キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

最大高さ1,800mm、造形スピードは従来FFF方式の3倍

2020年4月1日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。

3DGD-1800

 「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化樹脂を線状に押出し、紫外線により瞬時に硬化させて積層する「Gel Dispensing Printing」技術を搭載。熱で樹脂を溶かす熱溶解積層法とは異なり、素早く造形物を作り上げることができ、1時間に350ミリの高さで積層が可能。1.8mのフィギュアなら7時間で完成する。

 また、造形中にサポート材を必要としないサポートレス造形を実現。造形物の内部が空洞になる中空構造のため、中に骨組みや補強材を入れられるため強度が向上し、立体看板や等身大キャラクターなどへの活用が期待できる。さらに、透過性のある材料を使用することで、内部にLEDモジュールなどの光源を入れた内照式サインへの活用も可能。造形物は白単色となる。

 製作した造形物には、同社インクジェットプリンタを組み合わせることでさらなる加飾表現が可能になり、よりインパクトのある立体看板製作に活用できる。

最新ニュース

mimaki_ts100-1600_dp_tn.jpg

ミマキ、テキスタイル用昇華転写IJプリンタのエントリーモデルに新機種

2021年1月21日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、テキスタイル・アパレル用途向け昇華転写用インクジェットプリンタ「TS100-1600」を発表し、2月から全世界で販売を開始する。  同...全文を読む

dp_lec2_tn.jpg

ローランドDG、UV-LEDプリンター「VersaUV LEC2シリーズ」の新製品を世界同時発表

2021年1月20日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、UV-LEDプリンター"VersaUV(バーサユーブイ)LEC2シリーズ"の新製品「LEC2-640」(最大用紙幅1,625mm対応)と「LEC2...全文を読む

iridesse_green_power_tn.jpg

富士ゼロックス、「グリーン電力証書」の活用で環境に配慮した印刷物の制作を支援

2021年1月20日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、ユーザーである印刷会社向けに同社が保有する「グリーン電力証書」を活用する取り組みを開始した。  「グリーン電力証書」とは、風...全文を読む

dp_screen_jast_tn.jpg

SCREEN GA、高速インクジェット印刷機を活用した自社カタログのジャスト・イン・タイム生産体制構築

2021年1月18日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、自社製品のカタログ生産をロール式高速フルカラーインクジェット印刷機「Truepress Jet520H...全文を読む

dp_yupo_ricoh_tn.jpg

リコージャパン、オンラインLIVEデモ「ユポ×RICOH Pro」1月22日開催

2021年1月13日

 リコージャパン(株)は1月22日、「印刷の非常識を打ち破る!『ユポ×RICOH Pro』デジタルプリンターの新たな可能性」と題したオンラインLIVEデモを開催する。  耐水性や耐久性...全文を読む

新着トピックス

dp_ricoh_komatsu_tn.jpg

リコージャパン、新たな価値提供へ〜「KICK START」を展開

2021年1月6日スペシャリスト

 「KICK START」は、リコージャパン(株)と印刷会社が共創することで新たな価値創造に取り組む活動だ。2019年より開始された、この取り組みは、「印刷会社×リコージャパン」、つま...全文を読む

dp_dis_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、情報発信コミュニケーションスペース「DIS」

2020年12月17日企業・経営

 先進の印刷ソリューションを体感でき、顧客と新たなビジネスモデルを、ともに創出することを目指して開設された「デジタルイメージングスクエア(Digital Imaging Square、...全文を読む

dp_uni_inagaki_tn.jpg

ユニプリント、総合印刷コンビナートでIridesse Production Pressが稼働開始

2020年12月16日ケーススタディ

 ユニプリント(株)(本社/長野県下伊那郡松川町、稲垣健治社長)は、富士ゼロックス製の1パス6色プリントエンジンを搭載したハイエンド向けプロダクションプリンター「Iridesse Pr...全文を読む

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

最大高さ1,800mm、造形スピードは従来FFF方式の3倍

2020年4月1日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。

3DGD-1800

 「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化樹脂を線状に押出し、紫外線により瞬時に硬化させて積層する「Gel Dispensing Printing」技術を搭載。熱で樹脂を溶かす熱溶解積層法とは異なり、素早く造形物を作り上げることができ、1時間に350ミリの高さで積層が可能。1.8mのフィギュアなら7時間で完成する。

 また、造形中にサポート材を必要としないサポートレス造形を実現。造形物の内部が空洞になる中空構造のため、中に骨組みや補強材を入れられるため強度が向上し、立体看板や等身大キャラクターなどへの活用が期待できる。さらに、透過性のある材料を使用することで、内部にLEDモジュールなどの光源を入れた内照式サインへの活用も可能。造形物は白単色となる。

 製作した造形物には、同社インクジェットプリンタを組み合わせることでさらなる加飾表現が可能になり、よりインパクトのある立体看板製作に活用できる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP