キーワードで検索

キヤノンMJグループ、FLXfinishテクノロジー搭載の64インチ対応UV硬化型大判プリンター発売

2020年1月20日ニュース

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、64インチ対応UV硬化型大判プリンター「Colorado(コロラド)1650」を2020年1月より発売する。
Colorado 1650
 「Colorado 1650」は、新開発の「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーにより、インクの硬化タイミングを制御することで、グロス調とマット調の2つのモードのプリントを1台で可能にしている。

 フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなくグロス調、マット調の画像をプリントする新技術。これにより、塩化ビニルはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなどアプリケーションによって使い分けが可能となっている。

 グロス調、マット調のプリントは、インクの硬化タイミングによって制御され、硬化後のインク形状が光の反射に影響して両方の仕上がりを実現する。
1台で2つのフィニッシュを実現する「FLXfinish」テクノロジー
 また、「UVgel(ユーブイジェル)」テクノロジーは、グロス調の最高速モードで毎時159平米、高品質モードで毎時40平米、マット調では最高速モードで毎時46平米、クオリティーモードで毎時27平米を実現。低温でのLED硬化により、熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアへの対応を実現している。これによりエコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減を実現している。

 キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに「Colorado 1650」を販売していく。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

キヤノンMJグループ、FLXfinishテクノロジー搭載の64インチ対応UV硬化型大判プリンター発売

2020年1月20日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、主にサイン&ディスプレイ市場を対象に、64インチ対応UV硬化型大判プリンター「Colorado(コロラド)1650」を2020年1月より発売する。
Colorado 1650
 「Colorado 1650」は、新開発の「FLXfinish(フレックスフィニッシュ)」テクノロジーにより、インクの硬化タイミングを制御することで、グロス調とマット調の2つのモードのプリントを1台で可能にしている。

 フレックスフィニッシュテクノロジーは、インクを交換することなくグロス調、マット調の画像をプリントする新技術。これにより、塩化ビニルはグロス仕上げ、ターポリンはマット仕上げなどアプリケーションによって使い分けが可能となっている。

 グロス調、マット調のプリントは、インクの硬化タイミングによって制御され、硬化後のインク形状が光の反射に影響して両方の仕上がりを実現する。
1台で2つのフィニッシュを実現する「FLXfinish」テクノロジー
 また、「UVgel(ユーブイジェル)」テクノロジーは、グロス調の最高速モードで毎時159平米、高品質モードで毎時40平米、マット調では最高速モードで毎時46平米、クオリティーモードで毎時27平米を実現。低温でのLED硬化により、熱に弱いとされるフィルムや糊付き塩化ビニル、壁紙などへの出力に加え、従来のインクより柔軟性を185%向上させたことにより、さらに多彩なメディアへの対応を実現している。これによりエコソルベントやラテックスプリンターに比べ最大40%のインク使用量の削減を実現している。

 キヤノンMJグループは、サイン&ディスプレイの屋内外向け広告印刷や、壁紙や床装飾など産業印刷向けに「Colorado 1650」を販売していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP