キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊...

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

最新ニュース

risapress_c14000_202008_dp_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESS Colorに初のヘビープロダクション機

2020年8月3日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、RISAPRESSカラーシリーズの新製品として、フルカラー・オンデマンドプリンティングシステム「RISAPRESS Color14000/12000...全文を読む

エプソン、子会社ロブステリ社とフォルテックス社の合併を決定

2020年7月30日

 セイコーエプソン(株)(以下、「エプソン」)は7月30日、グループ会社であるFratelli Robustelli S.r.l.(以下、「ロブステリ社」)によるFor.Tex S.r...全文を読む

dp_km_online_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、新製品発表会とウェビナーで構成するオンラインイベントを8月18日に開催

2020年7月28日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は8月18日14時より、新製品発表会と特別講師によるウェビナーで構成されるオンラインイベント「New Normalにおけ...全文を読む

dp_hp_7_29_tn.jpg

日本HP、7月29日「HP Indigoデジタル印刷機60分バーチャル体験」をオンライン開催

2020年7月27日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では7月29日1...全文を読む

dp_sumo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、小学館刊行の超特大写真集SUMO本「東大寺」の印刷にKM-1が採用

2020年7月21日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、小学館SUMO本「東大寺」(発売中)の印刷に29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet KM-1(...全文を読む

新着トピックス

signsdc_dp_tn.jpg

サインズドットコム、環境素材・板物対応を強化:JETI MIRA / ANAPURNA導入事例

2020年7月13日ケーススタディ

 「街の景観創りを応援します」─広告・看板資機材の卸売を手掛ける(株)サインズドットコム(本社/大阪市淀川区三津屋南2-20-40、吉田司社長)は昨年12月、大判インクジェット出力サー...全文を読む

ffgs_acuityultra_dp_tn.jpg

FFGS、「3 in 1」で既存機を「超越」したスーパーワイド機:Acuity Ultraシリーズ

2020年7月13日製品・テクノロジー

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は7月、「高画質」「高生産性」「汎用性」の3つの特長を併せ持つスーパーワイドフォーマットUVインクジ...全文を読む

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 コダック社は、6月16日に開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、優れた投資対効果(ROI)の達成をめざした新しいデジタル印刷ソリューションを発表。とくに、インクジェットプレ...全文を読む

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP