キーワードで検索

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

今年11月に国内ユーザー先でベータテストを開始

2019年10月3日ニュース

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。

 インプレミアNS40は、ランダ社とのライセンス契約に基づくナノグラフィー技術を採用し、KOMORIが長年のオフセット印刷ビジネスで培ってきた技術とノウハウを融合させて開発した40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム。印刷速度は、6,500sph(両面印刷時は3,250sph)で、紙厚は片面印刷時で0.06から0.8mm、両面印刷時で0.06から0.6mmまで、また、紙サイズは、最大1,050×750mm、最小520×360mm(片面印刷)および580×420mm(両面印刷)まで対応できる。色数は4色(CMYK)で、オプションで7色(BV/G/O)仕様や、コーター、反転機構などもラインアップしていく予定。

インプレミアNS40
 インプレミア NS40は、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮したランダ社が独自開発した水性インク「ランダ ナノインク」を採用。その印刷プロセスは、まず数十億個のインク滴をヘッドから原反に直接ではなく、画像転写ブランケットに射出。それぞれのインク滴は、加熱された画像転写ブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のために画像転写ブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要でブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。さらにナノ技術による薄いインキ膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。

 KOMORIでは、drupa2016での技術展示以降、技術的改良を重ね、このほどベータ機が完成。今回の特別内覧会では、そのベータ機による稼働実演が披露された。

  今回、披露されたインプレミアNS40では、印刷品質の核となる画像転写ブランケット部の駆動方式にランダモデルと異なる独自の改良を施し、毎時6,500回転でも高い見当精度を実現している。実演機は、ランダナノインク4色(CMYK)+コーター付きモデルで、印刷デモでは、紙厚0.18mmの薄紙にRGBデータの色彩をCMYKで表現したフルバリアブルによる11絵柄を印刷。続くジョブでは、紙厚0.5mmの厚紙に、27色の特色再現を加えた2種のパッケージ印刷を行い、コーポレートカラーなどにも4色で対応できる高い色域特性を披露した。
薄紙と厚紙を使用した2つのデモを披露
 なお、KOMORIでは今年11月より国内パッケージ印刷のユーザー先でベータテストを開始し、さらなる技術改良を継続し、drupa2020での販売開始を目指していく。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

KOMORI、独自の進化を遂げた「インプレミアNS40」を公開

今年11月に国内ユーザー先でベータテストを開始

2019年10月3日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(持田訓社長)は9月27日、(株)小森マシナリー(山形県)において「Impremia(インプレミア)NS40特別内覧会」を開催し、39社57名が参加した。

 インプレミアNS40は、ランダ社とのライセンス契約に基づくナノグラフィー技術を採用し、KOMORIが長年のオフセット印刷ビジネスで培ってきた技術とノウハウを融合させて開発した40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム。印刷速度は、6,500sph(両面印刷時は3,250sph)で、紙厚は片面印刷時で0.06から0.8mm、両面印刷時で0.06から0.6mmまで、また、紙サイズは、最大1,050×750mm、最小520×360mm(片面印刷)および580×420mm(両面印刷)まで対応できる。色数は4色(CMYK)で、オプションで7色(BV/G/O)仕様や、コーター、反転機構などもラインアップしていく予定。

インプレミアNS40
 インプレミア NS40は、数十ナノメーターサイズのナノ顔料粒子を色材として含む、環境に配慮したランダ社が独自開発した水性インク「ランダ ナノインク」を採用。その印刷プロセスは、まず数十億個のインク滴をヘッドから原反に直接ではなく、画像転写ブランケットに射出。それぞれのインク滴は、加熱された画像転写ブランケットに付着して広がると、すぐに水分が蒸発して、極めて薄いポリマー膜となる。転写のために画像転写ブランケットと原反が接触して圧力がかかると、この薄い500ナノメーターのインクの層は、原反に浸透することなく、強く瞬間的に接着する。転写された画像は摩耗に強く、印刷後の乾燥も不要でブランケット上のインク残りもない。また、プリコート不要ですべての既製印刷用原反(コート紙、上質紙、厚紙、プラスチック、特殊紙)が使用できる。さらにナノ技術による薄いインキ膜厚でページコストを削減するほか、オフセット印刷に近い高画質と、4色でも広い色域の再現が可能となっている。

 KOMORIでは、drupa2016での技術展示以降、技術的改良を重ね、このほどベータ機が完成。今回の特別内覧会では、そのベータ機による稼働実演が披露された。

  今回、披露されたインプレミアNS40では、印刷品質の核となる画像転写ブランケット部の駆動方式にランダモデルと異なる独自の改良を施し、毎時6,500回転でも高い見当精度を実現している。実演機は、ランダナノインク4色(CMYK)+コーター付きモデルで、印刷デモでは、紙厚0.18mmの薄紙にRGBデータの色彩をCMYKで表現したフルバリアブルによる11絵柄を印刷。続くジョブでは、紙厚0.5mmの厚紙に、27色の特色再現を加えた2種のパッケージ印刷を行い、コーポレートカラーなどにも4色で対応できる高い色域特性を披露した。
薄紙と厚紙を使用した2つのデモを披露
 なお、KOMORIでは今年11月より国内パッケージ印刷のユーザー先でベータテストを開始し、さらなる技術改良を継続し、drupa2020での販売開始を目指していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP