キーワードで検索

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire106」国内1号機が稼働開始

2019年11月7日ニュース

 (株)共進ペイパー&パッケージ関東工場(千葉市花見川区)に国内1号機で導入されたB1デジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が11月7日、稼働を開始した。

 同社とハイデルベルグ・ジャパン(株)は同日午後、多数の業界報道陣を招いての起動式典を挙行。同式典では、はじめに同社ハコプレ事業部長の鍛治川和広常務取締役が挨拶に立ち、「プライムファイア106は当社のビジネスだけでなく、印刷業界、パッケージ業界に大きなチャンスを与えるものである」と同機の持つ可能性に大きな期待を示すとともに、「今日という日を迎えることができたのは、『見える手』である関係各位の皆様の力強いご支援の賜であることはもちろん、様々な御縁や偶然、チャンスなど『見えざる手』の後押しもあったからこそであると感じている」と、同機の導入は運命的なものであることを、確信を込めて語った。

 また、ハイデルベルグ・ジャパンのヨルグ・バウアー社長は、「共進ペイパー&パッケージ様のような革新的な企業にプライムファイア106を導入していただいたことは、我々にとっても大きな誇りである。今後も生産性と品質の両面で同社のサポートを続け、さらにWIN-WINの関係を築いていきたい」と述べた。

 ヨルグ・バウアー社長から共進ペイパー&パッケージの鍛治川清司社長に、プライムファイア106国内1号機導入の記念楯が手渡されたあと、テープカットならびに起動式を挙行。鍛治川社長、鍛治川常務、ヨルグ・バウアー社長によりテープに鋏が入れられ、同機の稼働開始を告げた。続いて、鍛治川常務が起動ボタンを押すと、多くの従業員が見守る中、記念すべき1枚目が印刷された。このあと、1枚1枚、画像の異なる印刷物がプリントアウトされ、同機の性能が業界報道陣に披露された。

関連記事

最新ニュース

富士フイルム、富士ゼロックスを完全子会社化

2019年11月5日

 富士フイルムホールディングス(株)は11月5日、ゼロックスコーポレーション(以下「ゼロックス」)が保有する富士ゼロックス(株)の全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。グループ内...全文を読む

dp_mjp_20ax_canon_tn.jpg

キヤノン、ミヤコシ製フルカラーインクジェット輪転プリンター「MJP20AXS」発売

2019年11月5日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は、(株)ミヤコシ(宮腰亨社長)製の1,200dpiフルカラー...全文を読む

エスケイセールス、SCS社のオールインワン後加工機を発売

2019年11月5日

 (株)エスケイセールス(本社/埼玉県富士見市、岡本武俊社長)は、代理店を務めるイタリアSCS Automaberg社(以下、SCS社)のオールインワン後加工機「TRIM&PERF」の...全文を読む

Iridesse-Production-Press-tsf_dp_tn.jpg

FFGS、TSFで実践的「FUJIFILM Smart Factory」提示

2019年11月1日

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は、11月11日から開催される「THINK SMART FACTORY 2019」に出展。IGAS2...全文を読む

dp_dp_cp310st_tn.jpg

富士ゼロックス、新市場創出を支援する特殊色専用A4小型LEDプリンター発売

2019年10月31日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は10月28日、同本社において記者会見を開き、ゴールド、シルバー、ホワイトの計3色の特殊色トナーとブラックトナーを搭載する業界初...全文を読む

新着トピックス

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

dp_sentoraru_dp_tn.jpg

セントラルプロフィックス、本機校正の負担を軽減〜オフセット同等の色再現力を評価

2019年10月9日ケーススタディ

 「選ばれ続ける品質を」を企業理念に掲げ、クリエイティブからプリプレス、プレス、ポストプレスまで、すべてにわたり高水準なクオリティを確立した生産体制で顧客から絶大な支持を得ている(株)...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、「Primefire106」国内1号機が稼働開始

2019年11月7日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • 起動式でのテープカットのもよう(左から 鍛治川社長、ヨルグ・バウアー社長、鍛治川常務)起動式でのテープカットのもよう(左から 鍛治川社長、ヨルグ・バウアー社長、鍛治川常務)
  • 記念すべき1枚目の印刷物を手にする鍛治川常務記念すべき1枚目の印刷物を手にする鍛治川常務

 (株)共進ペイパー&パッケージ関東工場(千葉市花見川区)に国内1号機で導入されたB1デジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が11月7日、稼働を開始した。

 同社とハイデルベルグ・ジャパン(株)は同日午後、多数の業界報道陣を招いての起動式典を挙行。同式典では、はじめに同社ハコプレ事業部長の鍛治川和広常務取締役が挨拶に立ち、「プライムファイア106は当社のビジネスだけでなく、印刷業界、パッケージ業界に大きなチャンスを与えるものである」と同機の持つ可能性に大きな期待を示すとともに、「今日という日を迎えることができたのは、『見える手』である関係各位の皆様の力強いご支援の賜であることはもちろん、様々な御縁や偶然、チャンスなど『見えざる手』の後押しもあったからこそであると感じている」と、同機の導入は運命的なものであることを、確信を込めて語った。

 また、ハイデルベルグ・ジャパンのヨルグ・バウアー社長は、「共進ペイパー&パッケージ様のような革新的な企業にプライムファイア106を導入していただいたことは、我々にとっても大きな誇りである。今後も生産性と品質の両面で同社のサポートを続け、さらにWIN-WINの関係を築いていきたい」と述べた。

 ヨルグ・バウアー社長から共進ペイパー&パッケージの鍛治川清司社長に、プライムファイア106国内1号機導入の記念楯が手渡されたあと、テープカットならびに起動式を挙行。鍛治川社長、鍛治川常務、ヨルグ・バウアー社長によりテープに鋏が入れられ、同機の稼働開始を告げた。続いて、鍛治川常務が起動ボタンを押すと、多くの従業員が見守る中、記念すべき1枚目が印刷された。このあと、1枚1枚、画像の異なる印刷物がプリントアウトされ、同機の性能が業界報道陣に披露された。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP