キーワードで検索

キヤノンMJグループ、FLXfinishテクノロジー搭載の64インチ対応UV硬化型大判プリンター発売

2020年1月20日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、64インチ対応UV硬化型大判プリンター「Colorado(コロラド)1650」を2020年1月より発売する。
Colorado 1650
 「Colorado 1650」は、新開発の「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーにより、インクの硬化タイミングを制御することで、グロス調とマット調の2つのモードのプリントを1台で可能にしている。

 フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなくグロス調、マット調の画像をプリントする新技術。これにより、塩化ビニルはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなどアプリケーションによって使い分けが可能となっている。

 グロス調、マット調のプリントは、インクの硬化タイミングによって制御され、硬化後のインク形状が光の反射に影響して両方の仕上がりを実現する。
1台で2つのフィニッシュを実現する「FLXfinish」テクノロジー
 また、「UVgel(ユーブイジェル)」テクノロジーは、グロス調の最高速モードで毎時159平米、高品質モードで毎時40平米、マット調では最高速モードで毎時46平米、クオリティーモードで毎時27平米を実現。低温でのLED硬化により、熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアへの対応を実現している。これによりエコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減を実現している。

 キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに「Colorado 1650」を販売していく。

関連記事

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

uteco-kinyosha-start_dp_tn.jpg

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェッ...全文を読む

dp_kyocera_task_tn.jpg

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

2020年1月30日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」...全文を読む

新着トピックス

dp_future_edge_tn.jpg

富士ゼロックス、顧客とともに変革に挑戦する「Future Edge」

2020年1月21日企業・経営

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が2018年5月、神奈川県海老名市の同社・海老名事業所内に開設した「Future Edge(フューチャー・エッジ)」は、グラフィ...全文を読む

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

キヤノンMJグループ、FLXfinishテクノロジー搭載の64インチ対応UV硬化型大判プリンター発売

2020年1月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、64インチ対応UV硬化型大判プリンター「Colorado(コロラド)1650」を2020年1月より発売する。
Colorado 1650
 「Colorado 1650」は、新開発の「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーにより、インクの硬化タイミングを制御することで、グロス調とマット調の2つのモードのプリントを1台で可能にしている。

 フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなくグロス調、マット調の画像をプリントする新技術。これにより、塩化ビニルはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなどアプリケーションによって使い分けが可能となっている。

 グロス調、マット調のプリントは、インクの硬化タイミングによって制御され、硬化後のインク形状が光の反射に影響して両方の仕上がりを実現する。
1台で2つのフィニッシュを実現する「FLXfinish」テクノロジー
 また、「UVgel(ユーブイジェル)」テクノロジーは、グロス調の最高速モードで毎時159平米、高品質モードで毎時40平米、マット調では最高速モードで毎時46平米、クオリティーモードで毎時27平米を実現。低温でのLED硬化により、熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアへの対応を実現している。これによりエコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減を実現している。

 キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに「Colorado 1650」を販売していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP