キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊...

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

uteco-kinyosha-start_dp_tn.jpg

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェッ...全文を読む

dp_kyocera_task_tn.jpg

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

2020年1月30日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」...全文を読む

tct_japan2020_open_dp_tn.jpg

TCT Japan 2020、3Dプリンティング&AM技術の総合展が1月29日に開幕

2020年1月28日

 3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2020」が1月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。  同展は、JTBグループで様々なコミュニケーション...全文を読む

新着トピックス

dp_future_edge_tn.jpg

富士ゼロックス、顧客とともに変革に挑戦する「Future Edge」

2020年1月21日企業・経営

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が2018年5月、神奈川県海老名市の同社・海老名事業所内に開設した「Future Edge(フューチャー・エッジ)」は、グラフィ...全文を読む

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP