キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格...

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の国内販売開始

2020年1月30日ニュース

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」において記者会見を開き、同社が手がけるドキュメント機器事業の拡大を図るため、新たに商業用高速インクジェット事業に本格参入すること発表した。同時に新開発のインクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を3月より国内市場向けに発売することを明らかにした。
伊奈社長(左)と長井社長
 記者会見には、伊奈社長と長井社長らが出席。冒頭、挨拶した伊奈社長は「近年、個々にカスタマイズしたバリアブル印刷へのニーズが商業印刷分野でも高まっている。このニーズに対応するために当社は、商業用インクジェット事業に参入するとともに、国内市場向けに新製品を投入していく」と新市場参入の目的について説明した。

 続いて長井社長は「新製品は、高速連帳インクジェット機と粉体トナー機の中間に位置する『未踏の領域』を埋める狙いで開発したモデル。粉体トナー機に対しては、低印刷コストを実現し、また、連帳インクジェット機に対しては、初期導入コストの削減が差別化ポイントとなる」と、今回の発表した新製品の開発コンセプトについて説明した。

 新製品「TASKalfa Pro 15000c」は、同社がこれまで複合機・プリンターで培ってきた技術力をベースに開発したインクジェットプロダクションプリンター。京セラ製のライン型インクジェットヘッドを採用し、150枚/分(A4)の高速シングルパス印刷を実現する。解像度は、600dpi×600dpi。さらに耐光性・耐水性に優れた独自開発の水性顔料インク(4色)を採用。同インクは、鮮やかに発色し、滲みや裏写りを低減するだけでなく、環境負荷の低減にも貢献する。
インクジェットカラープロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」
 同機は、インクジェットヘッドと用紙の距離を用紙種に合わせて調整する機能を装備。これにより普通紙、厚紙、インクジェット適正紙、エンボス紙、封筒、長尺のバナー印刷など多種多様な用紙にアンカーコートなどの前処理を要することなく印刷することができる。紙厚は、52g/平米から360g/平米まで対応でき、加えて360g/平米の厚紙や凹凸のある用紙でも速度を落とすことなく、生産することができる。サイズはA6からSRA3の定型サイズに対応。さらにオプションのバナートレイは、1,220mmまでの長尺サイズをサポートする。
多彩な印刷アプリケーションに対応
 本体の給紙容量は4,000枚。オプションの2,440枚×2段ペーパーフィーダーを2台連結すると、550枚の手差しキットと合わせて1度に最大14,310枚までセットすることができる。また、本体上部の500枚出力トレイに加え、5,000枚スタッカー(2台まで連結可)と4,000枚フィニッシャーを使用することで、1度に最大15,200枚の出力紙をストックできる。

 同機には、多彩なインラインオプションも用意されており、導入ユーザーのビジネスに最適なシステム構成を選択することが可能。さらに同機は、シンプルなマシン構成で、ユーザーがメンテナンスを素早く簡単に行えるように設計されている。
凹凸のある用紙でも普通紙と同じ印刷速度で生産可能
 なお、同機は、2月5日から池袋・サンシャインシティコンベンションセンターにおいて開催される「page2020」の同社ブース(D-44)で展示される。

関連記事

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

uteco-kinyosha-start_dp_tn.jpg

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェッ...全文を読む

tct_japan2020_open_dp_tn.jpg

TCT Japan 2020、3Dプリンティング&AM技術の総合展が1月29日に開幕

2020年1月28日

 3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2020」が1月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。  同展は、JTBグループで様々なコミュニケーション...全文を読む

新着トピックス

dp_future_edge_tn.jpg

富士ゼロックス、顧客とともに変革に挑戦する「Future Edge」

2020年1月21日企業・経営

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が2018年5月、神奈川県海老名市の同社・海老名事業所内に開設した「Future Edge(フューチャー・エッジ)」は、グラフィ...全文を読む

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の国内販売開始

2020年1月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」において記者会見を開き、同社が手がけるドキュメント機器事業の拡大を図るため、新たに商業用高速インクジェット事業に本格参入すること発表した。同時に新開発のインクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」を3月より国内市場向けに発売することを明らかにした。
伊奈社長(左)と長井社長
 記者会見には、伊奈社長と長井社長らが出席。冒頭、挨拶した伊奈社長は「近年、個々にカスタマイズしたバリアブル印刷へのニーズが商業印刷分野でも高まっている。このニーズに対応するために当社は、商業用インクジェット事業に参入するとともに、国内市場向けに新製品を投入していく」と新市場参入の目的について説明した。

 続いて長井社長は「新製品は、高速連帳インクジェット機と粉体トナー機の中間に位置する『未踏の領域』を埋める狙いで開発したモデル。粉体トナー機に対しては、低印刷コストを実現し、また、連帳インクジェット機に対しては、初期導入コストの削減が差別化ポイントとなる」と、今回の発表した新製品の開発コンセプトについて説明した。

 新製品「TASKalfa Pro 15000c」は、同社がこれまで複合機・プリンターで培ってきた技術力をベースに開発したインクジェットプロダクションプリンター。京セラ製のライン型インクジェットヘッドを採用し、150枚/分(A4)の高速シングルパス印刷を実現する。解像度は、600dpi×600dpi。さらに耐光性・耐水性に優れた独自開発の水性顔料インク(4色)を採用。同インクは、鮮やかに発色し、滲みや裏写りを低減するだけでなく、環境負荷の低減にも貢献する。
インクジェットカラープロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」
 同機は、インクジェットヘッドと用紙の距離を用紙種に合わせて調整する機能を装備。これにより普通紙、厚紙、インクジェット適正紙、エンボス紙、封筒、長尺のバナー印刷など多種多様な用紙にアンカーコートなどの前処理を要することなく印刷することができる。紙厚は、52g/平米から360g/平米まで対応でき、加えて360g/平米の厚紙や凹凸のある用紙でも速度を落とすことなく、生産することができる。サイズはA6からSRA3の定型サイズに対応。さらにオプションのバナートレイは、1,220mmまでの長尺サイズをサポートする。
多彩な印刷アプリケーションに対応
 本体の給紙容量は4,000枚。オプションの2,440枚×2段ペーパーフィーダーを2台連結すると、550枚の手差しキットと合わせて1度に最大14,310枚までセットすることができる。また、本体上部の500枚出力トレイに加え、5,000枚スタッカー(2台まで連結可)と4,000枚フィニッシャーを使用することで、1度に最大15,200枚の出力紙をストックできる。

 同機には、多彩なインラインオプションも用意されており、導入ユーザーのビジネスに最適なシステム構成を選択することが可能。さらに同機は、シンプルなマシン構成で、ユーザーがメンテナンスを素早く簡単に行えるように設計されている。
凹凸のある用紙でも普通紙と同じ印刷速度で生産可能
 なお、同機は、2月5日から池袋・サンシャインシティコンベンションセンターにおいて開催される「page2020」の同社ブース(D-44)で展示される。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP