キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • キヤノン、ミヤコシ製フルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP...

キヤノン、ミヤコシ製フルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP20AXS」発売

2019年11月5日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は、(株)ミヤコシ(宮腰亨社長)製の1,200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP20AXS」を2019年12月より発売する。
MJP20AXS
 「MJP20AXS」は、高い印刷品質と生産性、コストのバランスに優れた1,200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンター。新開発のヘッドとインク、インク供給システムによって、ヘッドリフレッシュ用のラインやランダムドロップを大幅に低減し、モノクロ印刷にはK(墨)ヘッドのみを使用するモノクロモードで追刷り業務にも容易に対応する。また、ダブル乾燥ユニットの採用により、用紙の波うちを抑制する。また、ノズル抜けや色見当のチェック・補正を自動化し、調整時間の削減も実現している。
KとCMYのインクジェットヘッドユニット(上部)と2つの乾燥ユニット(下部)
 さらにキヤノンPPSが開発したジョブコンソールをプリンターの操作画面に搭載することにより、ジョブ管理とプリンター操作のシームレスな連携を実現。また、従来のSXデータを取り込むソフトウエアの利用により、印刷業務範囲の拡大も可能となる。

 キヤノンMJグループは、「MJP20AXS」の特長となる高品質・高生産性と優れた操作性により、データプリントサービス市場における各種通知物のカラー印刷に加え、追刷り業務のフルカラー化のみならず、マニュアルやDM印刷などにも幅広く対応し、ユーザーの印刷ビジネス拡大に貢献していく。

 なお、キヤノンMJグループでは、今後3年間で20システムの販売をめざしていく。

関連記事

最新ニュース

富士フイルム、富士ゼロックスを完全子会社化

2019年11月5日

 富士フイルムホールディングス(株)は11月5日、ゼロックスコーポレーション(以下「ゼロックス」)が保有する富士ゼロックス(株)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。グループ内...全文を読む

エスケイセールス、SCS社のオールインワン後加工機を発売

2019年11月5日

 (株)エスケイセールス(本社/埼玉県富士見市、岡本武俊社長)は、代理店を務めるイタリアSCS Automaberg社(以下、SCS社)のオールインワン後加工機「TRIM&PERF」の...全文を読む

Iridesse-Production-Press-tsf_dp_tn.jpg

FFGS、TSFで実践的「FUJIFILM Smart Factory」提示

2019年11月1日

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は、11月11日から開催される「THINK SMART FACTORY 2019」に出展。IGAS2...全文を読む

dp_dp_cp310st_tn.jpg

富士ゼロックス、新市場創出を支援する特殊色専用A4小型LEDプリンター発売

2019年10月31日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は10月28日、同本社において記者会見を開き、ゴールド、シルバー、ホワイトの計3色の特殊色トナーとブラックトナーを搭載する業界初...全文を読む

ffgs_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Press750Sの基幹部品9ユニットを提供

2019年10月31日

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを「...全文を読む

新着トピックス

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

miyakosi_amano_2019_dp_tn.jpg

ミヤコシ、ラベルから軟包装まで〜生活産業分野でインクジェット技術を活用

2019年10月9日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年9月24日から27日までの4日間、ベルギーのブリュッセルで開催されるラベル関連の国際展示会「Labelexpo Europe(...全文を読む

キヤノン、ミヤコシ製フルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP20AXS」発売

2019年11月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は、(株)ミヤコシ(宮腰亨社長)製の1,200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP20AXS」を2019年12月より発売する。
MJP20AXS
 「MJP20AXS」は、高い印刷品質と生産性、コストのバランスに優れた1,200dpiフルカラーインクジェット輪転プリンター。新開発のヘッドとインク、インク供給システムによって、ヘッドリフレッシュ用のラインやランダムドロップを大幅に低減し、モノクロ印刷にはK(墨)ヘッドのみを使用するモノクロモードで追刷り業務にも容易に対応する。また、ダブル乾燥ユニットの採用により、用紙の波うちを抑制する。また、ノズル抜けや色見当のチェック・補正を自動化し、調整時間の削減も実現している。
KとCMYのインクジェットヘッドユニット(上部)と2つの乾燥ユニット(下部)
 さらにキヤノンPPSが開発したジョブコンソールをプリンターの操作画面に搭載することにより、ジョブ管理とプリンター操作のシームレスな連携を実現。また、従来のSXデータを取り込むソフトウエアの利用により、印刷業務範囲の拡大も可能となる。

 キヤノンMJグループは、「MJP20AXS」の特長となる高品質・高生産性と優れた操作性により、データプリントサービス市場における各種通知物のカラー印刷に加え、追刷り業務のフルカラー化のみならず、マニュアルやDM印刷などにも幅広く対応し、ユーザーの印刷ビジネス拡大に貢献していく。

 なお、キヤノンMJグループでは、今後3年間で20システムの販売をめざしていく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP