キーワードで検索

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

今年11月に国内ユーザー先でベータテストを開始

2019年10月3日ニュース

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。

 インプレミアNS40は、ランダ社とのライセンス契約に基づくナノグラフィー技術を採用し、KOMORIが長年のオフセット印刷ビジネスで培ってきた技術とノウハウを融合させて開発した40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム。印刷速度は、6,500sph(両面印刷時は3,250sph)で、紙厚は片面印刷時で0.06から0.8mm、両面印刷時で0.06から0.6mmまで、また、紙サイズは、最大1,050×750mm、最小520×360mm(片面印刷)および580×420mm(両面印刷)まで対応できる。色数は4色(CMYK)で、オプションで7色(BV/G/O)仕様や、コーター、反転機構などもラインアップしていく予定。

インプレミアNS40
 インプレミア NS40は、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮したランダ社が独自開発した水性インク「ランダ ナノインク」を採用。その印刷プロセスは、まず数十億個のインク滴をヘッドから原反に直接ではなく、画像転写ブランケットに射出。それぞれのインク滴は、加熱された画像転写ブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のために画像転写ブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要でブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。さらにナノ技術による薄いインキ膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。

 KOMORIでは、drupa2016での技術展示以降、技術的改良を重ね、このほどベータ機が完成。今回の特別内覧会では、そのベータ機による稼働実演が披露された。

  今回、披露されたインプレミアNS40では、印刷品質の核となる画像転写ブランケット部の駆動方式にランダモデルと異なる独自の改良を施し、毎時6,500回転でも高い見当精度を実現している。実演機は、ランダナノインク4色(CMYK)+コーター付きモデルで、印刷デモでは、紙厚0.18mmの薄紙にRGBデータの色彩をCMYKで表現したフルバリアブルによる11絵柄を印刷。続くジョブでは、紙厚0.5mmの厚紙に、27色の特色再現を加えた2種のパッケージ印刷を行い、コーポレートカラーなどにも4色で対応できる高い色域特性を披露した。
薄紙と厚紙を使用した2つのデモを披露
 なお、KOMORIでは今年11月より国内パッケージ印刷のユーザー先でベータテストを開始し、さらなる技術改良を継続し、drupa2020での販売開始を目指していく。

関連記事

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

dp_sc_p7500_red_tn.jpg

エプソン、大判プリンターがレッド・ドット賞プロダクトデザイン部門で「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」受賞

2020年3月31日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award Product Design 2...全文を読む

新着トピックス

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

dp_shinwa_yamazaki_tn.jpg

新和製作所、本稼働の最終段階に入ったインプレミアNS40

2020年4月2日ケーススタディ

 昨年10月、(株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテスト...全文を読む

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

今年11月に国内ユーザー先でベータテストを開始

2019年10月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。

 インプレミアNS40は、ランダ社とのライセンス契約に基づくナノグラフィー技術を採用し、KOMORIが長年のオフセット印刷ビジネスで培ってきた技術とノウハウを融合させて開発した40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム。印刷速度は、6,500sph(両面印刷時は3,250sph)で、紙厚は片面印刷時で0.06から0.8mm、両面印刷時で0.06から0.6mmまで、また、紙サイズは、最大1,050×750mm、最小520×360mm(片面印刷)および580×420mm(両面印刷)まで対応できる。色数は4色(CMYK)で、オプションで7色(BV/G/O)仕様や、コーター、反転機構などもラインアップしていく予定。

インプレミアNS40
 インプレミア NS40は、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮したランダ社が独自開発した水性インク「ランダ ナノインク」を採用。その印刷プロセスは、まず数十億個のインク滴をヘッドから原反に直接ではなく、画像転写ブランケットに射出。それぞれのインク滴は、加熱された画像転写ブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のために画像転写ブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要でブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。さらにナノ技術による薄いインキ膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。

 KOMORIでは、drupa2016での技術展示以降、技術的改良を重ね、このほどベータ機が完成。今回の特別内覧会では、そのベータ機による稼働実演が披露された。

  今回、披露されたインプレミアNS40では、印刷品質の核となる画像転写ブランケット部の駆動方式にランダモデルと異なる独自の改良を施し、毎時6,500回転でも高い見当精度を実現している。実演機は、ランダナノインク4色(CMYK)+コーター付きモデルで、印刷デモでは、紙厚0.18mmの薄紙にRGBデータの色彩をCMYKで表現したフルバリアブルによる11絵柄を印刷。続くジョブでは、紙厚0.5mmの厚紙に、27色の特色再現を加えた2種のパッケージ印刷を行い、コーポレートカラーなどにも4色で対応できる高い色域特性を披露した。
薄紙と厚紙を使用した2つのデモを披露
 なお、KOMORIでは今年11月より国内パッケージ印刷のユーザー先でベータテストを開始し、さらなる技術改良を継続し、drupa2020での販売開始を目指していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP