キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、デジタル印刷作品を評価するコンテストで日本から2社...

富士ゼロックス、デジタル印刷作品を評価するコンテストで日本から2社2作品が第1位を受賞

2020年1月21日ニュース

 富士ゼロックスアジアパシフィック(本社/シンガポール)は、富士ゼロックス製プロダクションプリンターの導入ユーザーが制作したデジタル印刷作品を評価するコンテスト「PIXI (Printing Innovation with Xerox Imaging) アワード」を開催し、このほど2019年度受賞作品の43作品を発表。日本から2社2作品が各部門において第1位を受賞した。

 PIXIアワードは、アジア・パシフィック地域における富士ゼロックス製プロダクションプリンターのユーザーから応募作品を募るコンテスト。2008年から毎年開催されている同コンテストには、毎回デジタル印刷技術を結集した創造的で革新性に富んだ応募作品が多く寄せられている。

 審査については、印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会によって行われ、作品の品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス有効性、全体的な美しさといった基準に基づいて受賞作品を決定する。

 さらに応募作品は、アジア・パシフィック地域で開催される印刷関連のイベントや展示会などで紹介されるため、応募者にとって自身の技術・発想力を国際的にアピールする機会を数多く得ることにもつながっている。

 12回目を迎えた今年度は、248作品の応募作品について厳正な審査が行われ、22部門で43の受賞作品、および最優秀賞1作品が決定した。このうち日本からは、「ポスター部門」でアオヤギ(株)(福岡県福岡市)の作品と「オフィス用品部門」でヤマゼンコミュニケイションズ(株)(栃木県宇都宮市)の作品が、それぞれの部門において「第1位」に選出された。
最優秀賞に選ばれたIntertype社の「デザイナー教育キット」
 また、最優秀賞にはIntertype社(オーストラリア)の「デザイナー教育キット」が選ばれた。

 2019年度の受賞作品は、現在、富士ゼロックスのショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京(東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ 6F)」に一部が展示されているほか、今後はアジア・パシフィック地域で開催されるイベントや展示会でも紹介される。

【2019年度PIXIアワード 日本応募企業の受賞作品】
「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」(左)と「ロアッソ熊本ロングタペストリー」
▽ポスター部門第1位 アオヤギ「ロアッソ熊本ロングタペストリー」
 使用機種=Iridesse Production Press

 Jリーグクラブ「ロアッソ熊本」グッズとして開発。ナイロン素材であるシータスに、Iridesse Production Pressの特徴でもあるゴールドの特殊トナー+フルカラープリントを行い、長尺105cmのタペストリーとして仕上げられている。

▽オフィス用品部門第1位 ヤマゼンコミュニケイションズ「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」
 使用機種=Iridesse Production Press

 お客様との関係をつなげるための入り口である名刺は、必ず受け取っていただける絶好のPRツールであるということに着目。お客様にインパクトを与え、また営業マンや自社のアピールに効果的なツールになるようにと開発された。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

富士ゼロックス、デジタル印刷作品を評価するコンテストで日本から2社2作品が第1位を受賞

2020年1月21日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックスアジアパシフィック(本社/シンガポール)は、富士ゼロックス製プロダクションプリンターの導入ユーザーが制作したデジタル印刷作品を評価するコンテスト「PIXI (Printing Innovation with Xerox Imaging) アワード」を開催し、このほど2019年度受賞作品の43作品を発表。日本から2社2作品が各部門において第1位を受賞した。

 PIXIアワードは、アジア・パシフィック地域における富士ゼロックス製プロダクションプリンターのユーザーから応募作品を募るコンテスト。2008年から毎年開催されている同コンテストには、毎回デジタル印刷技術を結集した創造的で革新性に富んだ応募作品が多く寄せられている。

 審査については、印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会によって行われ、作品の品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス有効性、全体的な美しさといった基準に基づいて受賞作品を決定する。

 さらに応募作品は、アジア・パシフィック地域で開催される印刷関連のイベントや展示会などで紹介されるため、応募者にとって自身の技術・発想力を国際的にアピールする機会を数多く得ることにもつながっている。

 12回目を迎えた今年度は、248作品の応募作品について厳正な審査が行われ、22部門で43の受賞作品、および最優秀賞1作品が決定した。このうち日本からは、「ポスター部門」でアオヤギ(株)(福岡県福岡市)の作品と「オフィス用品部門」でヤマゼンコミュニケイションズ(株)(栃木県宇都宮市)の作品が、それぞれの部門において「第1位」に選出された。
最優秀賞に選ばれたIntertype社の「デザイナー教育キット」
 また、最優秀賞にはIntertype社(オーストラリア)の「デザイナー教育キット」が選ばれた。

 2019年度の受賞作品は、現在、富士ゼロックスのショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京(東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ 6F)」に一部が展示されているほか、今後はアジア・パシフィック地域で開催されるイベントや展示会でも紹介される。

【2019年度PIXIアワード 日本応募企業の受賞作品】
「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」(左)と「ロアッソ熊本ロングタペストリー」
▽ポスター部門第1位 アオヤギ「ロアッソ熊本ロングタペストリー」
 使用機種=Iridesse Production Press

 Jリーグクラブ「ロアッソ熊本」グッズとして開発。ナイロン素材であるシータスに、Iridesse Production Pressの特徴でもあるゴールドの特殊トナー+フルカラープリントを行い、長尺105cmのタペストリーとして仕上げられている。

▽オフィス用品部門第1位 ヤマゼンコミュニケイションズ「POCKET MUSEUM(名刺カバー)」
 使用機種=Iridesse Production Press

 お客様との関係をつなげるための入り口である名刺は、必ず受け取っていただける絶好のPRツールであるということに着目。お客様にインパクトを与え、また営業マンや自社のアピールに効果的なツールになるようにと開発された。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP