、転写紙へプリントを行える昇華染料インク(転写)が追加になった。これにより、インクの組み合わせは「昇華染料インク(転写)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(ダイレクト)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(転写)+昇華染料インク(ダイレクト)」の3タイプとなり、各インクの用途や素材に応じた組み合わせが可能となった。

 なお、捺染顔料インクは受理層のある紙メディアへのプリントも可能で、壁紙やポスターへのプリントなど、幅広く使用できる。

 昇華染料インク(転写)と捺染顔料インクは、プリント後の洗い工程が不要なため、汚水の発生を抑えたエコロジーな染色が可能。また、専用の排水設備工事も不要なため、自社内でのテキスタイルのサンプル生産や小ロット生産など、簡単に新規事業をスタートできる。

関連記事

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

オセ、2020年1月1日より社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更

2019年10月3日

 キヤノングループのオセホールディングB.V.(以下「オセ」)は、2020年1月1日より、社名(商号)を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更する。  オセは、2010年にキヤ...全文を読む

dp_ns40_b_tn.jpg

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

2019年10月3日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。 ...全文を読む

新着トピックス

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

ミマキ、布と紙の両方にプリントできるハイブリッド式テキスタイルIJプリンタ

2019年9月19日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、ハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンタ「Tx300P-1800 MkII」の販売を11月中旬から開始する。
Tx300P-1800 MkII
 同プリンタは、昇華染料インクと捺染顔料インクを同時に搭載し、搬送ユニットの切り替えを行うことで布と紙の両方にプリントできるハイブリッド式テキスタイルインクジェットプリンタ。昇華染料インクは、ポリエステル生地への染色ができ、用途はソフトサインやファッションアパレル、スポーツアパレルなど幅広く活用されている。一方、捺染顔料インクは綿や麻、レーヨンなどのセルロース繊維への着色ができ、主にインテリアファブリックやファッションアパレルで活用されている。従来機種では昇華染料インク(ダイレクト)と捺染顔料インクの組み合わせしかなかったが、紙メディアへのプリント対応により、転写紙へプリントを行える昇華染料インク(転写)が追加になった。これにより、インクの組み合わせは「昇華染料インク(転写)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(ダイレクト)+捺染顔料インク」「昇華染料インク(転写)+昇華染料インク(ダイレクト)」の3タイプとなり、各インクの用途や素材に応じた組み合わせが可能となった。

 なお、捺染顔料インクは受理層のある紙メディアへのプリントも可能で、壁紙やポスターへのプリントなど、幅広く使用できる。

 昇華染料インク(転写)と捺染顔料インクは、プリント後の洗い工程が不要なため、汚水の発生を抑えたエコロジーな染色が可能。また、専用の排水設備工事も不要なため、自社内でのテキスタイルのサンプル生産や小ロット生産など、簡単に新規事業をスタートできる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP