キーワードで検索

TCT Japan 2020、3Dプリンティング&AM技術の総合展が1月29日に開幕

過去最多となる115社/団体が最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューション披露

2020年1月28日ニュース

 3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2020」が1月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。

 同展は、JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供する(株)JTBコミュニケーションデザインが、アメリカやドイツ、イギリスなど世界5ヵ国で3Dプリンティング/アディディブマニュファクチャリング(AM)技術に関する展示会・カンファレンスを主催するRapid News Publications Ltd(以下「RNP」)との共催のもと、RNPが展開する同ブランドとして国内で2回目の開催となる。




 今回、世界5ヵ国・地域から世界市場をリードするキープレーヤーを含む、過去最多となる出展者数115社/団体を迎え、国内初披露を含む最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューションを披露する。

 2021年にはグローバルで2兆円を超える市場と予測されるAM技術は、国内メーカーの活発な技術開発と海外メーカーによる積極的な日本市場参入が増加したことを受け、日本国内でも加速度的に利用促進が進んでいる。

 この潮流を軌道に乗せるためには、3Dプリンター(AM機器)のみならず材料・分析・加工サービスを含むサプライチェーンをも巻き込んだグローバルなエコシステム構築・人材育成、ベンチャー投資、標準化、政策連携が必要となる。同展では、10名を超える国内外有識者・エンドユーザーを招聘し、先端技術/市場動向、標準化・事業化、応用事例を発信する「TCT Japan Conference」を同時開催。3Dプリンティング/AM技術の価値を最大化するための情報を提供する。

 なお、主催者では3日間で5万人の来場を見込んでいる。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

TCT Japan 2020、3Dプリンティング&AM技術の総合展が1月29日に開幕

過去最多となる115社/団体が最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューション披露

2020年1月28日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2020」が1月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。

 同展は、JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供する(株)JTBコミュニケーションデザインが、アメリカやドイツ、イギリスなど世界5ヵ国で3Dプリンティング/アディディブマニュファクチャリング(AM)技術に関する展示会・カンファレンスを主催するRapid News Publications Ltd(以下「RNP」)との共催のもと、RNPが展開する同ブランドとして国内で2回目の開催となる。




 今回、世界5ヵ国・地域から世界市場をリードするキープレーヤーを含む、過去最多となる出展者数115社/団体を迎え、国内初披露を含む最新の3Dプリンティング/AM技術・ソリューションを披露する。

 2021年にはグローバルで2兆円を超える市場と予測されるAM技術は、国内メーカーの活発な技術開発と海外メーカーによる積極的な日本市場参入が増加したことを受け、日本国内でも加速度的に利用促進が進んでいる。

 この潮流を軌道に乗せるためには、3Dプリンター(AM機器)のみならず材料・分析・加工サービスを含むサプライチェーンをも巻き込んだグローバルなエコシステム構築・人材育成、ベンチャー投資、標準化、政策連携が必要となる。同展では、10名を超える国内外有識者・エンドユーザーを招聘し、先端技術/市場動向、標準化・事業化、応用事例を発信する「TCT Japan Conference」を同時開催。3Dプリンティング/AM技術の価値を最大化するための情報を提供する。

 なお、主催者では3日間で5万人の来場を見込んでいる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP