キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイ...

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日ニュース

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベルグ社にとって、米国での「プライムファイア106」の販売は2台目となった。
プライムファイア106の設置を楽しみに待つアーケイパッケージング社とハイデルベルグ社の社員
 アーケイパッケージング社は、バージニア州ロアノークに本社を置く、化粧品や薬品、ワインやスピリットなどの高級折り箱を生産するパッケージ印刷会社。アーケイパッケージング社は、7色インクジェットシステムの搭載による広範なパントンの色領域がカバーできること、1200×1200dpiの高解像度で、月間150万枚の印刷が可能であることなどを高く評価し「プライムファイア106」の導入を決断した。

 アーケイ社最高執行責任者のウォルト・シールズ氏は、「パッケージ印刷に最新のデジタルテクノロジーを導入して、新たなビジネスモデルを開拓することで競争力を高め、他社との差別化を図っていきたい」と、また、ハイデルベルグ社のデジタル部門総責任者であるモンセラート・ペドロ-インサ氏は、「私たちは、業界でも有名なアーケイ社がプライムファイア106に投資することを誇りに思う。当社へ寄せられた信頼は、プライムファイア106が持つテクノロジーの優位性と、化粧品、食品、薬品、高級品などの多様なアプリケーションを証明するもの。アーケイ社のブランドマネージャーと協力して、ラグジュアリーセグメントで新しい革新的なビジネスモデルを開拓できることを楽しみにしている」とコメントしている。
プレスルームではスピードマスターが計4台稼働中
 また、アーケイパッケージング社では現在、「スピードマスターXL106」4台が稼動しており、将来的にはロットの大小によってオフセットとデジタルを適切に使い分けた生産体制の構築も視野に入れている。
 
 なお、アーケイパッケージング社の「プライムファイア106」は、2020年の初めに稼動を開始する予定。

関連記事

最新ニュース

agfa-greenguard-gold-vector-logo_dp_tn.jpg

アグフア、UVインクジェットインクが「GREENGUARDゴールド認定」取得

2019年12月18日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、サイン&ディスプレイ向けUVインクジェットインクである「Anuvia(アヌビア)1250/1551」と「Anapurna(アナプルナ)...全文を読む

dp_scs80650l_tn.jpg

エプソン、インクの交換頻度と保管スペースを削減するエコソルベントインク搭載大判IJ機発売

2019年12月18日

 エプソンは、サイン&ディスプレイ業界向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新商品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」、および4色...全文を読む

日本HP、HP Indigo 7900 デジタル印刷機に対応するシルバーインキの販売開始

2019年12月18日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区)は、商業印刷向け「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」に対応する特色インキ「HP Indigoエレクトロインキシルバー」の販売を開始する...全文を読む

dp_ev_ep_sampl_tn.jpg

ハイデルベルグ社、バーサファイアの新たな後加工オプションの提供開始

2019年12月18日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほどプリネクトDFEをアップデートし、デジタルソリューション「バーサファイアEV/EP」のインラインフィニッシングのオプションとして新しいハードウェ...全文を読む

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベルグ社にとって、米国での「プライムファイア106」の販売は2台目となった。
プライムファイア106の設置を楽しみに待つアーケイパッケージング社とハイデルベルグ社の社員
 アーケイパッケージング社は、バージニア州ロアノークに本社を置く、化粧品や薬品、ワインやスピリットなどの高級折り箱を生産するパッケージ印刷会社。アーケイパッケージング社は、7色インクジェットシステムの搭載による広範なパントンの色領域がカバーできること、1200×1200dpiの高解像度で、月間150万枚の印刷が可能であることなどを高く評価し「プライムファイア106」の導入を決断した。

 アーケイ社最高執行責任者のウォルト・シールズ氏は、「パッケージ印刷に最新のデジタルテクノロジーを導入して、新たなビジネスモデルを開拓することで競争力を高め、他社との差別化を図っていきたい」と、また、ハイデルベルグ社のデジタル部門総責任者であるモンセラート・ペドロ-インサ氏は、「私たちは、業界でも有名なアーケイ社がプライムファイア106に投資することを誇りに思う。当社へ寄せられた信頼は、プライムファイア106が持つテクノロジーの優位性と、化粧品、食品、薬品、高級品などの多様なアプリケーションを証明するもの。アーケイ社のブランドマネージャーと協力して、ラグジュアリーセグメントで新しい革新的なビジネスモデルを開拓できることを楽しみにしている」とコメントしている。
プレスルームではスピードマスターが計4台稼働中
 また、アーケイパッケージング社では現在、「スピードマスターXL106」4台が稼動しており、将来的にはロットの大小によってオフセットとデジタルを適切に使い分けた生産体制の構築も視野に入れている。
 
 なお、アーケイパッケージング社の「プライムファイア106」は、2020年の初めに稼動を開始する予定。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP