キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊...

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。

 同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリンターに搭載することができ、プリント物の任意箇所に圧力をかけることで、意図した接着力を発揮するまったく新しい発想にもとづくトナー。活用用途は、圧着はがきに限らず、ホッチキス機能の代替や製本などへの展開が期待される。

 今回、開発された特殊トナーは、同社独自のトナー製法技術であるEA製法により、トナー内部に、新開発の圧力応答性樹脂を微細に均一分散させることで、ムラのない接着機能を発揮することを可能にしている。EA製法は、化学反応を精密に制御することで、トナーの形状を均一にすることができる。同トナーは無色透明で、出力した用紙の印字領域に、市販の圧力シーラー装置などで圧力を加えると、圧力応答性樹脂が反応してトナーが糊のような機能を発揮し、用紙同士を接着することができる。用紙同士の接着力は、トナーの量や印字面積、圧力シーラー装置の条件により、制御することが可能。
トナー活用例
 同トナーを用いることで、印字領域と接着領域を同時にプリントできるため、従来出力後に別工程で行っていた糊付け工程の削減が可能。また、同トナーのプリント位置を変えることで、接着箇所を自在に設定できるため、様々な用途への展開が可能です。具体的には、用紙の端部に同トナーをプリントし、複数の用紙を接着して冊子にすることや、糊しろをプリントして折りたためば封筒などを作成できる。

 同社は、同トナーの活用用途を既存の複合機やプリンターによる印刷市場にとどまらず検証していくことで、新規市場開拓に繋がる研究開発を加速していく方針。

 なお、同社は、1月29日から31日まで、東京ビッグサイトで開催されているコンバーティングテクノロジー総合展2020の「新機能性材料展」に参考出品(西ホール3 3W-C29)し、同トナーに関するユーザーの声を取り入れ、活用用途の拡大を目指していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP