キーワードで検索

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire 106」国内1号機を関東工場に設置完了

2019年10月2日ニュース

 印刷業界の注目を集めるB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire 106」の国内1号機は、今年11月の本稼働に向けて着々と準備・調整が進められているようだ。同機を導入した(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)の関東工場では、8月に設置作業を終え、調整、トレーニング期間に入っている。稼働初日には業界関係者、報道を招いての起動式も挙行する予定で、「通販サービスで2020年に売上20億円」の実現に向けてラストスパートをかけていく考えだ。
Primefire 106

 「デジタル印刷で柱を立てる」。これは、同社が関東工場にデジタル印刷機「iGen4」を導入し、小ロットパッケージの通販サービス「ハコプレ」を立ち上げ、通販サービスの市場に名乗りを上げた2013年4月から掲げてきた目標であり、同社ではデジタル印刷を印刷紙器や段ボールなどトータルにパッケージを手掛ける企業としての柱、タイにも工場を持つグローバル企業としての柱に次ぐ3本目の柱に成長させるべく、通販サービスの展開と合わせ、デジタル印刷設備の強化も進めてきた。

 通販サービス展開としては、この6年間で「ハコプレ」に続いて、BtoC向け極小ロットパッケージ「世界にひとつの箱」、小売店や飲食店にメニューやポスター・POPなどを提供する「ポップレ」、紙袋専門の小ロット・超短納期・超低価格サービス「ハコプレ紙袋」、極小ロットのパッケージを対象にした「サンプルパッケージ.com」を次々と開設し、小ロット印刷物の大量受注によりデジタル印刷による売上を年々拡大してきた。

 そしてこの間、2015年1月に2台目のデジタル印刷機となる「Versant2100Press」を導入。続いて同年9月にはB2サイズ・厚紙対応「JetPress720S」を導入し、さらに昨年5月には「Iridesse Production Press」を導入するなど、通販サービスによる新市場開拓と売上拡大に合わせ、デジタル印刷事業を設備面でも加速させてきた。

 そして、同社は8月にB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire 106」の国内1号機を関東工場に導入。設置作業を終え、11月の本稼働に向けて調整・トレーニングを進めているところだ。同社の鍛治川和広常務取締役は「印刷テストの結果は素晴らしかった。グリーンやオレンジの色の再現は抜群で、今まで見た印刷物の中で最も美しい印刷物であった。1枚目から500枚目までの印刷の安定性についても、同席したオフセット印刷のオペレータも驚いていた。もう1つ、プライムファイア106の特徴で私たちにとって重要なのは、パントーンの95%の色領域を再現できるということ。なぜなら、パッケージ印刷会社はたくさんの特色を使わなくてはならないからである。A3からB2に移行した時、私たちはビジネスを拡大することができた。B1サイズのデジタル印刷機として群を抜いたプライムファイア106のテクノロジーにより、さらに幅広くビジネスができることに期待したい」と、プライムファイア106への期待は大きい。

 「プライムファイア106」は、drupa2016においてハイデルベルグ社が発表して以来、ドイツのウエストロック社、カラードルック社、スイスのロンド社、アメリカのウォーネキーペーパーボックス社、中国のシィーアーンヂャンロォン社など、ハイデルベルグのウィスロッホ ヴァルドルフのプリントメディアセンターに設置された1台を除き、すでに世界で6台が稼働を開始している。

 今回、共進ペイパー&パッケージが導入したプライムファイア106は、日本では1号機、世界では7台目となる。同機を活用した同社の取り組みは、国内外から大きな注目を集めそうだ。

関連記事

最新ニュース

キーポイントインテリジェンス、11月21日にデジタル印刷コンファレンス

2019年10月9日

 (株)キーポイントインテリジェンスは、プロダクションデジタル印刷/POD市場コンファレンス2019を11月21日に東京コンファレンスセンター・品川において開催する。  今後、プロダク...全文を読む

dp_tsf2019_semina_tn.jpg

THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO、会期中に行われるセミナーの登録受付開始

2019年10月4日

 TSF2019実⾏委員会は、11⽉11⽇から13⽇までの3日間、京都の「みやこめっせ」において開催する「THINK SMART FACTORY2019 IN KYOTO」の会期中に開...全文を読む

dp_ij_rd_tn.jpg

セイコーエプソン、PrecisionCoreプリントヘッド搭載の「R&D用インクジェット装置」開発

2019年10月3日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)は、このほどPrecisionCoreプリントヘッドを搭載した「R&D用インクジェット装置」を開発した。同製品は、インクジェット技術の応用に関する...全文を読む

オセ、2020年1月1日より社名を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更

2019年10月3日

 キヤノングループのオセホールディングB.V.(以下「オセ」)は、2020年1月1日より、社名(商号)を「キヤノンプロダクションプリンティング」に変更する。  オセは、2010年にキヤ...全文を読む

dp_ns40_b_tn.jpg

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

2019年10月3日

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。 ...全文を読む

新着トピックス

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

K-SOLUTION、海外インクジェット関連部品を提供〜新製品開発の期間を短縮

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)K-SOLUTION(本社/東京都府中市、勝田康社長)は、新製品の開発目的に応じて海外製のインクジェット関連部品を国内メーカーに提案し、インクジェット印刷機の機能性向上と新製品...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire 106」国内1号機を関東工場に設置完了

2019年10月2日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 印刷業界の注目を集めるB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire 106」の国内1号機は、今年11月の本稼働に向けて着々と準備・調整が進められているようだ。同機を導入した(株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)の関東工場では、8月に設置作業を終え、調整、トレーニング期間に入っている。稼働初日には業界関係者、報道を招いての起動式も挙行する予定で、「通販サービスで2020年に売上20億円」の実現に向けてラストスパートをかけていく考えだ。
Primefire 106

 「デジタル印刷で柱を立てる」。これは、同社が関東工場にデジタル印刷機「iGen4」を導入し、小ロットパッケージの通販サービス「ハコプレ」を立ち上げ、通販サービスの市場に名乗りを上げた2013年4月から掲げてきた目標であり、同社ではデジタル印刷を印刷紙器や段ボールなどトータルにパッケージを手掛ける企業としての柱、タイにも工場を持つグローバル企業としての柱に次ぐ3本目の柱に成長させるべく、通販サービスの展開と合わせ、デジタル印刷設備の強化も進めてきた。

 通販サービス展開としては、この6年間で「ハコプレ」に続いて、BtoC向け極小ロットパッケージ「世界にひとつの箱」、小売店や飲食店にメニューやポスター・POPなどを提供する「ポップレ」、紙袋専門の小ロット・超短納期・超低価格サービス「ハコプレ紙袋」、極小ロットのパッケージを対象にした「サンプルパッケージ.com」を次々と開設し、小ロット印刷物の大量受注によりデジタル印刷による売上を年々拡大してきた。

 そしてこの間、2015年1月に2台目のデジタル印刷機となる「Versant2100Press」を導入。続いて同年9月にはB2サイズ・厚紙対応「JetPress720S」を導入し、さらに昨年5月には「Iridesse Production Press」を導入するなど、通販サービスによる新市場開拓と売上拡大に合わせ、デジタル印刷事業を設備面でも加速させてきた。

 そして、同社は8月にB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire 106」の国内1号機を関東工場に導入。設置作業を終え、11月の本稼働に向けて調整・トレーニングを進めているところだ。同社の鍛治川和広常務取締役は「印刷テストの結果は素晴らしかった。グリーンやオレンジの色の再現は抜群で、今まで見た印刷物の中で最も美しい印刷物であった。1枚目から500枚目までの印刷の安定性についても、同席したオフセット印刷のオペレータも驚いていた。もう1つ、プライムファイア106の特徴で私たちにとって重要なのは、パントーンの95%の色領域を再現できるということ。なぜなら、パッケージ印刷会社はたくさんの特色を使わなくてはならないからである。A3からB2に移行した時、私たちはビジネスを拡大することができた。B1サイズのデジタル印刷機として群を抜いたプライムファイア106のテクノロジーにより、さらに幅広くビジネスができることに期待したい」と、プライムファイア106への期待は大きい。

 「プライムファイア106」は、drupa2016においてハイデルベルグ社が発表して以来、ドイツのウエストロック社、カラードルック社、スイスのロンド社、アメリカのウォーネキーペーパーボックス社、中国のシィーアーンヂャンロォン社など、ハイデルベルグのウィスロッホ ヴァルドルフのプリントメディアセンターに設置された1台を除き、すでに世界で6台が稼働を開始している。

 今回、共進ペイパー&パッケージが導入したプライムファイア106は、日本では1号機、世界では7台目となる。同機を活用した同社の取り組みは、国内外から大きな注目を集めそうだ。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP