キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • セイコーエプソン、第29回「地球環境大賞」で「経済産業大臣賞」受賞

セイコーエプソン、第29回「地球環境大賞」で「経済産業大臣賞」受賞

2020年3月2日ニュース

 セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市、碓井稔社長、以下、『エプソン』)は、「最小限の環境負荷を実現する『インクジェットイノベーション』を推進」する取り組みが評価され、第29回「地球環境大賞」(主催=フジサンケイグループ/後援=経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、一般社団法人日本経済団体連合会)において、「経済産業大臣賞」を受賞した。

 地球環境大賞は平成4年、「産業の発展と地球環境との共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として、公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパンの特別協力を得て創設されたもの。同制度は、地球温暖化防止や循環型社会の実現に寄与する新技術・新製品の開発、環境保全活動・事業の促進や、21世紀の社会システムの探求、地球環境に対する保全意識の一段の向上を目的としている。

 エプソンは、インクジェット方式の中でも、独自のマイクロピエゾ技術を確立し、熱を使わないインク吐出技術を家庭・オフィス向けをはじめ、エプソンのあらゆるインクジェットプリンターに共通の技術基盤とした。同技術を基盤に、最小限の環境負荷で社会に必要な機能を提供するインクジェットイノベーションを推進し、産業構造革新や循環型経済牽引により持続可能な社会の実現を目指している。2018年度には、インクジェットの基幹要素であるプリントチップの生産能力を3倍に高める新工場の稼働や、商業・産業印刷向けの低環境負荷製品の試作・量産工場と開発施設に着工し、多種多様な産業構造を革新する基盤を構築した。今回、これらの取り組みが評価され、受賞となった。

 なお、授賞式は2020年4月8日、東京・元赤坂の明治記念館において執り行われる。

関連記事

最新ニュース

goof_print4_dp_tn.jpg

グーフ、Print of Thingsサービス強化で印刷会社4社と資本業務提携

2020年9月10日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲CEO)は、錦明印刷(株)(塚田司郎社長)、(株)研文社(網野勝彦社長)、(株)小松総合印刷(小松肇彦社長)、西川コミュニケーションズ(株)...全文を読む

dp_pc_3_tn.jpg

富士ゼロックス、スマートファクトリー化を支援する「Production Cockpit 3.0 」発売

2020年9月9日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、印刷の全工程を一元的に管理する統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン「Production Cockpit 3.0 (...全文を読む

dp_pagewide_5000_tn.jpg

HP社、HP PageWide Web Pressシリーズによる印刷枚数が累計5,000億ページ達成

2020年9月4日

 HP社は、インクジェットプロダクションプリンティングソリューション「HP PageWide Web Press」シリーズによる印刷ページ数が世界市場で、累計で5,000億ページを達成...全文を読む

dp_seiko_dx_tn.jpg

日本HP、9月15日のオンラインセミナーは精工・つくば工場ショールームからライブ配信

2020年9月2日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、9月15日...全文を読む

SCREEN GA、drupa2021の出展中止を決定

2020年9月2日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)は9月1日、かねてより出展を予定していた「drupa2021」について、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、...全文を読む

新着トピックス

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

dp_c14000_demo_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、高次元の自動化を実現〜多彩な後加工もワンパス処理

2020年8月4日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、今年6月17日よりデジタル印刷システムのカラー最上位機種「AccurioPress(アキュリオ プレス)C14000...全文を読む

セイコーエプソン、第29回「地球環境大賞」で「経済産業大臣賞」受賞

2020年3月2日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
  • 「最小限の環境負荷を実現する『インクジェットイノベーション』を推進する取り組み」が評価「最小限の環境負荷を実現する『インクジェットイノベーション』を推進する取り組み」が評価

 セイコーエプソン(株)(本社/長野県諏訪市、碓井稔社長、以下、『エプソン』)は、「最小限の環境負荷を実現する『インクジェットイノベーション』を推進」する取り組みが評価され、第29回「地球環境大賞」(主催=フジサンケイグループ/後援=経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、一般社団法人日本経済団体連合会)において、「経済産業大臣賞」を受賞した。

 地球環境大賞は平成4年、「産業の発展と地球環境との共生」をめざし、産業界を対象とする顕彰制度として、公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパンの特別協力を得て創設されたもの。同制度は、地球温暖化防止や循環型社会の実現に寄与する新技術・新製品の開発、環境保全活動・事業の促進や、21世紀の社会システムの探求、地球環境に対する保全意識の一段の向上を目的としている。

 エプソンは、インクジェット方式の中でも、独自のマイクロピエゾ技術を確立し、熱を使わないインク吐出技術を家庭・オフィス向けをはじめ、エプソンのあらゆるインクジェットプリンターに共通の技術基盤とした。同技術を基盤に、最小限の環境負荷で社会に必要な機能を提供するインクジェットイノベーションを推進し、産業構造革新や循環型経済牽引により持続可能な社会の実現を目指している。2018年度には、インクジェットの基幹要素であるプリントチップの生産能力を3倍に高める新工場の稼働や、商業・産業印刷向けの低環境負荷製品の試作・量産工場と開発施設に着工し、多種多様な産業構造を革新する基盤を構築した。今回、これらの取り組みが評価され、受賞となった。

 なお、授賞式は2020年4月8日、東京・元赤坂の明治記念館において執り行われる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP