キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphir...

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日ニュース

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェットプレス「UTECO Sapphire EVO Press」を名古屋市郊外にある大口工場に設置完了し、製造体制に入った。

大口工場で製造体制に入った「UTECO Sapphire EVO Press」

 この高生産デジタル・インクジェット印刷機により従来のフレキソグラフィックおよびデジタル印刷事業が拡張され、コスト効率化、柔軟性の高いデジタル・ソリューションを活用し、高速・高品質のアプリケーションに対応可能となる。

 ビジネス展開としては、様々な分野の顧客と提携し、金羊社グループがそれぞれの要望に呼応して行う意向で、印刷メディアは特定せずに多様な媒体への印刷に対応していく方針。なお、販売促進および顧客とのコラボ推進は子会社の(株)ディー・ピー・ツー インターナショナル(東京都渋谷区)が担当し、製造は金羊社が担当するという体制で推進する。

 ディー・ピー・ツー インターナショナルの代表は、「このSapphire EVO Pressと、顧客に対して新たなデジタル・コンセプトを推進する力を獲得したことで、新たなビジネス・チャンスの創造を期待している。包装パッケージ業界を揺るがす革新的技術を世界で初めて現場に導入できたことを非常にうれしく思う。フレキシブル基材や紙の上に、環境に優しい水性インクを使ってデジタル方式で印刷できるという柔軟性を手に入れたことで、当社グループは今後、顧客であるブランドオーナー各社に独創的なソリューションを新たに提供できるようになる」とコメントしている。

 コダックのStreamインクジェットテクノロジーと環境に優しい水性顔料インクを使用するSapphire EVO Pressは、さまざまな紙やプラスチック・フィルム素材(PP、BOPP、PE、PETなど)で優れたフルカラー印刷品質を再現する輪転印刷機。コダックのStreamインクジェットラインヘッドを備え、コダックの高速デジタルフロントエンドで駆動する。最大650ミリの基材幅と最大622ミリの印刷幅に対応し、1分間の生産スピードは150メートルを超え、フレキシブル基材に対応した印刷機の中では最速のデジタルソリューションとなる。さらに、新しく発売したパーソナルケア用顔料インクは、肌に触れても問題ないことが証明されており、EUや米国における間接的に食品に接触する物性に関する規制要件にも準拠している。

 イーストマン・コダックのデジタル印刷グループ部門担当社長であるRandy Vandagriff氏は、次のようにコメントしている。

 「金羊社でのSapphire EVO Pressの試運転が正常に完了したことで、コダックのStreamインクジェットテクノロジーが、印刷会社とブランドオーナー各社がフレキシブル基材に対応する高性能・高品質フルカラーデジタルソリューションに求めている要件を満たしていることが十分に証明された。また、印刷準備時間も非常に短く、無駄も最小限に抑えられる」

 また、UTECO Groupの社長兼CEOであるAldo Peretti氏は、次のように付け加える。

 「Sapphire EVOは、UTECOグループが印刷機の開発と製造で発揮する卓越した技術力と、コダックの革新的なインクジェットテクノロジーを併せ持ったもの。パッケージ・コンバーターは今、デジタルソリューションを自由に操れるようになったことで、まったく新しいアプリケーションを使ってポートフォリオを拡張すると同時に、従来の印刷プロセスの作業をデジタル化することで時間と資金を抑制できるようになった」

関連記事

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

dp_kyocera_task_tn.jpg

京セラドキュメントソリューションズ、商業用インクジェット事業に本格参入

2020年1月30日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は1月27日、京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)東京本社に設置されたショールーム「ナレッジプラス」...全文を読む

tct_japan2020_open_dp_tn.jpg

TCT Japan 2020、3Dプリンティング&AM技術の総合展が1月29日に開幕

2020年1月28日

 3Dプリンティング&AM技術の総合展「TCT Japan 2020」が1月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される。  同展は、JTBグループで様々なコミュニケーション...全文を読む

新着トピックス

dp_future_edge_tn.jpg

富士ゼロックス、顧客とともに変革に挑戦する「Future Edge」

2020年1月21日企業・経営

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)が2018年5月、神奈川県海老名市の同社・海老名事業所内に開設した「Future Edge(フューチャー・エッジ)」は、グラフィ...全文を読む

kd1_tn.jpg

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社...全文を読む

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

金羊社グループ、軟包装向け水性インクジェットプレス「Sapphire EVO」世界1号機が稼働開始

2020年1月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本のエンターテインメント印刷最大手および水性フレキソパッケージ印刷で知られる(株)金羊社(本社/東京都大田区)は、コダックとUTECO社との提携で開発した軟包装向け水性インクジェットプレス「UTECO Sapphire EVO Press」を名古屋市郊外にある大口工場に設置完了し、製造体制に入った。

大口工場で製造体制に入った「UTECO Sapphire EVO Press」

 この高生産デジタル・インクジェット印刷機により従来のフレキソグラフィックおよびデジタル印刷事業が拡張され、コスト効率化、柔軟性の高いデジタル・ソリューションを活用し、高速・高品質のアプリケーションに対応可能となる。

 ビジネス展開としては、様々な分野の顧客と提携し、金羊社グループがそれぞれの要望に呼応して行う意向で、印刷メディアは特定せずに多様な媒体への印刷に対応していく方針。なお、販売促進および顧客とのコラボ推進は子会社の(株)ディー・ピー・ツー インターナショナル(東京都渋谷区)が担当し、製造は金羊社が担当するという体制で推進する。

 ディー・ピー・ツー インターナショナルの代表は、「このSapphire EVO Pressと、顧客に対して新たなデジタル・コンセプトを推進する力を獲得したことで、新たなビジネス・チャンスの創造を期待している。包装パッケージ業界を揺るがす革新的技術を世界で初めて現場に導入できたことを非常にうれしく思う。フレキシブル基材や紙の上に、環境に優しい水性インクを使ってデジタル方式で印刷できるという柔軟性を手に入れたことで、当社グループは今後、顧客であるブランドオーナー各社に独創的なソリューションを新たに提供できるようになる」とコメントしている。

 コダックのStreamインクジェットテクノロジーと環境に優しい水性顔料インクを使用するSapphire EVO Pressは、さまざまな紙やプラスチック・フィルム素材(PP、BOPP、PE、PETなど)で優れたフルカラー印刷品質を再現する輪転印刷機。コダックのStreamインクジェットラインヘッドを備え、コダックの高速デジタルフロントエンドで駆動する。最大650ミリの基材幅と最大622ミリの印刷幅に対応し、1分間の生産スピードは150メートルを超え、フレキシブル基材に対応した印刷機の中では最速のデジタルソリューションとなる。さらに、新しく発売したパーソナルケア用顔料インクは、肌に触れても問題ないことが証明されており、EUや米国における間接的に食品に接触する物性に関する規制要件にも準拠している。

 イーストマン・コダックのデジタル印刷グループ部門担当社長であるRandy Vandagriff氏は、次のようにコメントしている。

 「金羊社でのSapphire EVO Pressの試運転が正常に完了したことで、コダックのStreamインクジェットテクノロジーが、印刷会社とブランドオーナー各社がフレキシブル基材に対応する高性能・高品質フルカラーデジタルソリューションに求めている要件を満たしていることが十分に証明された。また、印刷準備時間も非常に短く、無駄も最小限に抑えられる」

 また、UTECO Groupの社長兼CEOであるAldo Peretti氏は、次のように付け加える。

 「Sapphire EVOは、UTECOグループが印刷機の開発と製造で発揮する卓越した技術力と、コダックの革新的なインクジェットテクノロジーを併せ持ったもの。パッケージ・コンバーターは今、デジタルソリューションを自由に操れるようになったことで、まったく新しいアプリケーションを使ってポートフォリオを拡張すると同時に、従来の印刷プロセスの作業をデジタル化することで時間と資金を抑制できるようになった」

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP